カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリウム カルシウム スカンジウム
Mg

Ca

Sr
Element 1: 水素 (H), 非金属
Element 2: ヘリウム (He), 希ガス
Element 3: リチウム (Li), アルカリ金属
Element 4: ベリリウム (Be), 卑金属
Element 5: ホウ素 (B), 金属
Element 6: 炭素 (C), 非金属
Element 7: 窒素 (N), 非金属
Element 8: 酸素 (O), 非金属
Element 9: フッ素 (F), ハロゲン
Element 10: ネオン (Ne), 希ガス
Element 11: ナトリウム (Na), アルカリ金属
Element 12: マグネシウム (Mg), 卑金属
Element 13: アルミニウム (Al), 卑金属
Element 14: ケイ素 (Si), 金属
Element 15: リン (P), 非金属
Element 16: 硫黄 (S), 非金属
Element 17: 塩素 (Cl), ハロゲン
Element 18: アルゴン (Ar), 希ガス
Element 19: カリウム (K), アルカリ金属
Element 20: カルシウム (Ca), アルカリ土類金属
Element 21: スカンジウム (Sc), 遷移金属
Element 22: チタン (Ti), 遷移金属
Element 23: バナジウム (V), 遷移金属
Element 24: クロム (Cr), 遷移金属
Element 25: マンガン (Mn), 遷移金属
Element 26: 鉄 (Fe), 遷移金属
Element 27: コバルト (Co), 遷移金属
Element 28: ニッケル (Ni), 遷移金属
Element 29: 銅 (Cu), 遷移金属
Element 30: 亜鉛 (Zn), 卑金属
Element 31: ガリウム (Ga), 卑金属
Element 32: ゲルマニウム (Ge), 金属
Element 33: ヒ素 (As), 金属
Element 34: セレン (Se), 非金属
Element 35: 臭素 (Br), ハロゲン
Element 36: クリプトン (Kr), 希ガス
Element 37: ルビジウム (Rb), アルカリ金属
Element 38: ストロンチウム (Sr), アルカリ土類金属
Element 39: イットリウム (Y), 遷移金属
Element 40: ジルコニウム (Zr), 遷移金属
Element 41: ニオブ (Nb), 遷移金属
Element 42: モリブデン (Mo), 遷移金属
Element 43: テクネチウム (Tc), 遷移金属
Element 44: ルテニウム (Ru), 遷移金属
Element 45: ロジウム (Rh), 遷移金属
Element 46: パラジウム (Pd), 遷移金属
Element 47: 銀 (Ag), 遷移金属
Element 48: カドミウム (Cd), 卑金属
Element 49: インジウム (In), 卑金属
Element 50: スズ (Sn), 卑金属
Element 51: アンチモン (Sb), 金属
Element 52: テルル (Te), 金属
Element 53: ヨウ素 (I), ハロゲン
Element 54: キセノン (Xe), 希ガス
Element 55: セシウム (Cs), アルカリ金属
Element 56: バリウム (Ba), アルカリ土類金属
Element 57: ランタン (La), ランタノイド
Element 58: セリウム (Ce), ランタノイド
Element 59: プラセオジム (Pr), ランタノイド
Element 60: ネオジム (Nd), ランタノイド
Element 61: プロメチウム (Pm), ランタノイド
Element 62: サマリウム (Sm), ランタノイド
Element 63: ユウロピウム (Eu), ランタノイド
Element 64: ガドリニウム (Gd), ランタノイド
Element 65: テルビウム (Tb), ランタノイド
Element 66: ジスプロシウム (Dy), ランタノイド
Element 67: ホルミウム (Ho), ランタノイド
Element 68: エルビウム (Er), ランタノイド
Element 69: ツリウム (Tm), ランタノイド
Element 70: イッテルビウム (Yb), ランタノイド
Element 71: ルテチウム (Lu), ランタノイド
Element 72: ハフニウム (Hf), 遷移金属
Element 73: タンタル (Ta), 遷移金属
Element 74: タングステン (W), 遷移金属
Element 75: レニウム (Re), 遷移金属
Element 76: オスミウム (Os), 遷移金属
Element 77: イリジウム (Ir), 遷移金属
Element 78: 白金 (Pt), 遷移金属
Element 79: 金 (Au), 遷移金属
