アモルファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アモルファス (amorphous)、あるいは 非晶質(ひしょうしつ)とは、結晶のような長距離秩序はないが、短距離秩序はある物質状態。これは熱力学的には、非平衡準安定状態である。

amorphous は、morphous(形を持つ)に「非」の意味の接頭辞 a‐ が付いた語(19世紀スウェーデンイェンス・ベルセリウスが非結晶の固体に対して命名した[1])。結晶は、明礬水晶のようにそれぞれ固有の結晶形態を持っており、morphous である。しかし、急冷や不純物が混じった状態で出来た固体は、時間的空間的に規則的な原子配列が取れず非晶質となり、不定形である。

アモルファス状態は、非金属ではしばしば見られる状態である。しかし、金属にもアモルファス状態が存在することは、アメリカのポール・デュエイ (Pol Duwez) カリフォルニア工科大学教授らが1960年に発見した。

潜晶質[編集]

アモルファスとされるものには結晶構造を完全にもたないものと、光学的には結晶構造が見られない場合でもX線解析では弱い回折を示す潜晶質とがある(ただし、潜晶質は結晶質と解される場合もある)。天然に産出する鉱物では、非晶質と言われるものの、そのほとんどが潜晶質である(例:オパールネオトス石)。

特徴[編集]

均質で等方性であることが挙げられる。結晶が存在しないため、結晶粒界格子欠陥のような「弱い」構造が存在しないことが利点になる。

結晶状態とアモルファス状態では、同じ材料でも物性が大幅に変わることがある。例えば電気伝導性熱伝導性禁制帯幅光透過率光吸収率透磁率、物理的強度、耐蝕性超伝導性などである。

製法[編集]

応用例[編集]

「アモルファス化」[編集]

無定形状態化すること。経済市場において、従来の商品サービスでは発展が望めなくなってきている状態をさす[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベルセリウス著(田中豊助、原田紀子訳)『化学の教科書』内田老鶴圃 47頁 ISBN 4-7536-3108-7
  2. ^ 用語集「現代社会」編集委員会 編集 『用語集 現代社会+政治・経済 '12-'13年版』 清水書院 190頁 ISBN 978-4389216351

関連項目[編集]