デルフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルフト
Gemeente Delft
Delft-IMG 8610.JPG
デルフトの市旗 デルフトの市章
位置
の位置図
座標 : 北緯52度00分37秒 東経4度21分20秒 / 北緯52.010342度 東経4.355655度 / 52.010342; 4.355655
行政
オランダの旗 オランダ
 州 (Provincie) 南ホラント州の旗 南ホラント州
デルフト
地理
面積  
  域 24.08 km2
    陸上   23.21 km2
    水面   0.87 km2
人口
人口 (2008年現在)
  域 95,975人
    人口密度   4,135人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 2611–2629
市外局番 015
公式ウェブサイト : http://www.gemeentedelft.info/


デルフトオランダ語: Delft)はオランダ南ホラント州にある基礎自治体ヘメーンテ)。デン・ハーグ市街地の南に隣接して、一体となって広域市街を形成している。オランダの古都であり著明な観光地であるが、デルフト工科大学を擁しているため、学生街という一面もある。

歴史[編集]

この町の歴史は12世紀まで遡れる。1572年には、八十年戦争の主導者であったオラニエ公ウィレム1世がデルフトに居を構えた。デルフト旧市街のマルクト広場にある新教会には、ウィレム1世の子孫である現オランダ王室の代々のメンバーも眠っている。1654年10月12日には、弾薬庫の40トン以上の火薬が爆発しデルフト市街の4分の1が破壊され、死者100人以上、数千人が負傷する大惨事が起こった。


文化[編集]

16世紀はじめにイタリアから陶器であるマヨリカの製法が伝わり、陶器の製造が行われていたが、17世紀、そこにオランダ東インド会社を通じて中国から磁器が伝わったことがきっかけとなり、当時日本から輸入されていた伊万里焼の影響をも受けつつ、独特の陶器が発展、生産が行われた。青を用いて彩色され、デルフトブルーと呼ばれている。生産規模自体は縮小したものの今日でもデルフト焼として知られる。

また、画家のヨハネス・フェルメールはデルフト生まれであり、「デルフト眺望」という風景画も描いている。彼の墓は市内の旧教会 (Oudekerk) にある。他にもピーテル・デ・ホーホカレル・ファブリティウスニコラース・マースなどもデルフトに住んだり、デルフトで創作活動をした。

地区[編集]

デルフト基礎自治体内には次の地区がある。

  • Delft(デルフト市街地)
  • Abtswoude
  • Klein-Delfgauw

交通[編集]

出身人物[編集]

ミハエラ・クライチェク

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度00分37秒 東経4度21分20秒 / 北緯52.010342度 東経4.355655度 / 52.010342; 4.355655