オットー・マルセウス・ファン・スリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー・マルセウス・ファン・スリーク
『花』(1650-1678年頃)フィッツウィリアム美術館
生誕 1619年頃
ナイメーヘン
死去 1678年6月
テンプレートを表示

オットー・マルセウス・ファン・スリーク (Otto Marseus van Schrieck, 1619年頃? – 1678年6月22日に埋葬)は、オランダ画家。ファン・スリークの作品の多くはに自生している植物を描いたもので、たいてい地面の部分にトカゲ等の爬虫類が、葉や枝には昆虫が描かれている。

生涯[編集]

ナイメーヘン出身。1648年から1657年の間をマティアス・ウィトゥースウィレム・ファン・アールストと共にローマフィレンツェで過ごし、その後アムステルダムに落ち着いた。ファン・スリークは特に森に生えている植物と動物を描いた作品で知られている。アルノルト・ホウブラーケンによると、彼はローマ滞在時にはsnuffelaerもしくは"sniffer"というあだ名を持っていたが、それは彼がいつも変った爬虫類や植物を探しまわって(sniffing)いたからだという。また、ファン・スリークの妻は、彼がヘビやトカゲを家の裏の納屋で飼っていて、また郊外にもそのための土地を持っていたと語っている。[1]

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ Otto Marcelis biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by Arnold Houbraken, courtesy of the w:Digital library for Dutch literature