カオリナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カオリナイト
分類 ケイ酸塩鉱物
シュツルンツ分類 9.ED.05
Dana Classification 71.1.1.2
化学式 Al4Si4O10(OH)8
結晶系 三斜晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 1 - 2
光沢 土光沢真珠光沢
白色
条痕 白色
比重 2.6
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

カオリナイトkaolinite[4]カオリン石[5] )は、鉱物ケイ酸塩鉱物)の一種。化学組成は Al4Si4O10(OH)8結晶系三斜晶系粘土鉱物の一種。高陵石ともいう。

kaolinite の名は、中国の有名な粘土の産地である江西省高嶺(カオリン:Kaoling)に由来する。高嶺で産出する粘土は、景徳鎮で作られる磁器の材料として有名である。また、同質の粘土(鉱石)はカオリン(kaolin)と呼ばれる。

産出地[編集]

長石などが変質して生じる。ろう石の中に含まれる。

日本では、岡山県備前市三石広島県庄原市勝光山が産地として有名。

性質・特徴[編集]

触った感じはぬるぬるしている。吸水性が高いので、舌に乗せると吸い付く性質があり、特有の匂いを発する。

用途・加工法[編集]

高熱に耐える磁器やコート紙の塗工材、クレーなどの材料にされる。この成分が多いほど高温に耐える磁器の材料となる。

陶磁器の素材としてカオリンと表現される場合は主に本項のカオリナイトをさす(ハロイサイトを含む場合もある)[6]

カオリナイト - 蛇紋石グループ[編集]

  • カオリナイト(kaolinite) : Al2Si2O5(OH)4、三斜晶系・単斜晶系
  • ディク石(dickite) : Al2Si2O5(OH)4、単斜晶系
  • ナクル石(nacrite) : Al2Si2O5(OH)4、三斜晶系
  • ハロイ石(halloysite) : Al2Si2O5(OH)4・2H2O、単斜晶系
  • アメス石(amesite) : (Mg,Al)3(Si,Al)2O5(OH)4、三斜晶系
  • ケリー石(kellyite) : (Mn,Mg,Al)3(Si,Al)2O5(OH)4、六方晶系
  • ベルチェリン(berthierine) : (Fe,Fe3+,Mg)2-3(Si,Al)2O5(OH)4、単斜晶系
  • グリーナ石(greenalite) : (Fe,Mn,Fe3+)2-3Si2O5(OH)4、単斜晶系
  • ヌポア石(népouite) : (Ni,Mg)3-xSi2O5(OH)4、単斜晶系
  • brindleyite : (Ni,Mg,Fe)2Al(SiAl)O5(OH)4
  • fraipontite : (Zn,Al)3(Si,Al)2O5(OH)4
  • odinite : (Fe3+,Mg,Al,Fe)2.5(Si,Al)2O5(OH)4
  • cronstedtite : Fe2Fe3+(SiFe3+)O5(OH)4
  • manandonite : LiAl2(SiAl0.5B0.5)O5(OH)4
  • pecoraite : Ni3Si2O5(OH)4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、645頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Kaolinite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=2156 2012年3月30日閲覧。  (英語)
  3. ^ Kaolinite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Kaolinite.shtml 2012年3月30日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、62頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年、65頁。ISBN 978-4-486-03157-4
  6. ^ 素木洋一 『陶芸・セラミック辞典』 (1版) 技報堂出版、1982年、156-157頁。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]