Element 80: 水銀 (Hg), 卑金属
Element 81: タリウム (Tl), 卑金属
Element 82: 鉛 (Pb), 卑金属
Element 83: ビスマス (Bi), 卑金属
Element 84: ポロニウム (Po), 金属
Element 85: アスタチン (At), ハロゲン
Element 86: ラドン (Rn), 希ガス
Element 87: フランシウム (Fr), アルカリ金属
Element 88: ラジウム (Ra), アルカリ土類金属
Element 89: アクチニウム (Ac), アクチノイド
Element 90: トリウム (Th), アクチノイド
Element 91: プロトアクチニウム (Pa), アクチノイド
Element 92: ウラン (U), アクチノイド
Element 93: ネプツニウム (Np), アクチノイド
Element 94: プルトニウム (Pu), アクチノイド
Element 95: アメリシウム (Am), アクチノイド
Element 96: キュリウム (Cm), アクチノイド
Element 97: バークリウム (Bk), アクチノイド
Element 98: カリホルニウム (Cf), アクチノイド
Element 99: アインスタイニウム (Es), アクチノイド
Element 100: フェルミウム (Fm), アクチノイド
Element 101: メンデレビウム (Md), アクチノイド
Element 102: ノーベリウム (No), アクチノイド
Element 103: ローレンシウム (Lr), アクチノイド
Element 104: ラザホージウム (Rf), 遷移金属
Element 105: ドブニウム (Db), 遷移金属
Element 106: シーボーギウム (Sg), 遷移金属
Element 107: ボーリウム (Bh), 遷移金属
Element 108: ハッシウム (Hs), 遷移金属
Element 109: マイトネリウム (Mt), 遷移金属
Element 110: ダームスタチウム (Ds), 遷移金属
Element 111: レントゲニウム (Rg), 遷移金属
Element 112: コペルニシウム (Cn), 卑金属
Element 113: ウンウントリウム (Uut), 卑金属
Element 114: フレロビウム (Fl), 卑金属
Element 115: ウンウンペンチウム (Uup), 卑金属
Element 116: リバモリウム (Lv), 卑金属
Element 117: ウンウンセプチウム (Uus), ハロゲン
Element 118: ウンウンオクチウム (Uuo), 希ガス
Calcium has a face-centered cubic crystal structure
20Ca
外見
銀白色、金属光沢の固体
Calcium unter Argon Schutzgasatmosphäre.jpg
Calcium Spectrum.png
カルシウムのスペクトル線
一般特性
名称, 記号, 番号 カルシウム, Ca, 20
分類 アルカリ土類金属
, 周期, ブロック 2, 4, s
原子量 40.078
電子配置 [Ar] 4s2
電子殻 2, 8, 8, 2(画像
物理特性
固体
密度室温付近) 1.550 g·cm-3
融点での液体密度 1.378 g·cm-3
融点 1115 K, 842 °C, 1548 °F
沸点 1757 K, 1484 °C, 2703 °F
融解熱 8.54 kJ·mol-1
蒸発熱 154.7 kJ·mol-1
熱容量 (25 °C) 25.929 J·mol-1·K-1
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 864 956 1071 1227 1443 1755
原子特性
酸化数 2, 1
(強塩基性酸化物)
電気陰性度 1.00(ポーリングの値)
イオン化エネルギー
詳細
第1: 589.8 kJ·mol-1
第2: 1145.4 kJ·mol-1
第3: 4912.4 kJ·mol-1
原子半径 197 pm
共有結合半径 176±10 pm
ファンデルワールス半径 231 pm
その他
結晶構造 面心立方格子構造
磁性 反磁性
電気抵抗率 (20 °C) 33.6 nΩ·m
熱伝導率 (300 K) 201 W·m-1·K-1
熱膨張率 (25 °C) 22.3 µm·m-1·K-1
音の伝わる速さ
(微細ロッド)
(r.t.) 3810 m·s-1
ヤング率 20 GPa
剛性率 7.4 GPa
体積弾性率 17 GPa
ポアソン比 0.31
モース硬度 1.75
ブリネル硬度 167 MPa
CAS登録番号 7440-70-2
最安定同位体
詳細はカルシウムの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
40Ca 96.941 % 中性子20個で安定
42Ca 0.647 % 中性子22個で安定
43Ca 0.135 % 中性子23個で安定
44Ca 2.086 % 中性子24個で安定

