陶磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野々村仁清『色絵藤花茶壺』(国宝

陶磁器(とうじき、英語: pottery and porcelain)は、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。セラミックの一種で、畿内より東では瀬戸物(せともの)と呼ばれ、中国四国以西では唐津物(からつもの)とも呼ばれる。焼き方や用途や生産地などから数多く分類される。

岐阜県土岐市が生産量日本一である。

分類[編集]

陶磁器は釉薬の有無および焼成温度で以下のように大別される。

土器[編集]

素焼きのやきもの。を使わず、粘土野焼きの状態で700~900の温度で焼いたもの。釉薬うわぐすり、またはゆうやく)はかけないが、彩色されているものを「土器」と呼ぶことがあり、その場合は、その彩色具を釉薬としないことを前提としている。歴史的には陶磁器の前身にあたる。

炻器[編集]

信楽焼

せっきと読む。「炻」は国字(日本で考案された漢字)。英語の"Stoneware"の訳語である。を使い、焼成温度は1200~1300℃。土器と陶器の中間的性質を示すもので、釉薬の有無にかかわらず、透光性・吸水性ともにないものを指す。ウェッジウッドの「ジャスパーウェア」、ブラックバサルト、ロッソアンティコなどの「ストーンウェア」も炻器である。

炻器の原語である"Stoneware"は西洋陶磁の用語であり、中国、日本などの東洋陶磁の分類概念とは必ずしも一致しない。たとえば、"Celadon"と呼ばれる青色の焼き物は、日本・中国では青磁(青瓷)と言い、磁器に分類されるが、欧米では"Stoneware"の一種とみなされる。日本の陶磁研究者や陶芸作家には「炻器」という概念を立てる者と立てない者がいる。[1]

日本では、備前焼常滑焼などが炻器に分類される場合がある。これらの焼き物は「焼き締め」ともいい、釉薬はかけないが焼成において自然釉がかかるものがある。また焼成において火襷(ひだすき)、牡丹餅などの模様が偶然(ときとして作為的)に現れることがある。原料に珪酸を多く含んでいるため、赤褐色か黒褐色をしている。軽く打つと澄んだ音がする。吸水性はほとんどない。古墳時代に朝鮮半島からもたらされた窖窯(あながま)を用いて焼成する須恵器が起源。ただし常滑、萬古焼の朱泥、紫泥は別系統で中国の宜興窯の紫砂陶器が元である。

陶器[編集]

乾山の茶碗

カオリナイト(カオリン)やモンモリロナイトを多く含んだ粘土を原料とし、窯で1100~1300℃の温度で焼いたもの。釉薬を用いる。透光性はないが、吸水性がある。厚手で重く、叩いたときの音も鈍い。粗陶器精陶器に分けられる。瀬戸焼伊賀焼大谷焼、ヨーロッパではマヨリカとそれから発展したファイアンス陶器、ウェッジウッドのクリームウェア、クイーンズウェア等硬質陶器、ハフナー陶器などで知られている。

磁器[編集]

(磁器)写真は、1873年の万博に、出品されたもの
瀬戸物57万枚を使用した天水皿(愛知万博瀬戸会場で展示)

磁器は半透光性で、吸水性が殆どない。また、陶磁器の中では最も硬く、軽く弾くと金属音がする。粘土質物や石英長石→陶土を原料として1300℃程度で焼成するが、焼成温度や原料によって軟質磁器硬質磁器に分けられる。また、石英の一部を酸化アルミニウムに置換し、強度を高めた磁器も開発されているが、こちらには透光性が殆どない。日本の主な磁器として肥前磁器(伊万里焼)や九谷焼などがある。英語では、産地名をつけた場合は、陶磁器共通に (産地名)+ware と言うが、磁器自体を指す場合は、 porcelain という。単に china ということもある。

日本の陶磁器生産[編集]

日本の主な陶磁器産地[編集]

日本の主な陶磁器企業若しくはブランド[編集]

アジア、ヨーロッパ、アメリカの主な陶磁器産地とブランド[編集]

陶磁器の公募展[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢部良明編『角川日本陶磁大辞典』(角川書店、2002)の「炻器」の項による。
  2. ^ 陶磁ネットワーク発足 全国の6館連携-佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun 佐賀のニュース

外部リンク[編集]