出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

(いろ)は、可視光の組成の差によって質の差が認められる視知覚たる色知覚、および、色知覚を起こす刺激たる色刺激を指す[1]

色覚は目を受容器とする感覚たる視覚機能のひとつであり、色刺激に由来する知覚たる色知覚を司る。色知覚は、質量体積の如き機械的な物理量ではなく、音の大きさのように心理物理量である。例えば、物理的な対応物が擬似的に存在しないのに色を知覚する例として、ベンハムの独楽がある。同一の色刺激であっても同一の色知覚が成立するとは限らず、前後の知覚や観測者の状態によって、結果は異なる。

類語に、色彩(しきさい)があり、日本工業規格[注 1] においては色と同義語である[2]ものの、彩り、傾向などを指す語として知られる[3][注 2] ことから、日常語のみならず、色を狭義に捉えようとする科学工業などの文脈に於いてもひろく色の語が用いられている[注 3]

色と色覚[編集]

赤・緑・青の蛍光物質の発光スペクトル。カラーブラウン管の「加法三原色」(additive primary colors) に使われているもの

物理学的には、光学を基礎とし、色の変化は、物体と物体を照らす光との相関を用いて説明される。物体に入射する何らかの波長の光が観測者の方向へ反射(正反射・乱反射を含む)する際に、その物体の物性に応じた特定の波長のみが反射されそれ以外は吸収される(=波長に応じ反射率が異なる)という現象が起こる。観測者には反射された光だけが届くため、その波長に基づき判断される色が、「その物体の色」として認識される(つまり、光そのものに色という性質はなく、光を受けた器官が色を作っている)。

またそのように観測者に届く光とそれに対する認識とに左右されるため、一般的な色は、人間の視覚即ち可視光線の範囲内を基準として表現されている。逆に言えば、可視光線の範囲を超えた波長の光について観測すると、可視光域で見た場合に比べて全く別の「色」や模様になっている物体もある。例えばチョウの羽根の模様は紫外線領域では人の肉眼で見る場合とはまた異なる鮮やかな模様を描き出すし、真っ黒に焼け焦げた新聞紙などは赤外線領域の或る波長では燃えた紙とインクが燃えた部分とで反射率が異なるため書かれていた元の内容を読むことが出来る。

生理学的に言うと、網膜内にある3種類の錐体細胞が吸収する可視光線の割合が色の感覚を生む。これらの錐体細胞は、それぞれ長波長・中波長・短波長に最も反応するタンパク質(オプシンタンパク質)を含み、順に L錐体・M錐体・S錐体と呼ばれる。霊長類における L錐体と M錐体はかつて2種類だった色刺激の受容器の片方が進化の過程で分岐したものであるとされており、分光感度特性が近い。錐体が3種類あることはそのまま3種の波長特性を構成する元となるので L, M, S の各錐体を直接に赤・緑・青でなぞらえることもある。

或る人が視覚を通して受け取る光の波長が変化すると、それに伴って変化する視覚経験の内容が色であると言える。ただし、正常の色覚を持つ者以外に、正常の色覚をもつ人と色知覚が部分的に整合しない人(色覚異常[注 4])、1色覚(全色盲)や全盲など色覚を持たない人もいるため、この事例にも例外がある。しかしながらこの事態に限っては、色覚特性があっても知覚可能な波長にあっては事情は同様である。また、1色覚であっても、波長の長短の知覚が成立する場合があり、どちらかで言えば長波長を好む傾向がある。

無色の紙のように、全波長において高い反射率で乱反射する物体は白と呼ばれる。一方、全波長において反射がほとんど無い場合、その色は黒と呼ばれる。完全な黒体は、例えば中空の物体に微小な開口部を設けることで実現できる。この場合、中空の部分に入った光はほとんど吸収され外に出てこないので、反射率はほぼ 0 になる。

色にまつわる見解[編集]

色を説明する場合に、様々な色彩理論を集合的に概説する場合がある。代表的なものに三原色と反対色性がある。色彩にまつわる現象は様々あり、照度輝度反射率の変化に従って、見える色も変化する。ベツォルト・ブリュッケ現象やアブニーシフトなど様々な見解が知られている。

三種の錐体細胞と三原色[編集]

人間の錐体細胞 (S, M, L) と桿体細胞 (R) が含む視物質の吸収スペクトル

人間の視覚が色を認識する際には、その光の分光分布を直接計っているのではなく、眼球錐体細胞に含まれる3つの色素が光を吸収する割合を計っているに過ぎない。そのため、独立した複数の色を合成する事で人間に別の色を感じさせる事ができる。

例えば、黄の波長の光は、赤の波長の光と緑の波長の光の組み合わせによってほぼ同じ刺激を与えることが可能であり、黄は赤と緑の組み合わせの光として表現出来る。そしてこの場合、黄の波長だけが眼球に入っている場合と、赤の波長と緑の波長が組み合わされて眼球に入っている場合を人間は区別できない。