カルシウム新ラテン語: calcium[1]: calcium)は原子番号 20 の金属元素元素記号Ca第2族元素に属し、アルカリ土類金属の一種で、ヒトを含む動物植物の代表的なミネラル必須元素)である。日本(主に保健分野)では、特定の商標にちなんで「カルシューム」と転訛することがある。

性質[編集]

酸化数は僅かな例外を除き、常に+IIとなる。比重1.55の非常に柔らかい金属で、融点は840-850 °C沸点は1480-1490 °C(異なる実験値あり)。標準状態での結晶構造面心立方格子構造

単体空気中で放置すると酸素二酸化炭素と反応して腐食するため、鉱油中で保存する必要がある。

空気中で加熱するとをあげて燃焼する。

2Ca + O2 → 2CaO

水に溶かすと反応して水素を発生する。生成した水酸化カルシウム溶液は石灰水と呼ぶ。

Ca + 2H2O → Ca(OH)2 + H2

石灰水に二酸化炭素を通すと炭酸カルシウムが沈殿するが、加熱すると元に戻る。

Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O

ハロゲンとは気相中で直接反応し、ハロゲン化物を生成する。

アルコールに溶解してカルシウムアルコキシド (C2H5OCa)、液体アンモニアに溶解してヘキサアンミンカルシウム ([Ca(NH3)6]2+) となる。

と激しく反応して水素を発生するため、危険物(禁水性物質)に指定されている。

歴史[編集]

カルシウムは古代ローマ時代からカルックス (calx) という名前で知られ、化学的な性質を化合物の形で利用されていた[2]ラボアジエの33元素にもライム(酸化カルシウム)が含まれている。

石灰炭酸カルシウム)を主成分とする石灰岩大理石は耐久性と加工性のバランスがよく、ピラミッドパルテノン神殿などで石材として利用されている。しかし、カルシウムの化学的性質を活用した最初の例としてはセメントの発明をあげるべきだろう。

人類最初のセメントとして9000年前のイスラエルで使われていた「気硬性セメント」が知られている[3]。これは、砕いた石灰岩を熱して酸化カルシウムを生成させ、施工後にこれが空気中の水分や炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムとなる事を利用して硬化させる。

現在に近い水を加え水酸化カルシウムを生成させる「水硬性セメント」は、5000年前の中国や4000年前の古代ローマで利用され、同じ頃にピラミッド建設には焼石膏硫酸カルシウム)の水和反応を利用する漆喰(註:日本の漆喰とは異なる)が用いられた。

この様にカルシウムは広く利用され身近な物質だったが、金属として単離するには電気分解の登場を待つ必要があった。 1808年ハンフリー・デービー生石灰酸化水銀とともに溶融電解し、金属カルシウムを得ることに成功した。calcium の名は、石を意味するラテン語の calx から転じ石灰を意味した calcsis に由来する[4]

ちなみに、優れた実験化学者でもあったラボアジエが著作『化学原論』で近代元素観を確立したのは1789年で、11年後に電気分解が発明された時にはフランス革命により処刑された後だった。

用途[編集]

セメント・モルタルなど、建設建築用資材として多用され、現在でも使用量の大部分をコンクリート製品が占める。日本の生コン生産量は、ピーク時(1990年)には約2億立方メートルに達している。 多くの用途があるが、金属元素としての需要はマグネシウムに劣る。

