ウィレム・ファン・アールスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィレム・ファン・アールスト
Willem van Aelst
アールスト画『花』(1665)
トマ=アンリ美術館
生誕 1627年
デルフト
死没 1683年
アムステルダム

ウィレム・ファン・アールスト(Willem van Aelst, 1627年 - 1683年頃) は、オランダ画家静物画で知られている。

生涯[編集]

ウィレム・ファン・アールストはデルフトで生まれた。叔父のw:Evert van Aelstの下で画家として修業する。1643年11月9日、デルフトの聖ルカ組合に親方として登録した。

1645年から1649年の間、 ファン・アールストはフランスに住んでいた。1949年にはフィレンツェに赴き、フェルディナンド2世・デ・メディチの元で宮廷画家となる。同時期に同じくオランダ人画家のマティアス・ウィトゥースオットー・マルセウス・ファン・スリークも宮廷画家として仕えており、ファン・アールストは彼らに影響を与えたと考えられる。

1656年にオランダに戻り、アムステルダムに居を構えた。ファン・アールストは当時最も優れた静物画家として有名であった。ファン・アールストの最後の作品は1683年に描かれたものなので、1683年かその少し後に亡くなったと考えられている。ファン・アールストはラッヘル・ライス等を教えた。

外部リンク[編集]