カレル・ファブリティウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレル・ファブリティウス
『自画像』1650年
生誕 1622年2月27日
ミデンベームステル
死去 1654年10月12日(32歳)
デルフト
テンプレートを表示

カレル・ファブリティウス(Carel Fabritius、ミデンベームステルで1622年2月27日に洗礼、1654年10月12日デルフトで没)は17世紀前半のオランダ画家で、レンブラント・ファン・レインのもっとも才能ある弟子のひとり。

『ゴシキヒワ』(The Goldfinch, 1654年)。冷たい色の調和と、控え目な光の効果、明るい背景といったファブリティウスの特徴がよく表れている
『歩哨』(The Sentry, 1654年)
『毛皮の帽子と胴よろいの若者(自画像?)』1654年

生涯[編集]

ファブリティウスは開発されて間もないベームスター干拓地の町ミデンベームステル(Middenbeemster)で学校教師の息子として生まれた。彼は最初は大工(ラテン語のファーベルからファブリティウスの姓を用いた)として働いたが、1640年代前半に兄のバーレント・ファブリティウス(Barent Fabritius)とともにアムステルダムのレンブラントの工房で絵を学んだ。1650年代初頭にデルフトへ移り、1652年にデルフトの画家ギルドに加入した。

その2年後の1654年10月12日、弾薬庫の40トン以上の火薬が爆発しデルフト市街の4分の1が破壊され、数千人が負傷し死者100人以上が出る大惨事が起こった。ファブリティウスの工房も爆発に巻き込まれた。ファブリティウスはがれきの下から助けられたが搬送先の病院で息を引き取り、若くして不慮の死を遂げた。この爆発で作品の大半も失われ、今日に残る彼の作品は10点余りにすぎない。

レンブラントの弟子たちの中で、レンブラントから離れた独自の様式を築くことができたのはファブリティウスだけであった。レンブラントの典型的な肖像画は一様に黒い背景の中に光のあたった対象が浮かび上がっている。これに対し、ファブリティウスの肖像画は、明るい色で目の粗い背景に、控え目に光のあたった対象が浮かび上がっている。またファブリティウスはルネサンス以来の図像学への集中から離れ、絵画の技術的側面に興味を持つようになった。彼は冷たい色による調和を、光のあふれる画面の中に鋭さを創り出すために使っている。

ファブリティウスは複雑な空間が作る効果にも関心を持った。『楽器商のいるデルフトの眺望』(A View in Delft, with a Musical Instrument Seller's Stall, 1652年)の誇張された遠近法にこれを見ることができる。彼は遠近法を巧みに用いただまし絵風の壁画を描いたともされるが知られている作品はない。また『ゴシキヒワ』(The Goldfinch, 1654年)に見るように絵具を多く載せた筆遣いの巧みさにも秀でていた。

これらの特質はファブリティウスより若いデルフトの偉大な画家たち、ピーテル・デ・ホーホヨハネス・フェルメールらの作品にも見られ、ファブリティウスが強い影響を彼らに与えたとも考えられる。

主な作品[編集]

錯視遠近法を駆使した『楽器商のいるデルフトの眺望』(1652年)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『改定新版 ナショナル・ギャラリー・ガイド』エリカ・ラングミュア、ナショナル・ギャラリー・ロンドン、同朋舎出版
  •  Carel Fabritius 1622 - 1654. Het complete oeuvre Frederik J. Duparc, Ariane van Suchtelen, Gero Seelig. ISBN 978 90 400 8987 9
  • The Oxford Dictionary of Art ISBN 0-19-280022-1