緑柱石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑柱石
緑柱石
分類 ケイ酸塩鉱物
化学式 Be3Al2Si6O18
結晶系 六方晶系
へき開 なし
モース硬度 7.5
光沢 ガラス光沢
淡緑色、青色アクアマリン)、鮮緑色(エメラルド)、黄色ピンク色赤色など
条痕 白色
比重 2.7
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

緑柱石(りょくちゅうせき、: berylベリル)は、ベリリウムを含む六角柱状の鉱物金属元素のベリリウムの名前は、この中から発見されたことに由来する。透明で美しいものはカットされて宝石になる。

宝石名と色、主な発色元素[編集]

ベリル
無色〜淡青〜淡緑 - ベリリウム
アクアマリン (aquamarine) / ブルーベリル (blue beryl)
淡青 - (Fe2+)
サンタマリア (santamaria) / サンタマリアアフリカーナ (santamaria africana)
青 - (Fe2+)
アクアマリンのうち青が濃いものを、かつての産出地であったブラジルのサンタマリア鉱山にちなんでこう呼ぶことがある。同山の石はすでに枯渇したが、現在他鉱山でも同様の石が発見されておりそれらもこう呼ばれる。
エメラルド (emerald)
緑〜淡緑 - クロムあるいはバナジウム
グリーンベリル (green beryl) / ミントベリル (mint beryl) / ライムベリル (lime beryl)
黄緑 - 鉄 (Fe2+, Fe3+)
アクアマリンは2価鉄イオン(Fe2+)によるものだが、この種は3価鉄イオン(Fe3+)と混成している。加熱処理によりアクアマリンへと変化する。
ヘリオドール (heliodor) / ゴールデンベリル (golden beryl)
黄色 - 鉄 (Fe3+)
ギリシア語で「太陽」「太陽への捧げ物」を意味し、呈色は鉄に由来する。3価鉄イオン(Fe3+)のみによる発色で、加熱処理によりアクアマリンへと変化する。イエローベリルとも呼ばれる。アクアマリンとともに産出する[1]
モルガナイト (morganite) / ピンクベリル (pink beryl)
淡赤 - マンガン
レッドベリル (red beryl) / ビクスバイト (bixbite)
赤 - マンガン
ゴシェナイト (goshenite, colorless beryl)
無色 - アルミニウム
純度が高く無色のベリルのことを特にこう呼ぶ。ゴーシェナイトとも呼ばれる。名前は、最初に発見されたアメリカマサチューセッツ州ハンプシャー郡ゴーシェン(Goshen)に由来する。純粋な無色で産出することは少なく、殆どが他色が混じって採掘される[2]
マシシ (maxixe)
濃青(サファイアブルー) - 鉄 (Fe2+, Fe3+)
ブラジルミナスジェライス州にあるマシシ鉱山に産したことから名付けられた。サンタマリアよりさらに濃く、紺に近い青を呈するが、紫外線による退色が著しく、ひどい場合は室内照明下においても数時間で退色する。退色した後の石の色はヘリオドールやグリーンベリルと同じである。1975年にヘリオドールやグリーンベリルにX線中性子を照射することで、この種に酷似した濃青の石が得られることがわかった。

「緑柱石」と「ベリル」[編集]

宝石質の緑柱石を表す言葉として「ベリル」が使われることがある。英語圏で Beryl という単語は緑柱石という鉱物を指すが、宝石名として鉱物名と区別せずに用いられることがあるため、それが海外から流入し、「ベリル」が宝石質の緑柱石をさす言葉として、定着したものと考えられる。ベリル(宝石質の緑柱石)はからの色の帯域を持つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヘリオドール ジュエリー宝石百科事典(ページ最下段に参考文献書籍情報有)
  2. ^ ゴシェナイト ジュエリー宝石百科事典(ページ最下段に参考文献書籍情報有)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]