宮廷画家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラス・メニーナス
スペイン王フェリペ4世の宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが1656年に描いた絵画。スペイン王女マルガリータと、背後の鏡に映るフェリペ4世、王妃マリアの、国王一家が描かれている

宮廷画家(きゅうていがか)は、王侯貴族の依頼に応じて作品を制作する芸術家。雇い主たる王侯貴族から固定給を受けていることが多く、雇い主以外からの美術品制作依頼を受けることが制限されている場合もあった。また、とくに中世後期においては近侍 (en:valet de chambre) の地位が伴うことがあった。

一般的に、宮廷画家は固定給と宮廷内における正式な地位、さらには邸宅も与えられることもあったが、それぞれの宮廷画家が与えられた待遇にはさまざまな差異が見られる。宮廷に雇われた芸術家は、そのメンバーに様々な制約を課していたギルドからの束縛を受けることなく、宮廷からの依頼による美術作品を制作することができた。また、ヤン・ファン・エイクディエゴ・ベラスケスのように、外交官や行政官としての役割を兼務していた宮廷画家もいる。

イスラム文化圏、とくに14世紀から17世紀では、装飾写本の挿絵(ミニアチュール)作家が、キリスト教文化圏での宮廷画家と同じような位置づけだった。シャーを初めとする支配者階級の多くが宮廷内に工房アトリエを設置し、カリグラフィー、ミニアチュール、製本などの工芸品制作にあたらせた。キリスト教圏以上に宮廷からの後援が大規模な芸術活動に不可欠で、政権交代や君主の嗜好の変化が、芸術の発展に多大な影響を与えることもあった。リザ・アッバースィー (en:Riza Abbasi) や、アブド・アル=サマド (en:Abd al-Samad) といったペルシアのミニアチュール作家 (en:Persian miniature) は、宮廷からの依頼で多くの美術品を制作している。

あらゆる時代の君主は、自身の、あるいは自身が統制できる工房を所有していることが多く、高品質のタペストリ磁器陶器、絹織物などの工芸品を制作させていた。とくに中国とビザンツ帝国でこの傾向が強い。宮廷画家がこれらの工芸品のデザインに関係することもあり、たとえばペルシア帝国オスマン帝国ムガル帝国で制作された絨毯 (en:Oriental rug) には、装飾写本のミニアチュールと酷似したものがある。このことから、ミニアチュールのデザインが、宮廷から絨毯職人へと送られていたのではないかと考えられている。17世紀のフランスでも、ルイ14世の宮廷画家だったシャルル・ル・ブランは国立ゴブラン織工房 (en:Gobelins Manufactory) の責任者も兼任しており、王族の依頼に応じてタペストリのデザインに携わっていたという記録が残っている。ル・ブランはルイ14世の宮廷で重要な地位を占め、その作風はフランスのみならず、ヨーロッパ諸国の芸術に大きな影響を与えた。

著名な宮廷画家[編集]