建設・建築[編集]

セメント
日本は石灰岩資源が豊かで、自給自足し輸出もしてきたが、近年は減少傾向で2009年度生産量は5千8百万トンと、ピーク時の半分程度となっている。生産量の4分の3をポルトランドセメントが占め、残りの大部分は高炉セメントである。
石材、窓材、彫刻
白い大理石や、透明度の高い石膏が好んで利用される。
漆喰
消石灰や苦灰石を固化剤とする。
モルタル
主に細骨材セメントが用いられる。
断熱材、保温材
ケイ酸カルシウムを発泡させたもので耐火性を持ち、アスベスト代替品として用いられる。

工業[編集]

精錬
酸素と結びつきやすい性質から、古来より蛍石フッ化カルシウム)が融剤としての精錬に用いられた。
製鉄製鋼
日本の生石灰生産量の半分を消費する。高炉の不純物除去剤として、鉄鉱石やコークスとともに投入され、シリカアルミナスラグ(ケイ酸カルシウムアルミニウム)をつくり銑鉄から分離する。また、造粒強化、熱効率改善、窒素酸化物削減効果を持つ。転炉では主にリン、硫黄の除去と温度調整効果をもつほか、高級鋼の炉外精錬に用いる[5]
非鉄金属鉱業
還元剤としてチタン[6]希土類(還元拡散法)[7]ウランプルトニウム[8]セシウムの精錬に用いられる。
酸化物陰極
仕事関数が小さい熱陰極(真空管ブラウン管蛍光ランプなど)材料として、バリウムストロンチウムとともに三元酸化物として1950年頃に用いられた[9]
合金添加剤
マグネシウム合金に0.25 %添加すると、耐熱性が200-300 °C高い難燃性合金となる。
るつぼ、耐火材
多孔質のカルシア(酸化カルシウム)は2000 °Cまで使用でき、触媒作用・吸収・汚染が少ない。
化学工業
安価で安全なアルカリ剤として欠かせない。主に消石灰(水酸化カルシウム)の石灰乳(水でスラリー状にしたもの)が用いられる。
マグネシア(酸化マグネシウム)製造
消石灰により海水中の塩化マグネシウム複分解回収する(主に日本)。
ソーダ灰(炭酸ナトリウム)製造
循環アンモニアの回収剤および塩化物イオンの吸収剤として使用する。
エポキシ樹脂製造
原料のプロピレンオキサイドエピクロルヒドリンの製造で、ケン化、中和、加熱を同時に進行させる。
カーバイド(炭化カルシウム)
アセチレン製造に必要で、高温電気炉で石灰とコークスを強熱して製造される。
さらし粉次亜塩素酸カルシウム
生石灰に塩素を吸収させ、比較的安定で安価な消毒剤として広く使われている。
パルプ工業
蒸解に使用した苛性ソーダ廃液(リグニンを含む黒液)を、燃焼分解して炭酸ナトリウム溶液とし、生石灰で再生する。
ガラス製造
ソーダ石灰ガラスの原料として、ナトリウム、ケイ素、カルシウムの酸化物が用いられる。
排水処理
無機酸性排水の中和に多用されるほか、フッ素リン重金属の除去に使用される。
排ガス処理
火力発電所で硫黄酸化物吸収剤として排煙脱硫に利用され、副生する硫酸カルシウムは、原料石膏となる。
ゴミ焼却炉
炉などを腐食する塩化水素が大量に発生するため、生石灰、消石灰の粉末を吸収剤として煙道へ吹き込む。

食品工業、家庭用品ほか[編集]