ディスプレイ印刷絵具など、色を表現するメディアは様々である。これらを光源、若しくは、透過光及び反射光に着眼して分類した場合、特徴的な色の傾向が異なる。これを便宜的に色に着眼してグルーピングして、加法混合減法混合RGBWCMYKRGBCMYなど、幾つかに分けて説明する場合がある。

原色はどの色なのと問うひとが居るが、実際に選択される塗料インク、或いは、カラーフィルターその他が形成する「原色」の色合いが、常に特別に優越される色合いだという訳ではない。減法混合においては彩度が高い状態において明るいものに或る種の優位性が伴う。効果的に色を表現できる着色材料は重宝されるが、一定の方向性、共通性はあってもその色相や色調は一致しない。原色の説明はあくまで単純化された抽象論であり空論に過ぎない。しかも、理想的な原色は実在しない。

色の混合[編集]

ここで挙げるのはあくまで、一般的な色覚を持つ人間を基準にした色の混合の様態である。二色型の色覚を持つ人は、2つの完全な原色[注 5]でその人が知覚可能な全ての色を合成することができると考えられており、4つ或いはそれ以上の錐体(若しくはそれに相当するもの)を持つ生物にとっては、4つ或いはそれ以上の「原色」が必要になる。また、ヘビの赤外線検知器であるピットの情報は脳の視覚野に入っており、視覚情報として処理されていることが証明されている。つまり、ピットを持つヘビ(マムシなど)にとっては温度情報もまた原色の一つであろう。人間は偏光ハイディンガーのブラシと呼ばれる現象を除いてほとんど知覚できないが、水中生物の一部や昆虫など知覚できる生物が存在する。彼らは透明なものを偏光の回転程度の違いにより見ることができたり、曇り空でも太陽の正確な方向がわかると考えられている。そのような生物には、人間が実際の色に近いと判断する写真も、実物と明らかに異なる色合いに見えると考えられる。

加法混合[編集]

有色の光線によって色を演出する場合、光を加える形で色を合成する(加法混合)。このとき、積極的な発光によらない、黒さ(暗さ)を表現できる仕組みが求められる。この結果、効率的に光の透過を抑えることが出来る塩素を含む顔料が採用される場合が多くなる。

白色の光を合成するための波長を「光の三原色」や「色光の三原色」と言い、下記の三色を用いる。カラーフィルターを用いる場合に採用される顔料の一例を上げると、赤がPigment Red 254に少量のPigment Orange 71、緑がPigment Green 36に少量のPigment Yellow 138、青がPigment Blue 15:6に少量のPigment Violet 23、などである。これはあくまで例であり、これ以外の顔料の組み合わせは使用されている。以前は「橙」「緑」「紫」の組み合わせも試みられたが成功しなかった。カラーフィルターのスペクトルは下記の波長とは性格が異なり、一致しない。

  • (波長: 625-740 nm 周波数: 405-480 THz
  • (波長: 500-565 nm 周波数: 530-600 THz)
  • (波長: 450-485 nm 周波数: 620-665 THz)
減法混合[編集]

一方、物体の表面を特定の色にするためにインク等を塗る場合、元の光を遮る形で色を合成する(減法混合)。その合成の元になる色は一般に「色の三原色」や「色料の三原色」と言われ、シアンマゼンタイエローの三色(下掲)を用いる。この三つの材料を混合すれば、光の三原色の場合と反対に黒を作ることが出来る。しかし、この三色によって白を構成することは出来ない。

それ故、印刷等に用いる場合には白色素材の表面に使用することが前提となるし、白色の併用が必要になる場合もある。また、透明性の高い着色材(colorant)を使用しても、三原色の重ねや混合で成立する黒は理想とは異なり、純黒にはならない。このため、より自然に色を現す目的で黒色の着色材が併用され、これは一般にCMYK(Cyan, Magenta, Yellow, Key plate) と呼ばれる。

反対色性[編集]

光の混合においては、橙とによってマゼンタなどのの色相が得られ、橙とを混ぜるとの色相を得ることが可能である。このとき、紫には元の赤味も青味もあるが、黄においてこの印象は寡少である。黄には元の色彩(赤、緑)がないと主張する人がいる。然しながら、現実に得られる黄は赤気味であったり緑気味であったりする。赤気味でも緑気味でもない「理想の黄」が現実に得られるとは断言できない。また、黄と青から白を作る場合も、元の色味が極度に減じる。このような色味を打ち消しあう性質を反対色性、色自体についてはもう一方の色の反対色補色という。ただし補色という語は厳密な反対色を意味しない場合が多い。

反対色性は網膜から大脳へ効率的に色情報を伝達しようとするために生じると考えられている。なぜなら、それぞれの色は錐体応答間でも高い相関があるからである。そのため、相関が低くなるよう線形変換し、冗長性を低減している。

