計量単位一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

計量単位一覧(けいりょうたんいいちらん)では、計量単位物理学で使われる物理量化学単位)を一覧する。直接物理や化学の量とは対応しないが現象や性質の程度を表す量は「尺度・指標」の項に分類する。

物理学・化学以外の分野の単位については単位一覧を参照。

単位系[編集]

現実には、分野や地方によって、同じ物理量に対応する異なる単位が使われているが、 混乱を避けるため単位を統一的に扱う様式を単位系という。

次元別単位[編集]

同じ次元の単位同士は定数倍することで相互変換できる。

空間[編集]

長さ[編集]

次元:長さ

長さは空間の次元の基本要素である。国際単位系ではメートルを用いる。長さの単位Category:長さの単位も参照。

  • ピクセル:相対的な長さの単位としても使われる。(ノートに関連事項があります)

面積[編集]

次元:面積 = 長さ2

  • ピクセル:相対的な面積の単位として用いられることがある。ピクセルは同時に長さの単位でもあるが、通常は面積の単位としても単にピクセルと言い、ピクセル2とは言わない。(ノートに関連事項があります)

体積[編集]

次元:体積 = 長さ3

  • 立方メートル:1 m3 = 1 kl = 1,000 l
  • 立方センチメートル:1 cm3 = 1 ml = 1 cc = 10-3 l = 10-6 m3
  • リットル:1 l = 1 dm3 = 1,000 cm3 = 10-3 m3
  • 立方インチ:1 in3 = 16.387 cm3
  • 立方フィート:1 ft3 = 123in3 = 1728 in3 = 0.02832 m3
  • - 荷物の体積を表す単位:1 才 = 1 立方 ≒ 0.0278 m3( 27800 cm3 )
  • 米(液量)オンス:1 US fl. oz ≒ 29.6 cc
  • 米(液量)カップ- アメリカのレシピにおけるカップ:1 US fl. cup = 8 US fl. oz ≒ 236.6 cc (日本は 1 カップ = 1 合 = 180 cc)
  • 米(液量)パイント:1 US fl. pt. = 2 US fl. cup ≒ 473.2 cc
  • 米(液量)クォート:1 US fl. qt. = 2 US fl. pt. ≒ 0.946 l(エンジンオイルなど)
  • 米(液量)ガロン (US fluid Gallon, USG):1 USG = 4 US fl. qt. ≒ 3.7854 l = 231 in3
  • ガロン (Imperial Gallon):1 Imp. gal. = 4 Imp. qt. = 8 Imp. pt. = 160 Imp. oz = 4.546 l
  • バレル - 石油の体積を表す単位:1 US bbl = 42 USG ≒ 158.99 l
  • バレル:1 Imp. bbl = 36 Imp. gal. ≒ 163.66 l
  • :1 勺 ≒ 18cc ( 18 cm3 )
  • :1 合 = 10 勺 ≒ 180cc ( 180 cm3 )
  • :1 升 = 10 合 ≒ 1.8 l ( 1800cc, 1800 cm3 )
  • :1 斗 = 10 升 ≒ 18 l ( 18000cc, 18000 cm3)
  • :1 石 = 10 斗 ≒ 180 l ( 0.18 m3)

時間[編集]

次元:時間

時間は基本要素となる次元である。

速さ[編集]

次元:速さ = 長さ/時間

  • 秒速:m/s、ft/s(fps)
  • 分速:m/min、ft/min(fpm)
  • 時速:km/h(kph)、mile/h(MPH; Miles Per Hour):1 MPH = 1.609 km/h
  • ノット - 船舶航空機の速さを表す単位。:1 kt = 1 NM/h = 1.852 km/h
  • 1 m/s = 3.6 km/h = 約2 kt
  • 1 kine =1 cm/s (地震の揺れ方の大きさによく用いられる)

加速度[編集]

次元:加速度 = 長さ/時間2

ただし、重力加速度は地球上の地点によって微妙に異なる。(0.066 m/s2 程度)

躍度(ジャーク・加加速度)[編集]

