理科年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

理科年表(りかねんぴょう、Chronological Scientific Tables)は、国立天文台が編纂し丸善が発行する自然科学に関するデータ集である。

概要[編集]

理科年表には、机上版とコンパクトなポケット版、CD-ROM版が存在し、毎年発行される。1925年2月20日創刊。1988年までは東京大学東京天文台編纂となっていた。1944年1945年1946年度版は発行されなかった。CD-ROM版は1996年度版から2006年度版まで発行されており、2008年度版からはWeb版となり、購入後、登録してから1年間は理科年表プレミアム、及び60頁のマニュアルにアクセスできる。

2005年度版までの累計売上は約250万部(書籍版)。1986年度版は約9万部を売り上げた(ハレー彗星の接近に伴う世論の関心の高まりによる)。近年の売上は年間3~4万部程度。

関連書籍として『環境年表』(『理科年表 環境編』の全面改訂)と『理科年表ジュニア』がある。また、『理科年表読本』シリーズも出版されている。

構成[編集]

部、天文部、気象部、物理/化学部、地学部、生物部、環境部、附録により構成される。生物部は1984年度版から、環境部は2005年度版から追加された。

内容[編集]

入手すると、天文部だけはデータ量が少ないように感じられることがある。しかしながら、天体観測のデータ量が膨大になっているため、ダイジェスト(出典元は記載)及び前年の宇宙研究のトピックスなどを記載している。また、物理/化学部も同様であり、基本データのみを記載する約束になっている。

新設(生物部・環境部)の項目については、分野の著しい進展に伴うため間に合っていない箇所も存在するが、学説上のことと、データとして収集するためには、信頼性が重要視されるため業績として認められたデータのみ記載されている。

付録には、ノーベル物理学賞ノーベル化学賞ノーベル生理学・医学賞の授与年、受賞者及び授与理由が記載されている。また、理学上必要とされる簡単な公式集(証明は含まない)及び三角関数表、4桁の対数表、慣用の計量単位換算についても記されている(これは、初期の年表より実施)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]