色覚の認知と比較[編集]

同一の個体の色覚は、ふつう安定していると考えられている。光源が多少変化しても同じ物体の色が同様に見えるのは、色覚の恒常性があるからである。

複数の個体間で知覚される色がどのような色であるかを直接摺り合わせることは出来ないが、人間同士であれば言語色票を用いて情報交換することが可能である。他方で、人間が様々な生物の色覚を知ろうとする試みがあり、色覚の有無や性質が研究されている。

色覚の恒常性[編集]

人間が光線の波長そのものを知覚しているのではなく三種類の錐体の出力比を知覚していることを述べた。これだけでは例えば、極端に黄色い照明の下では全てのものが黄色く見えてしまうはずだが、実際には色味のある照明の下でもその照明に支配されない認識が得られる。これを色覚の恒常性という。

人間の視覚には慣れや知識などによる補正があり、多少の光源の色度の違いは補正される。このため昼と夕方とでは日光の波長分布が違うにもかかわらず、物体は同じ色に見える。太陽光と異なる波長分布を持つ照明下でも「白色」のものは白色と感じられる。例えば、「白」熱灯の波長分布はその名に反してかなり赤に偏っているが、その照明下でも白い紙は白く見える。周囲の色々なものの見え方からそのときの照明条件を推定し、その推定に従って色の見え方を補正していると考えられる[5]

太陽光と同じ波長分布の光が最も自然な白色とされるが、それより青成分の強い光を「爽やかな白」と感じる者が多い。それ故、世の中のモニター上に表現される白色は純白より青味が強い色になっている。そのような青味の白も度が過ぎない限り、平時から白を吟味していないような人(多くの人)の眼には「青」でなく「爽やかな白」と感じられる。

夜間など十分な光の得られない環境では錐体の機能、特にL錐体の機能が低下する。そのため夜間には赤と黒の識別が困難になるのだが、そのような環境にあっても赤色であると知っているものは赤く見える場合がある。例えば、林檎を黒く塗ったものを暗い環境下で見せると、赤く見える、といったことが起こる。

太陽光線の波長分布は季節や時刻によって異なる。また、周囲に反射した光によっても影響される。例えば周りが青い物ばかりならば反射光によって環境光は青さが増す。だが、周囲の色に引きずられて物の色が違って見えては困る。色の恒常性は、そのような場合でも出来るだけ一定の色覚を保つために発達したとの考えは、或る自然さを持っている。ただし、この補正にも限度があり、極端に偏った波長分布では補正しきれない。

色覚の共有[編集]

同じ組成の光を受けた場合でも、それをどのように知覚するかは人それぞれの目と脳の相関関係によって異なるので、複数の人間が全く同一の色覚を共有しているわけではない。同様に、或る人が同じ物を見ても右目と左目では角度や距離が異なり、見えた色も一致しない。他者の色知覚を経験する手段は存在せず、同一の色知覚を共有することも不可能である。

また、知覚した色をどのような色名で呼ぶかは学習によって決定される事柄であり、例えば緑色を見て二人の人間が異なる知覚を得たとしても、二人ともそれを「緑」と呼ぶので、色覚の違いは表面化しない。

色覚の違いが表面化するのは、複数の色の区別に困難が生じるなどの場合である。大多数の人間とはっきり異なる判断をおこすものの色覚特性を指して、その生理については色覚異常、機能については色覚障害と呼ぶ。

いわゆるバリアフリーと呼ばれる動向において、色覚異常の者に対する配慮が必要であるという意見がある。他方で、眼科学においては、1型色覚および2型色覚に代表される多くのケースでは、日常生活に大きな支障をきたしていないという考え方が定説とされている[6]

標準化団体であるW3C は、HTML の色使いは色覚異常に配慮したコントラストを保つべきだとして綱領を出している[7]。HTML は 16,777,216 色(23×8 色)が表現出来るが、環境に依って見え方は左右される。256 色環境で WindowsMacintosh に共通する 216 色(63 色)の事をウェブカラーと言い、この 216 色は見え方が環境の違いに左右され難いため、使用が推奨されている。

様々な生物の色覚[編集]

脊椎動物[編集]

脊椎動物には、色覚を持つものが多いが、色覚が弱いものや、全く持たないものも少なくない。脊椎動物色覚は、網膜の中にどのタイプの錐体細胞を持つかによって決まる。魚類両生類爬虫類鳥類には4タイプの錐体細胞を持つものが多い(4色型色覚)。よってこれらの生物は長波長域から短波長域である近紫外線までの色を認識できるものと考えられている[8]