製糖
消石灰を粗糖溶液に加え炭酸ガスを吹き込み、炭酸カルシウムの吸着・凝集沈殿効果で精製する。
食品添加物
コンニャクの凝固剤、栄養強化剤として用いられる。
乾燥剤
無水物の水和反応を利用し、酸化カルシウムや塩化カルシウムが用いられた。能力はシリカゲルに劣るが、押入れの湿気取りなどで利用される。
発熱剤
酸化カルシウムの水和発熱反応)を、携帯食品(弁当や飲み物など)を加熱する手段として用いる。
融雪剤
塩カル(塩化カルシウム)による溶解熱、凝固点降下を利用している。
学校用品
チョーク、ライン材(グラウンドの白線用消石灰)など。
入浴剤
湯を白濁させたりアルカリ性にして肌触りを変化させるため、炭酸カルシウムが利用される。
研磨剤
炭酸カルシウムが歯磨き粉消しゴムなどに用いられる。

農業畜産[編集]

農薬
ボルドー液石灰硫黄合剤、石灰防除などに使われる。
無機肥料
苦土石灰、過リン酸石灰、硝酸カルシウムなどのほか、連作障害対策の土壌中和・殺菌兼用で生石灰、消石灰が使用される。
飼料
家畜の栄養保健剤。

カルシウムの化合物[編集]

無機塩[編集]

オキソ酸塩[編集]

有機塩[編集]

同位体[編集]

カルシウムの原子番号20番は陽子魔法数であり、安定同位体が4種と多い。さらに、中性子も魔法数である二重魔法数の同位体を2つ (40Ca, 48Ca) 持っている。40Ca は安定核種の列から外れた位置にあるにも関わらず、天然存在率が約97 %と著しく高い。一方の 48Ca も周囲を短寿命核種に囲まれながら、半減期430年と極端に安定していて、存在率も 46Ca の数十倍である。

環境における循環[編集]

カルシウムは古典的なクラーク数で、第5位に位置し、地殻中の存在率は3.39 %とされていた。現在は地球温暖化の主要因となる二酸化炭素を、炭酸カルシウムとして封じ込める役を持つとして関心が高まっている。

石灰岩の成因は、無生物的に海水中のイオン反応のほか、サンゴ虫が形成する外骨格に由来するサンゴ礁の寄与が大きいと考えられている。石灰岩中の二酸化炭素は、自然界では火山による熱変成作用や鍾乳洞でみられるような溶出により大気中に放出されるが、炭酸水素イオンとして水系に取り込まれやすいため、短期間でカルシウムやマグネシウムなどと難溶性塩を生成し、再び固定される。[要出典]

生化学[編集]

カルシウムは真核細胞生物にとって必須元素であり、植物にとっても肥料として必要である。

生理作用[編集]

人体の構成成分としてのカルシウムは、成人男性の場合で約1 kgを占める。主に骨や歯としてヒドロキシアパタイト Ca5(PO4)3(OH) の形で存在する。

生体内のカルシウムは、遊離型タンパク質結合型沈着型で存在する。ヒトをはじめとする脊椎動物では、主に骨質として大量の沈着型がストックされているが、細胞内のカルシウムイオンは外より極端に濃度が低く、その差は3桁に達する。同様の濃度差はカリウムナトリウムでも見られるが、カルシウムでは細胞内濃度が厳密に保たれている。これは、真核細胞内の情報伝達を担うカルシウムシグナリングのためと考えられていて、細胞膜にカルシウムイオンを排出するカルシウムチャネルが備えられている。[要出典]筋肉細胞では、収縮に関わるタンパク質(トロポニン)に結合することが不可欠である[10]カルシウムイオンは細胞内液には殆ど存在せず、細胞外からのカルシウムイオンの流入や、細胞内の小胞体に蓄えられたカルシウムイオンの放出は、様々なシグナルとしての生理的機能がある。

植物細胞では、有機酸の対イオンとなるなど物質代謝に関わっているため動物細胞より多く必要とし、肥料の三要素に次いで4番目に必須となっている。[要出典]

薬理作用[編集]

カルシウムは便や尿として体外に排泄されるため、これを補う最低必要摂取量として、日本の厚生労働省は1日に700mg(骨粗鬆症予防には800 mgを推奨)をあげている[11]

