モース硬度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モース硬度(モースこうど)、モース硬さ(モースかたさ、英語: Mohs hardness[1])またはモース硬さスケール(モースかたさスケール、: Mohs' scale of hardness[2])は、主に鉱物に対する硬さ尺度の1つ。硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、それぞれに対応する標準物質を設定する。

ここで言う硬さの基準は「あるものでひっかいたときの傷のつきにくさ」であり、「たたいて壊れるかどうか」の堅牢さではない(そちらはじん性を参照)。モース硬度が最高のダイヤモンドであっても衝撃には弱く、ハンマーでたたくなどによって容易に砕ける。また、これらの硬度は相対的なものであるため、モース硬度4.5と示されている2つの鉱物があったとしても、それらは同じ硬度とは限らない。これは、蛍石で引っかくと傷がつかず、燐灰石で引っかくと傷つくということを示すのみである。

数値間の硬度の変化は比例せず、硬度1と2の間、9と10の間の硬度の差が大きいことも特徴的である。一見すると不便な見分け方のようでもあるが、分析装置のない野外においては、鉱物を同定するために役立つ簡便で安価な方法である。

モース硬度の「モース」は、この尺度を考案したドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モースに由来している。

標準物質[編集]

モース硬度 標準物質 化学式 絶対硬度 画像 解説
1 滑石 Mg3Si4O10(OH)2 1 Talc block.jpg 最も軟らかい鉱物で、つるつるした手触り。
2 石膏 CaSO4·2H2O 3 Gypse Arignac.jpg 指ので何とか傷をつけることができる。
3 方解石 CaCO3 9 Calcite-sample2.jpg 硬貨でこするとなんとか傷をつけることができる。
4 蛍石 CaF2 21 Fluorite with Iron Pyrite.jpg ナイフの刃で簡単に傷をつけることができる。
5 燐灰石 Ca5(PO4)3(OH,Cl,F) 48 Apatite crystals.jpg ナイフでなんとか傷をつけることができる。
6 正長石 KAlSi3O8 72 OrthoclaseBresil.jpg ナイフで傷をつけることができず、刃が傷む。
7 石英 SiO2 100 Quartz Brésil.jpg ガラス鋼鉄などに傷をつけることができる。
8 トパーズ(黄玉) Al2SiO4(OH,F)2 200 Topaz cut.jpg 石英に傷をつけることができる。
9 コランダム(鋼玉) Al2O3 400 Cut Ruby.jpg 石英にもトパーズにも傷をつけることができる。
10 ダイヤモンド(金剛石) C 1600 Rough diamond.jpg 地球上の鉱物の中で最も硬い。

硬さを計る試料物質で標準物質をこすり、ひっかき傷の有無で硬さを測定する。現実に存在する化学物質(人工物、天然物)の中で、モース硬度として最も硬いものはダイヤモンドである。

身近な物の硬度(目安)[編集]

モース硬度 物質
2.5 人間の爪、象牙琥珀
3.5 銅製硬貨
4.5 木工用)
5 ガラス
5.5 ナイフの刃
7.5 鋼鉄のやすり

修正モース硬度[編集]

15段階に修正された修正モース硬度が使われる。

修正モース硬度 旧モース硬度 鉱物 ヌープ硬度
1 1 滑石
2 2 石膏
3 3 方解石
4 4 蛍石
5 5 燐灰石
6 6 正長石
7 溶融石英
8 7 水晶(石英)
9 8 黄玉(トパーズ)
10 柘榴石
11 溶融ジルコニア
12 9 溶融アルミナ 2100
13 炭化ケイ素 2500
14 炭化ホウ素 2750
15 10 ダイヤモンド 9000

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]