哺乳類
2億2500万年前に最古の哺乳類アデロバシレウスが出現した。哺乳類の多くは 2 色型色覚か、色覚を持たない(実は色覚を持っているがその感度が低い)、というものも多い。哺乳類の祖先である古代の爬虫類は 4 色型であったが、中生代の哺乳類は夜や暗い所で活動することが主であったため、わずかな光でも見えるよう桿体細胞が発達し、その代わりに 2 色型色覚になったり、色覚そのものを失ったとされる。従来、偶蹄目ウシイノシシなど)は色盲とされていたが、現在では 2 色型色覚を持つことが判明している。もっとも、2 色型なので赤から緑にかけての色を見分けるのは難しいようである。また、食肉目ネコイヌなど)も同様に色覚を持つことが近年分かったが、その感度が弱いためにあまり利用されてはいないと考えられている。
霊長類狭鼻下目ヒトのほか、チンパンジーオランウータンニホンザルなどを含む)が広鼻下目から分岐したのは3000-4000万年前と言われている[9][10]。ほとんどの哺乳類は錐体細胞を2タイプ(2色型色覚)しか持たない。哺乳類の祖先は4タイプ全ての錐体細胞を持っていたが、初期の哺乳類は主に夜行性であったため、色覚は生存に必須ではなかった。結果、4タイプのうち2タイプの錐体細胞を失い、青を中心に感知するS錐体と赤を中心に感知するL錐体の2錐体のみを保有するに至った。これは赤と緑を十分に区別できないいわゆる「赤緑色盲」の状態である。ヒトを含む旧世界霊長類狭鼻下目)の祖先は、約3000万年前、X染色体にL錐体から変異した緑を中心に感知する新たなタイプの錐体(M錐体)視物質の遺伝子が出現し、X染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有するようになり、さらにヘテロ接合体のメスにおいて相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こして同一のX染色体上に2タイプの錐体視物質の遺伝子が保持されることとなりX染色体を1本しか持たないオスも3色型色覚を有するようになった。3色型色覚は果実等の発見に有利だったと考えられる。狭鼻下目のマカクザル色盲がヒトよりも非常に少ないことを考慮すると、ヒトの祖先が狩猟生活をするようになり3色型色覚の優位性が低くなり、2色型色覚の淘汰圧が下がったと考えられる[8][9]。色盲の出現頻度は狭鼻下目のカニクイザルで0.4%、チンパンジーで1.7%である[9]。広鼻下目のヨザルは1色型色覚でありホエザルは狭鼻下目と同様に3色型色覚を再獲得している[11]が、これらを除き残りの新世界ザル(広鼻下目)はX染色体を2本持つメスのみの一部が3色型色覚を有し、オスは全て色盲である。これは狭鼻下目のようなX染色体上での相同組換えによる遺伝子重複の変異を起こさなかったためである[9]。ヒトは上記のような初期哺乳類と霊長目狭鼻下目の祖先のX染色体の遺伝子変異を受け継いでいるため、M錐体を欠損したX染色体に関連する赤緑色盲が伴性劣性遺伝をする。男性ではX染色体の赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいると色盲が発現し、女性では2本のX染色体とも赤緑色盲の遺伝子を受け継いでいる場合に色盲が発現する[12]。なお、日本人では男性の4.50%、女性の0.165%が先天赤緑色覚異常で、白人男性では約8%が先天赤緑色覚異常であるとされる。
最近の研究では、有袋類には3色型色覚が広がっている可能性がある[13]
鰭脚類クジラ類は1色型色覚である[14]
鳥類
鳥類では色覚が、種や雌雄の識別、さらに餌を探すときなどに幅広く役立てられているようである。これは、色彩が豊かなものや、雌雄で著しく外見が異なるものが多いことからも容易に想像できるであろう。爬虫類由来の 4 色型色覚を持ち、人間でいう紫外線の領域まで認識できる。
爬虫類
哺乳類や鳥類へ分岐した過去の爬虫類は一般的に 4 色型色覚を持っていたようだが、現在の爬虫類では 3色型や 2 色型、色覚を持たないものもいる。一部の亀にとっては独立した光が 4 つ存在しており、四色性である。この亀が持っている光受容器は広い範囲の波長を一様に吸収できるようになっているため、細胞自身に波長を区別する能力はない。しかし、特定の光が透過できる 4 種類の油で被膜しているため、色を区別できる。
両生類
色覚を持つものが多いが、一方で持たないものも多い。4色型色覚を持っているといわれているが、維持されているかどうかは不明である。
魚類
硬骨魚類では一般的に 3 色型の色覚を持つ。或る種の魚類は4種類の錐体細胞を持つ。したがって、4原色の色覚を持つと考えられている。
無脊椎動物[編集]
節足動物
昆虫は 一般的に色覚を持つが、アリカマキリは色覚を持たない。蜂は黒色の物体に対して攻撃的になる。蚊は黒色を好む。蟻は白色の物に集まる習性がある。昆虫のほか、エビカニなどは色覚を持つと認められている。
軟体動物
オウムガイは、10種類の色覚を持つ。