いくつかの症状に対し、医薬品として処方されることがある。定番となっている胃の制酸薬以外にも、カルシウム欠乏による筋肉の痙攣、くる病骨軟化症、低カルシウム血症、骨粗鬆症の治療に、主に経口摂取で用いるほか、血液中のリン酸濃度を抑制したい場合に用いる。また、栄養補助食品も広く販売されており、病気治療で食事制限中だったり、重度の骨粗鬆症で大量摂取したいとき、食事量が落ちた高齢者などで効果が期待できる。[要出典]

健常者では体液内濃度は平衡に保たれ、妊娠期の女性も食物からの吸収能力が自然に増すため、偏った食生活でなければ追加摂取は必要ない[12]。一方、過剰摂取は高カルシウム血症腎結石、ミルクアルカリ症候群の原因となるため、一日摂取許容量上限として2300 mgが示されている。

俗説に、カルシウムが不足すると血液中の濃度が低下し、イライラなど精神不安定の原因になるとされる。しかし血液中の量は約0.5 g(成人男性の場合。濃度10mg/dL、血液量5kgとして)とわずかで、人体の成分として不足する事はなく、イライラの原因候補は無数に存在する[要出典]。もし血中濃度が正常範囲を外れているならば、骨からの出し入れ量を調節する副甲状腺機能の異常などが疑われる[13]

疫学[編集]

カルシウムは必須元素として以上の効果を期待され、幾つもの疫学調査が行われている。

  • 有効性ありと判定された例[14]
低カルシウム血症
くる病・骨軟化症
制酸剤
  • おそらく効果有りと判定された例
閉経前後の骨量減少
胎児の骨成長・骨密度増加(註:リバウンドを含め、出生後の追跡調査例見つからず)
上皮小体亢進症(慢性腎機能障害患者)
  • 可能性有りと判定された例
骨粗鬆症、骨密度減少(ステロイドの長期間服用者でビタミンD併用時)
高齢者における歯の損失
歯へのフッ素の過剰沈着(小児でビタミンC・D併用)
虚血性発作
血圧減少(腎疾患末期)
高血圧、子癇前症での血圧減少(カルシウム摂取不足の妊婦)
直腸上皮の異常増殖、下痢(腸管バイパス手術を受けた人)
妊娠中のこむらがえり
  • 骨粗鬆症診療ガイドラインでは、カルシウムのサプリメントの摂取は骨密度を2 %増やすが骨折率には変化がないので、すすめられる根拠がない(グレードC)に分類される[15]
  • 加齢による骨の減少を遅くする効果 ハーバード大学の公衆疫学部によれば、十分なカルシウムを摂取することで効果があるが、乳製品がもっとも良い選択かは明らかではないとする。乳製品以外のカルシウムの摂取源として コラードチンゲンサイ豆乳ベイクドビーンズ が挙げられている[16]
  • ビタミンDは、小腸の腸細胞の柔もうを通じてカルシウムを吸収する際にカルシウム結合タンパクの量を増加させるカルシウム吸収の要因として重要である。ビタミンDは、腎臓において尿からカルシウムが損失することを抑制する[17]

癌との関わり[編集]

