アルミノケイ酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルミノケイ酸塩(アルミノケイさんえん、aluminosilicate)はケイ酸塩中にあるケイ素原子の一部をアルミニウム原子に置き換えた構造を持つ物質である。

ケイ素と酸素が網目状に連なった構造を持つケイ酸塩の中で、Si4+ を Al3+ で置き換えることにより失われる陽電荷を補償する形でアルカリ金属イオン (M+) などのカチオンを含んでおり、その一般式は xM2O·yAl2O3·zSiO2·nH2O と表される。含まれるカチオンの種類により多様な性質を示す。

地殻中のアルミニウムの多くはこの形で鉱物として存在している。

関連項目[編集]