色の様相[編集]

色の三属性[編集]

色の見えは光源や物体によって変化するが、色味とその濃淡(強度)や明暗を具えている点で共通する。これは、色相彩度明度と呼ばれる。色相、彩度、明度、合わせて色の三属性と呼ぶ[1]

白や灰色、黒のグレースケールは、明度で区別され、色相を含まず彩度が0である。このような色を無彩色と呼ぶ。グレースケール以外の色は三属性すべてを持つ有彩色である[15]。しかしながら実際には、白や黒、グレーであってもふつう幾らかの彩度を示す[16]ので、いわゆる白や黒、グレーを、色の三属性を一つしか持たない色とするのは不適切である。

血色などは体調等に対する反応に過ぎず、色ではない。上記の様に、色の三属性を全てを具えたものが色であり、「色には明度が無い」とか「白や黒は色ではない」などと主張している人たちが、志向しているものは色ではない。

色相[編集]

色相はといった色の様相の相違である。「ピンク色」、「レモン色」、「空色」、「赤茶色」、「肌色」、「水色」などの色合いを表現する名詞と知覚内容を表す述語、そして、固有色名は色相を表現する語彙ではない。

色相は特定の波長が際立っていることによる変化であり、際立った波長の範囲によって、定性的に記述できる。ただし、常に同じ帯域が同じ色に見える訳ではない。この総体を順序立てて円環にして並べたものを色相環と言う。色相の変化を示す例を3つ挙げる。

色相の連続的な変化
 
 

彩度[編集]

彩度は色の鮮やかさを意味する。物体の分光反射率が平坦になる程、彩度は低くなる。また、色相によって彩度が高いときの明度が異なる。彩度の変化を示す例を3つ挙げる。

彩度の連続的な変化
 
 

明度[編集]

明度は色の明るさを意味する。明度の高低は、物体の反射率との相関性が高い。光の明暗に関して、明るさ (brightness, luminousity) があるが同様の知覚内容を指していると言える。

明度の連続的な変化

特殊な色[編集]

ガリウム の結晶。
分光反射率はよく似通っているが、光の経路や光度によって色は異なる。
色上げ前の赤銅の板。

蛍光色や金属光沢を有する色は特殊な色として挙げることができる。なお、ここに掲げる色、特に特定条件における特定の部分の色を色の三属性で指定することは可能だが、指定される条件への依存度が大きく、色の指定としては有効ではない。

蛍光色[編集]

蛍光顔料には、昼光蛍光顔料有機蛍光顔料)と燐光顔料(無機蓄光顔料)がある。昼光蛍光顔料は蛍光染料の加工品である。昼光蛍光顔料は紫外線も含め吸収した光エネルギーの波長を変え、通常の反射光と合わせて反射する。このため、高い明度、高い彩度を示す。波長の移動は、長波長側に向かって起こるので、蛍光色は暖色に多い。燐光顔料は、残光性がある物で、蓄光顔料とも言う。有機蛍光顔料とは異なり、顔料そのものの色は弱く、夜光顔料に利用される。

構造色[編集]

光の波長或いはそれ以下の微細構造による干渉や回折、散乱により物体が色付く現象を構造色と呼ぶ。構造色として有名なものに、昆虫のモルフォチョウコウトウキシタアゲハタマムシ、他にカモの羽根、宝石のオパールなどがある。油膜コンパクトディスクの記録面の虹色も構造色といえる。

金属色[編集]

金属の粉末で金属光沢を有する粉末を顕色成分とする塗料などの色を金属色と称することがある。金属光沢は、金物一般に特有な、滑らかな表面に見られる光を反射する性質のことである。

色の作用[編集]

人間には感知し易い色と知覚し難い色がある。色が人の注意を引きやすく目立つ度合いを、色の誘目性と呼ぶ。無彩色よりも有彩色、寒色系よりも暖色系のほうが誘目性が高い。

色は人の奥行き感や距離の判断に影響を与える。暖色系の色は実際よりも飛び出して見える進出色、寒色系の色は引っ込んで見える後退色である傾向がある。また、一般に無彩色よりも有彩色が進出して見える。さらに、背景の色との関連もあり、背景が明るい場合は暗いほど、背景が暗ければ明るいほど、進出して見える。

赤や黄等暖色系の色および白色は実寸より物が大きく近くに見える膨張色で、他の色より知覚し易い。日本の児童の帽子やランドセルカバーが黄色なのは、知覚し易い色を採用する事で自動車事故を減らす狙いがあるからである。反対に、青や黒等の寒色系の色は実寸より物が小さく遠くに見える収縮色である。実際に黒色の自動車は他の色に比べて事故が多く、そのためバスやタクシーの車体は黒色を避けているものが多い。また、囲碁の碁石も黒石と白石が同じ大きさだと黒石の方が小さく見えてしまうので、黒石を一回り大きく作っている。