  • 最近の研究結果は矛盾したものであるが、1つはビタミンDの抗癌効果について肯定的なものであり(Lappeほか)、癌のリスクに対してカルシウムのみから独立した肯定的作用を行っているとしたものである(以下の2番目の研究を参照のこと)[21]
  • ある無作為化比較試験は、1000 mgのカルシウム成分と400 IUのビタミンD3は大腸癌に何も効果を示さなかった[22]
  • ある無作為化比較試験は、1400-1500 mgのカルシウムサプリメントと1100 IUのビタミンD3が塊状の癌の相対的リスクを0.402まで低下させることを示した[23]
  • ある疫学的研究では、高容量のカルシウムとビタミンDの摂取は更年期前の乳癌の発生リスクを低めていることが発見された[24]
  • 日本の国立がん研究センターが4万3000人を追跡した大規模調査では、乳製品の摂取が前立腺癌のリスクを上げることを示し、カルシウムや飽和脂肪酸の摂取が前立腺癌のリスクをやや上げることを示した[25]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.encyclo.co.uk/webster/C/7
  2. ^ 桜井 弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、118頁。ISBN 4-06-257192-7 
  3. ^ セメントの歴史コンクリートの世界
  4. ^ 元素を知る事典~先端材料への入門~,村上雅人 編著,
  5. ^ 鋼を作る日本石灰協会・日本石灰工業組合
  6. ^ [1]
  7. ^ 還元拡散法による希土類機能性材料の製造に関する基礎的研究科学研究費補助金データベース
  8. ^ 緻密なウラニウム精錬用弗化カルシウム容器NII論文情報ナビゲータ
  9. ^ 酸化物陰極を備えた真空管ekouhou.net
  10. ^ 筋収縮を調節する分子メカニズムの一端を解明 科学技術振興機構
  11. ^ 骨粗鬆症予防のための食品栄養成分ノート国立病院機構
  12. ^ 妊産婦のための食生活指針 (厚生労働省)
  13. ^ カルシウムが高い時日本臨床検査専門医会
  14. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報国立健康・栄養研究所
  15. ^ 『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2006年版』 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会、ライフサイエンス出版。2006年10月。ISBN 978-4-89775-228-0。34-35、77頁。
  16. ^ The Nutrition Source Calcium and Milk: What's Best for Your Bones? (Harvard School of Public Health)
  17. ^ en:Calcium in biology
  18. ^ Baron JA, Beach M, Mandel JS (1999). “Calcium supplements for the prevention of colorectal adenomas. Calcium Polyp Prevention Study Group”. N. Engl. J. Med. 340 (2): 101–7. doi:10.1056/NEJM199901143400204. PMID 9887161. 
  19. ^ Bonithon-Kopp C, Kronborg O, Giacosa A, Räth U, Faivre J (2000). “Calcium and fibre supplementation in prevention of colorectal adenoma recurrence: a randomised intervention trial. European Cancer Prevention Organisation Study Group”. Lancet 356 (9238): 1300–6. doi:10.1016/S0140-6736(00)02813-0. PMID 11073017. 
  20. ^ Weingarten MA, Zalmanovici A, Yaphe J (2005). “Dietary calcium supplementation for preventing colorectal cancer, adenomatous polyps and calcium metabolisism disorder.”. Cochrane database of systematic reviews (Online) (3): CD003548. doi:10.1002/14651858.CD003548.pub3. PMID 16034903. 
  21. ^ Lappe, Jm; Travers-Gustafson, D; Davies, Km; Recker, Rr; Heaney, Rp (2007). “Vitamin D and calcium supplementation reduces cancer risk: results of a randomized trial” (Free full text). The American journal of clinical nutrition 85 (6): 1586–91. PMID 17556697. 
  22. ^ Wactawski-Wende J, Kotchen JM, Anderson GL (2006). “Calcium plus vitamin D supplementation and the risk of colorectal cancer”. N. Engl. J. Med. 354 (7): 684–96. doi:10.1056/NEJMoa055222. PMID 16481636. 
  23. ^ Lappe JM, Travers-Gustafson D, Davies KM, Recker RR, Heaney RP (2007). “Vitamin D and calcium supplementation reduces cancer risk: results of a randomized trial”. Am. J. Clin. Nutr. 85 (6): 1586–91. PMID 17556697. 
  24. ^ Lin J, Manson JE, Lee IM, Cook NR, Buring JE, Zhang SM (2007). “Intakes of calcium and vitamin d and breast cancer risk in women”. Arch. Intern. Med. 167 (10): 1050–9. doi:10.1001/archinte.167.10.1050. PMID 17533208. 
  25. ^ 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について―概要― PMID 18398033

関連項目[編集]

外部リンク[編集]