雲母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雲母

雲母(うんも)は、ケイ酸塩鉱物のグループ名。きららきらとも呼ばれる。特に電気関係の用途では、英語に由来するマイカの名前で呼ばれる事も多い[1]

成分・種類[編集]

雲母の化学式は一般的に I M2-31-0 T4 O10 A2 で表される。

  • I には主として KNaCa が入るが、BaRbCsNH4 が入ることもある
  • M には主として AlMgFeLiTi が入るが、MnCrZnV が入ることもある
  • □は空孔。
  • T には主として Si、Al、Fe3+ が入るが、BeB が入ることもある
  • A には主として OHF が入るが、ClOS が入ることもある

純雲母(true mica)[編集]

2八面体[編集]

3八面体[編集]

脆雲母(brittle mica)[編集]

2八面体[編集]

3八面体[編集]

  • クリントン石clintonite) - CaMg2AlAl3SiO10(OH)2
  • bityite - CaLiAl2BeAlSi2O10(OH)2
  • anandite - BaFe2+3Fe3+Si3O10S(OH)
  • 木下雲母(kinoshitalite) - BaMg3Al2Si2O10(OH)2木下亀城にちなむ
  • 弗素木下雲母(fluorokinoshitalite) - BaMg3Al2Si2O10F2、木下亀城にちなむ

interlayer-deficient mica[編集]

2八面体[編集]

3八面体[編集]

  • wonesite(端成分でない) - Na0.50.5Mg2.5Al0.5AlSi3O10(OH)2

系列名[編集]

  • 黒雲母(biotite) - 鉄雲母-金雲母系列、あるいはシデロフィライト-イーストナイト系列
  • 海緑石(glauconite)
  • イライト(illite)
  • リチア雲母(lepidolite) - トリリシオ雲母-ポリリシオ雲母系列
  • phengite - 白雲母-アルミノセラドン石系列、あるいは白雲母-セラドン石系列
  • チンワルド雲母(zinnwaldite) - シデロフィライト-ポリリシオ雲母系列

産出地[編集]

変成岩、酸性火成岩などに普通に含まれる。黒色をしているものの多くが黒雲母である。

性質・特徴[編集]

薄くはがれるのが特徴。多くは六角板状の結晶で産する。モース硬度 2.5 - 3、比重 2.8 - 3.0。

用途・加工法[編集]

雲母を電気絶縁体に用いた例

耐熱性で電気を通しにくい性質を持ち、半田ごて等の絶縁体として利用されている。雲母を誘電体(電荷をためる物質)に利用した電子部品コンデンサマイカコンデンサという。近年では、自動車建築物等の塗料の材料の一部として使われることがある。

手鑑をつくる際、雲母の粉末を塗布した台紙に古筆を貼り付けることが行われた。後に古筆を台紙から引き剥がす必要が生じたときに、雲母が剥離するので、古筆自体への損傷を抑えることができる。

日本画の技法では、雲母を粉末にしたものをキラとよぶ。キラを顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として彩色に用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マイカとは”. 岡部マイカ工業所 (2012年8月21日). 2013年1月9日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]