人間が暗闇で見え難い色は、茶・黒・青・紫であり、見え易い色は、黄・白・オレンジの順番である。

乳幼児は赤色を強く認識するので、乳幼児の玩具は赤色を基調に作られている。老人性白内障に罹ると水晶体が黄色く濁り、波長の短い青色緑色系統の色は黒っぽく見えるようになる[17]。このため老人はガスコンロの青い炎が見え難く、火傷や火事を起こし易い。子供部屋を黄色にすると、知能指数が高い子供が育つという説がある[要出典]

安定した元素である炭素素材とする複写機トナー複写コピーで描いた文字、図形や絵画などは紫外線に対して耐光性があり、また空気中や中の酸素による酸化によって色褪せ、退色や変色することは少ない。木簡の文字はその典型例である。

他方で、玩具アニメ美術のように、生理的な弁別が容易で単純な色を多用する分野領域がある。多くの印刷塗装と異なり、明るく鮮やかな色を多用するとか、色素の濃度を高くしたり塗料を厚く塗ったりして、色の飽和度を高くしたり、色素の存在比を大きくして生理的な弁別の容易さを高めるなどした結果、変わった色になっている場合が多い。絵具などは消費量が少なく、使用法が厳密でない上に消費者によって随分異なる為、原料の品質が低く、色が良くない[注 7]ターナーゴッホピカソシャガールなど著名な画家達が色覚異常だったとの説もある。

文化における色[編集]

色鉛筆。
美術において色は重要な要素である。

一般に、色は、生活文化産業商業デザイン視覚芸術の重要な要素であり、或る「様式」「作風」「文化」の特徴の一つに、特定の色の使用、特定の色の組み合わせ、色と結び付いた意味などが含まれている場合も多い。

色名[編集]

色名とは色の名のことである。基本色名、系統色名、固有色名などがある。あらゆる文化には、RGBCMY と同一視出来ない、それぞれの文化的な原色がある。それはその文化の背骨となっている言語の中での、最も古い色名からたどれる。そのような色名は基本色名と呼ばれる。特別な名前が付けられた色や、また名前の付けられていないような色もあるが、それらは全て基本色名で言い換える事ができる。例えば、「蘇芳色(すおういろ)」は基本色名の「赤」と言い代ることができるし、空の色や海の色などをまとめて「青」と呼べる。

色に対する一般的な印象[編集]

色彩は様々な感情を表現したり、事物を連想させることがある。国や文化などによって違いはあるが、一般的な印象は次のようなものである。[18] [19]

真理清潔純粋無罪無知賛成など
武勇汚濁有罪富裕層など
茶色
豊穣執着など
生命情熱危険熱暑革命勇気攻撃電気太陽日本)など
温暖快活陽気幸福誇り野心忍耐など
太陽穀類注意臆病活発明快乾燥地下王位色欲など
植物自然安全健康希望幼稚平和新鮮湿潤嫉妬英語圏)、エコロジーなど
冷静知性悠久未来憂鬱寒冷など
王位高貴正義優雅神秘節制など
など
中立不潔陰鬱不変沈静など

青は男、赤は女を意味するという認識は日本のみならず世界の国々が有しているという調査結果がある[20]

職種、階層、貧富を言い表す際にも色が用いられる事がある。例:ホワイトカラー(事務職)・ブルーカラー(肉体労働職)、ブルーブラッド(貴族・首筋が日焼けせず静脈が見える人間)・レッドネック(首筋が日焼けした屋外労働者・アメリカ南部者)・ホワイトトラッシュ(貧乏な白人、ただしレッドネックが白人の男を指すのに対し、こちらは女を限定して指す事もある)

カラーギャングはそれまでのギャングと違い、互いの対立を色で示しあっている。

色事やセクシーな意味合いに用いる色も各国によって大きく違う。

日本では桃色(ピンク)を例に挙げることが多い。桃の花の色合いが女性に好まれやすかったことや、中国から伝わった桃に関する謂れなどが由来しているという説もある。また、女性の尻を桃にたとえたり、紅潮した肌の色を桃色にたとえたことから性的な意味合いを持つ言葉が多く派生し、流布したといわれている。
アメリカでは主に青。『blue』には「憂鬱な・猥褻な」の意味を含むことから秘め事を連想させるといわれ、いわゆるポルノ映画などは「ブルーフィルム(blue film)」「ブルームービー(blue movies)」と称される(一説には、昔アメリカでは、検閲が出版物などを検査する際、性的描写のある箇所を青鉛筆でチェックしていたのでblue filmと呼んだという説。他に当時モノクロだったフィルムを法律上の問題で青色に着色したからという説もある)。下ネタのことを「blue joke」と言う。
中国では主に黄色。中国語で黄色には「堕落・猥褻」などのネガティブな意味があり、「黄色電影」はポルノ映画、「黄色書簡」はポルノ雑誌を意味する。
スペインでは主に緑。スペイン語で緑は『Verde』。「卑猥な・エッチな」などの意味も含んでいる。「Libro verde(緑の本)」でポルノ関連の本、「Cine Verde(緑の映画)」でポルノ映画の意味になる。