次元:躍度 = 長さ/時間3

加速度を時間で微分したもの、即ち距離を時間で3階微分したものである。 生物の運動は躍度最小モデルに近似できる。

質量[編集]

次元:質量(= エネルギー/速度2

ニュートン力学では、質量は基本要素となる次元である。 相対性理論では、エネルギーを基本要素として質量を分解してもよい。

  • カラット - ダイヤモンド等、宝石の質量を表す単位。:1 ct = 200 mg
  • 匁・もんめ - 真珠の質量を表すのに使用される単位。:1 匁 = 3.75 g
  • :1 貫 = 3.75 kg ( 3750 g )
  • :1 斤 = (16/100) 貫 = 600g ( 0.6 kg )

密度[編集]

次元:密度 = 質量/体積

面密度[編集]

線密度[編集]

力・重量[編集]

次元: = 質量×加速度 = 質量×長さ/時間2

トルク[編集]

次元:トルク = 力×長さ = 質量×長さ2/時間2

次元はエネルギーと同じ。

圧力・応力[編集]

次元:圧力 = 力/面積 = 力/長さ2

粘度[編集]

次元: 粘度 = 応力/速度勾配 = (力/面積)/(長さ/時間/長さ) = 圧力×時間

振動・波動[編集]

周波数・回転数[編集]

周波数(振動数)・回転速度(回転数)

  • rpm(revolution per minute、RPMとも // 毎分回転数)
  • rps(revolution per second、RPSとも // 毎秒回転数):1 rps = 1 Hz = 60 rpm
  • ヘルツ:1 Hz = 1/s
対数[編集]

周期[編集]

エネルギー関連[編集]

エネルギー・仕事・熱量[編集]

次元:エネルギー = 力×長さ = 質量×長さ2/時間2

次元はトルクと同じ。

カロリーについて 
基本的にはエネルギー量の単位だが、料理をするためのガスコンロとかガスストーブなど、ガス器具の仕様において見られる。

仕事率・動力[編集]

次元:仕事率 = 仕事/時間 = 質量×長さ2/時間3

温度[編集]

温度

エントロピー[編集]

エントロピー

可視光関係[編集]

角度[編集]

角度

平面角[編集]

立体角[編集]

数量[編集]

原子核・放射線[編集]

  • 放射線エネルギーを表す単位
  • 反応断面積
  • 放射性崩壊の速度。出入りがない単一の放射性物質の放射能や原子数が半分になる時間T1/2をln2/λで定義する。ここでλが崩壊定数であり、その逆数が平均寿命である。
  • 放射能の単位。原子核数をN、崩壊定数をλとおいたときそれらの積λNで与えられ、放射性崩壊の時間微分に等しい。次元は時間の逆数だが放射能以外の計量には使えない。
  • 放射能の濃度等
    • 比放射能 単一の放射性物質が単位質量あったときの放射能。Bq/kgなどで表される。
    • マッヘ 1リットルあたりの物質に含まれる放射能。現代では殆ど用いられない。
    • ほかにもBq/kgのように単位質量あたりの物質に含まれる放射能を表す誘導単位を使うことがあるが決まった単位はなく誘導単位として表記される。比放射能と単位が等しいがこちらは単位質量あたりの任意の物質(土など)に特定の放射性物質(プルトニウムなど)が何ベクレル含まれているかを表記するのによく使われる。
    • また単位面積や単位体積あたりの放射能の密度もよく使われるがこれも単位の名前はなく誘導単位のまま用いられる。Bq/m2、Bq/m3など。
  • 照射線量の単位。現代では吸収線量の方がよく使われる。
  • レントゲン
  • 吸収線量の単位。次元はエネルギー/質量であり、単なる吸収を表すものと放射線の種類に応じて係数を乗じて得られるものがあり、アルファ線や中性子線はこの係数が大きい。グレイ・シーベルトとラド・レムの前者後者はそのような関係であり最近は前二者が用いられる。

電磁気[編集]

電磁気

電気[編集]

電気

磁気[編集]

磁気

[編集]

対数[編集]

尺度・指標[編集]

エネルギー[編集]

硬度[編集]

硬度

音の大きさ[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

計量単位