緑泥石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑泥石

緑泥石(りょくでいせき、chlorite[1]クロライト)は、鉱物ケイ酸塩鉱物)のグループ名。化学組成は (Mg,Fe,Mn,Ni)6-x-y(Al,Fe3+,Cr,Ti)yx(Si4-xAlx)O10(OH)8[2]結晶系単斜晶系または三斜晶系

成分・種類[編集]

産出地[編集]

有色鉱物の変質により生じ、火成岩緑色片岩(緑泥石片岩)に産する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、114頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年、25頁。ISBN 978-4-486-03157-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]