政治における色[編集]

政治の世界においては、色が特定の政治的な立場を現すことがよくある。

左翼社会主義共産主義を形容する色としてよく使われ、党派的にも容共で政府資本家に反く側を表す。一説には、1848年革命パリ・コミューンの時に、革命軍が掲げていた三色旗に染まって赤くなったから、左翼的立場を形容するのに赤を使うようになったとされる。
右翼反共主義王党派・復古勢力を指す色として使わる。反共で政府資本家に親しい側を指す。フランスの王党派が使い始めたのが最初で、フランスのブルボン家の白百合紋章に由来する。以来、反革命軍は白旗を目印として、右翼的立場を形容するのに白を使うようになった。白系ロシア人白色テロなど。
アナキズム象徴する色として使われる。日本では、天皇の臣下を意味する色として利用される事があった。また、しばしばファシズムの象徴として使われる。ベニート・ムッソリーニファシスト党は、制服の色として使った。
保守主義を形容する。
労資協調主義や自由主義リベラル派を形容する。御用組合は俗に「黄色組合」とも言われ、黄色は容共かつ政府・資本家に親しい党派を表す。
環境保護派や「緑の党」を形容する色として広く使われている。
(茶色)
独裁主義やナチズムを形容する。これは、ナチ党突撃隊(SA)の制服に因む。又、茶色の代わりに、赤と黒の組み合わせで示される場合もある(例:クメール・ルージュ)。

ヨーロッパなどでは三色の縦縞または横縞の国旗が多いが、これらの色にも意味を持たせている。例えばフランス国旗では青=自由、白=平等、赤=博愛の意味があり、国家の在り方を色で示している。

商業における色[編集]

日本では、JAPAN FASHION COLOR ASSOCIATION (JAFCA)が毎年流行色を決めている。

自動車[編集]

自動車の外板色の好みには、その土地の気候風土文化が関わっており、自動車メーカーでは仕向地ごとの色の設定や生産割合を細かく決めている。近年はグローバル化が進んで均されて来てはいるが、地域的な差は高級車では少なく、大衆車で顕著であった。地域に無関係なものとしては商用車タクシー営業車)用の白がある。 車種やカテゴリによっても傾向に違いはあるが、各仕向地の大まかな嗜好としては、

  • 北米 - 濃色、淡色を問わずメタリックが好まれ、赤や黄色などのソリッドカラーも常に一定の需要がある。日欧のメーカーは、自国内に設定が無い場合でも、北米向けに濃緑、濃赤、濃茶、水色、ベージュ、シャンパンゴールドなどを設定してきた。また、数は少ないが、ソリッドピンクに代表される、突飛なビバリーヒルズカラーの存在も特徴である。
  • 欧州 - 近年はグローバル化で地域的な特徴は薄れつつあるが、以前は大衆車を中心に、鮮やかなものから渋い色合いまで、多様なソリッドカラーが用いられていた。
  • オーストラリア中東 - SUVクロスカントリーカー、ピックアップトラックを中心にサンドベージュと白が好まれ、中東にはオプションフロントグリルエンブレムバッジ)にゴールド調めっきのものが用意されていることも特徴である。
  • 日本 - クラスやカテゴリの別無く白の需要が高い。

自動車業界では自動車メーカーの都合や広告代理店の仕掛け、塗料メーカーの技術開発などで、外板色の流行が繰り返されてきた。日本の販売統計(発売後のプレスリリースには、購入層別、グレード別などの他、色別の販売台数比率も掲載されている。)では、バブル期などの好景気にはパール、濃色系のマイカやメタリック、鮮やかなソリッドカラーを中心に非常に多様となり、ツートーンカラーの設定も多いが、不景気になると白と銀(灰色系メタリック)に偏る傾向があり、メーカーも白、銀、紺などに色数を絞る。この時期にはスポーツカーなどの趣味性が強く、特徴的な色が設定されることの多い車種も、生産を減らすか、廃止に追いやられる場合が多い。一方、軽自動車コンパクトカーのうち、可処分所得の高い女性層に向けた車種では、景気動向に影響されながらも(色の追加と廃止を頻繁に繰り返し、全体の色数を減らしてコストを抑える。)多様な外板色が設定されている。