画家 生年 国籍 宮廷主催者
ヤン・ファン・エイク 1395年頃 フランドル ブルゴーニュ公フィリップ3世
ジャン・フーケ 1420年頃 フランス フランス王ルイ11世
アンドレア・マンテーニャ 1431年 イタリア マントヴァ公家
フランチェスコ・フランチャ 1450年頃 イタリア マントヴァ公家
ヌーノ・ゴンサルヴェス 1400年代半ば ポルトガル ポルトガル王アフォンソ5世
ポルトガル王女ジョアナ
ハンス・デューラー
(en:Hans Dürer)
1490年 ドイツ ポーランド王ジグムント1世
ティツィアーノ 1490年頃 イタリア 神聖ローマ皇帝カール5世
スペイン王フェリペ2世
ベルナール・ファン・オルレイ 1490年頃 フランドル ネーデルラント総督マルグリット・ドートリッシュ
ネーデルラント総督マリア・フォン・エスターライヒ
ドッソ・ドッシ 1490年頃 イタリア フェラーラアルフォンソ1世
フェラーラ公エルコレ2世
ハンス・ホルバイン 1497年頃 ドイツ イングランド王ヘンリー8世
ブロンズィーノ 1503年 イタリア メディチ家
ソフォニスバ・アングイッソラ 1532年 イタリア スペイン王フェリペ2世
呉彬
(en:Wu Bin (painter))
1573年 中国 神宗
ピーテル・パウル・ルーベンス 1577年 フランドル マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世
スペイン王フェリペ4世
クロード・ドゥルエ
(en:Claude Deruet)
1588年 フランス ロレーヌ公シャルル5世
ドメニコ・フェティ
(en:Domenico Fetti)
1589年頃 イタリア ゴンザーガ家
ピーテル・スネイエルス 1592年 フランドル スペイン領ネーデルラント総督フェルナンド
スペイン領ネーデルラント総督レオポルト・ヴィルヘルム
アンソニー・ヴァン・ダイク 1599年 フランドル イングランド王チャールズ1世
ディエゴ・ベラスケス 1599年 スペイン スペイン王フェリペ4世
アブドゥルセリ・レヴニ
(en:Abdulcelil Levni)
1600年代 トルコ オスマン帝国皇帝ムスタファ2世
オスマン帝国皇帝アフメト3世
ディルク・ストープ
(en:Dirk Stoop)
1610年頃 オランダ ポルトガル王ジョアン4世
ポルトガル王女カタリナ
イングランド王チャールズ2世
ダーフィト・クレッカー・エーレンストラール
(en:David Klöcker Ehrenstrahl)
1628年 スウェーデン スウェーデン王カール11世
ジャック・ダガー
(en:Jacques d'Agar)
1640年 デンマーク デンマーク王クリスチャン5世
ジヴァンニ・マリア・デッレ・ピアーネ
(en:Giovanni Maria delle Piane)
1660年 イタリア スペイン王妃エリザベッタ・ファルネーゼ
ラッヘル・ライス 1664年 オランダ プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルム
ルイ・ド・シルヴェストル
(en:Louis de Silvestre)
1675年 フランス ポーランド王アウグスト2世
ポーランド王アウグスト3世
ヤコポ・アミゴーニ
(en:Jacopo Amigoni)
1682年 イタリア スペイン王フェルナンド6世
ジュゼッペ・カスティリオーネ
(郎世寧)
1688年 中国 聖祖世宗高宗
ルイ=ミシェル・ヴァン・ロー
(en:Louis-Michel van Loo)
1707年 フランス スペイン王フェリペ5世
ミゲル・アントニオ・ド・アマラル
(en:Miguel António do Amaral)
1710年 ポルトガル ポルトガル王ジョゼ1世
ポルトガル女王マリア1世
ポルトガル王太子ジョゼ
イェンス・ユエル
(en:Jens Juel (painter))
1745年 デンマーク デンマーク王クリスチャン7世
フランシスコ・デ・ゴヤ 1746年 スペイン スペイン王カルロス3世
スペイン王カルロス4世
スペイン王フェルナンド7世
フランシス・ブルジョワ
(en:Francis Bourgeois)
1753年 イングランド イングランド王ジョージ3世
ジャン=バティスト・デブレ
(en:Jean-Baptiste Debret)
1768年 フランス ポルトガル王ジョアン6世
ブラジル皇帝ペドロ1世
ドミンゴス・セケイラ
(en:Domingos Sequeira)
1768年 ポルトガル ポルトガル王ジョアン6世
ジョージ・ヘイター
(en:George Hayter)
1792年 イングランド イギリス女王ヴィクトリア
フリードリヒ・フォン・アメリング
(en:Friedrich von Amerling)
1803年 オーストリア オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世
カール・ハーグ
(en:Carl Haag)
1820年 ドイツ イギリス女王ヴィクトリア

出典[編集]