アムステルダム銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アムステルダム銀行(アムステルダムぎんこう)はオランダに設立された北ヨーロッパ初の公立銀行。世界初の為替取引銀行として知られているヴェネツィアリアルト銀行を模倣して設立されたとされている。

歴史[編集]

多種多様な鋳貨が流通し、市場混乱が日常的に発生していた状況を打破する事を目的として1609年に設立され、あらゆる種類の貨幣を預金として受け入れ、預金者への払出しを法定換金率で換算した銀行通貨グルテンで行い、オランダの通貨を安定させる役を担っていた。 しかし、1732年ごろから東インド会社への貸付額の累積赤字など、次第に経営状況は悪化し、1795年フランスがオランダを占領した事をきっかけに預金者が逃げ出し始め、1819年倒産した。

関連項目[編集]