塗料としての性質は、カーボンを含む黒は耐久性・耐候性に優れ、焼付け時の熱吸収が良く、乾燥・硬化が速い(フォード・モデルTを参照)。顔料の粒子が大きい白はそれに次ぐ耐久性・耐候性を持つ。隠蔽力もこの順に高く、ソリッドカラーの場合、これらの色は低コストでもあり、公用車や社用車、商用車にこれらの色が多い理由にもなっている。ハイソカーブームで人気となったスーパーホワイトは、当初高額車のみに設定されていたが、この場合専用の白い下地塗料を用意する必要はあるが、車両価格に対し、塗料と塗装のコストの割合は低くなり、利益率が増す。

逆に黄、橙、赤は隠蔽力が低く、発色を良くする場合には専用のサーフェーサーを用いる。これらの色は耐候性も低く、退色が目立ちやすい。

鉄道[編集]

ユニバーサルデザインの一環として、鉄道路線ごとに色を分けたラインカラーの導入が増えている。

車体色はその鉄道会社を表すものであったが、維持コスト低減に有利なステンレス車両の普及やアルミ車両の無塗装化が進み、多くの車両がフィルム帯を貼付けるのみとなっている。この帯色はラインカラーの表示を兼ねる場合もある。

玩具[編集]

コーポレートカラー・スクールカラー[編集]

企業や団体等の組織を象徴する色をコーポレートカラーと言う。大学(その他学校法人)を象徴する色をスクールカラーと言う。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JIS Z 8105 1961
  2. ^ 他方で、日置隆一は『新編色彩科学ハンドブック』において、「物体という概念が付随」すると主張している。
  3. ^ 『新編色彩科学ハンドブック』などの参考文献を参照。ただし、著書の表題のように例外もある。
  4. ^ 錐体細胞の数が健常者よりも少ないために色が異なって見える。
  5. ^ ただし、完全な原色は実在しない。
  6. ^ 印刷技術で多用されるアゾ赤よりも色相的にマゼンタに近い。出典 :『有機顔料ハンドブック』 橋本勲 カラーオフィス 2006.5
  7. ^ 牛骨や石膏などの美術教材が良くないことや、市販の写真用のレンズが産業用レンズより良くないことに似ている。

参考文献[編集]


  1. ^ a b 『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会
  2. ^ 『新編色彩科学ハンドブック』日本色彩学会 東京大学出版会
  3. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店
  4. ^ インクジェット用顔料インキにおける顔料分散
  5. ^ 色の恒常性 - 脳の世界:京都大学霊長類研究所・行動発現分野(旧URL)
    色の恒常性 - 脳の世界:中部学院大学 三上章允(新URL)
  6. ^ 目と健康 No,13 特集:色覚の異常
  7. ^ 色の組み合わせチェック - 読みやすい前景色と背景色
  8. ^ a b 岡部正隆、伊藤啓 「1.4 なぜ赤オプシン遺伝子と緑オプシン遺伝子が並んで配置しているのか「第1回色覚の原理と色盲のメカニズム」 『細胞工学』7月号をWEBに掲載。
  9. ^ a b c d 三上章允霊長類の色覚と進化2004年9月18日。 京都大学霊長類研究所 東京公開講座「遺伝子から社会まで」のレジュメ
  10. ^ Surridge et al. Trends Ecol. Evol. 18, 198-205, 2003
  11. ^ 研究の背景 [リンク切れ]
  12. ^ 岡部正隆、伊藤啓 「1.6 女性で赤緑色盲が少ない理由「第1回色覚の原理と色盲のメカニズム」 『細胞工学』7月号をWEBに掲載。
  13. ^ Arrese, C. A., Oddy, A. Y., Runham, P. B., Hart, N. S., Shand, J., Hunt, D. M., * Beazley, L. D. (2005). Cone topography and spectral sensitivity in two potentially trichromatic marsupials, the quokka (Setonix brachyurus) and quenda (Isoodon obesulus). Proceedings of the Royal Society of London Series B, 272, 791-796
  14. ^ Sternberg, Robert J. (2006): Cognitive Psychology. 4th Ed. Thomson Wadsworth.
  15. ^ 尾登誠一 「3 色の世界を知る」『色彩楽のすすめ』 岩波書店〈岩波アクティブ新書〉、2004年、34頁。ISBN 4-00-700101-4
  16. ^ 大日精化工業株式会社 色彩用語解説
  17. ^ インテリアセミナーレポート「高齢者の視界と色の視認性」(東リ) (1999.02)
  18. ^ 日本色彩研究所 『色の百科事典』 丸善2005年、124-127頁。ISBN 978-4621075425
  19. ^ 清野恒介 『色彩用語事典』 新紀元社2009年、136-137頁。ISBN 978-4775307113
  20. ^ 男は青。女は赤。これって決まりごと?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース 反面、「男は青、女は赤」というイメージは、万国共通らしい。武蔵野大学のある教授が世界20カ国、約5000人を対象に「男女のイメージカラー」について調査したところ、「男は青、女は赤」という回答が最も多く得られたというのだ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]