へき開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劈開(へきかい、cleavage)とは、結晶や岩石の特定方向への割れやすさを表す鉱物学結晶学、岩石学用語である。

結晶構造においては、原子間の結合力の弱い面が、ある方向で存在するときにおこる。へき開によってできた結晶面をへき開面という。劈開はモース硬度とは関係がない。例えばダイヤモンドは最高の硬度をもっているが、へき開は「完全」であり、正八面体の面に対して平行に、簡単に割れる。

このような性質を持つ岩石については、その岩石の成因によることもあるし、よらないこともある。後者は、岩石になった後からの外因によってこの性質を持つ。

宝石の加工や、工学の分野で重要な性質である。

概要[編集]

鉱物のへき開は、大まかに「完全」、「明瞭」、「不明瞭」、「なし」に分類される(もっと細かく分ける場合もある)。へき開が完全に近いほど、その鉱物は簡単に割れることになる。

へき開: 完全[編集]

方解石: 方解石は非常に割れやすく、どんなに細かく割っても平行四辺形のきれいな形になる。
黒雲母: 雲母は極めて薄くはがれやすく、指でへき開に沿ってどこまでも剥がしていくことができる。
方鉛鉱: 方鉛鉱は直角に四角く欠けていくことが特徴で、へき開によってすぐそれと分かる。
蛍石: 蛍石はダイヤモンドと同じく八面体の面にそってへき開があり、きれいな八面体になる。

へき開: 明瞭[編集]

藍晶石(カイヤナイト)

へき開: 不明瞭[編集]

緑柱石(ベリル)
電気石(トルマリン)

へき開: なし[編集]

自然金: 金はへき開をもたない代表的な鉱物(元素鉱物)で、割れることなく非常に薄くのばすことができる。
柘榴石(ガーネット) - ただし裂開をもつ
石英(水晶)

宝石加工におけるへき開[編集]

石英(水晶) - へき開が無いため複雑な形を取ることができる

へき開性を持つと言うことは「その方向に割れやすい性質がある」ことを意味し、宝石加工においてこの性質は、加工のしやすさと形の制限に大きくかかわってくる。モース硬度10のダイヤモンドがカット可能である要因はこの性質があるためであり、この性質を利用してカットを行っていく。反面、この性質に沿わない形にカットすることは(この性質を利用してのカットは)出来ない。またへき開を無視した形状を採用した場合、研磨時、もしくは日常の負荷で簡単に割れる可能性がある。そのため、この性質をもつ鉱物はカットの形も制限される。逆に、石英のようにへき開が無いものは、この性質を利用したカットが行えない反面複雑な形(たとえば彫像)であってもへき開を気にする必要が無い。

関連項目[編集]