白山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はくさんし
白山市
20090621金沢平野白山市周辺.jpg
金沢平野白山市周辺空撮。左下の河川は犀川
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
団体コード 17210-3
面積 755.17km²
総人口 109,126
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 145人/km²
隣接自治体 金沢市小松市能美市
野々市市能美郡川北町
福井県大野市勝山市
岐阜県高山市大野郡白川村
富山県南砺市
市の木 ブナ
市の花 アサガオ
市の鳥 ウグイス
白山市役所
所在地 924-8688
石川県白山市倉光二丁目1番地
北緯36度30分51.9秒東経136度33分56.1秒
白山市役所 本庁舎
外部リンク 白山市

白山市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
白山室堂から望む白山神社と御前峰
白山比咩神社

白山市(はくさんし)は、石川県の南部に位置する金沢市への通勤率は27.4%(平成17年国勢調査)。

概要[編集]

2005年2月1日に1市2町5村が新設合併して誕生する。県内の自治体で最大の面積を有し、人口でも金沢市に次いで2番目となる。南部は自然豊かな山々に囲まれ、日本三名山白山を有する。市域に沿うように県内最大の河川である手取川が流れ、河口から日本海へと注ぐ。北部の旧松任市周辺は金沢市の南郊に位置することもあり、ベッドタウンとして人口が急増。住宅都市化が進むとともに、工業都市としても急成長している。

地理[編集]

自然地理[編集]


隣接する自治体[編集]


歴史[編集]

沿革[編集]

合併に際して[編集]

合併後、一部地域(旧美川町・鶴来町・河内村・鳥越村域)では表記変更が行われたが、その他の地域では町名を旧市町村の字が継承された。

合併後の表記
  • 美川町(1954年11月1日合併以前の旧美川町域)・鶴来町(1954年11月1日合併以前の旧鶴来町域)
    • 美川町○○町→美川○○町、鶴来町○○町(旧町)→鶴来○○町、鶴来町○○町(旧町以外)→○○
  • 河内村
    • 河内村○○→河内町○○
  • 鳥越村
    • 鳥越村○○→○○

また、いわゆる「平成の大合併」において、石川県内では最大の合併となり警察署の管轄など白山市内でも区域の違いが生じている。以下、主な例を記載する。

電話番号市外局番
  • 旧松任市・美川町:076
  • 白山ろくの旧町村:0761

市外局番は2008年3月1日に白山市全域で076への統一が行われた。

警察署の管轄(石川県警察
  • 旧松任市・美川町:松任警察署(野々市市も管轄)
  • 白山ろくの旧町村:鶴来警察署

2012年4月1日に松任警察署と鶴来警察署を統合し、白山警察署が新設された。また、鶴来警察署は白山警察署鶴来庁舎への移行が行われた[1]

石川県議会の選挙区
  • 旧松任市・美川町:松任市・石川郡西部選挙区
  • 白山ろくの旧町村:石川郡東南部選挙区(旧野々市町も含む)

白山市の合併後も旧市郡の選挙区で選挙が行われてきた。なお、2011年4月10日統一地方選挙からは、石川郡東南部選挙区のうち旧野々市町を「石川郡選挙区」(2011年11月11日に野々市町の市制移行に伴い野々市市選挙区に改称)として分離し、白山市域を「白山市選挙区」とする選挙区の見直しが実施された。

斎場火葬場
  • 旧松任市:白山市松任斎場(白山市営)
  • 旧美川町:手取郷斎場(能美市、手取郷広域事務組合)
  • 白山ろくの旧町村:白山郷斎場(白山野々市広域事務組合、野々市市も含む)

斎場に関しては、旧市町村が管轄していた区域[2]を継承しているが、施設の統一は現在行う予定はない。

人口[編集]

Demography17210.svg
白山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 白山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 白山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
白山市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 65,725人
1975年 73,459人
1980年 81,286人
1985年 92,331人
1990年 98,499人
1995年 103,580人
2000年 106,977人
2005年 109,450人
2010年 110,462人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

市長[編集]

  • 市長 - 山田 憲昭(やまだ・のりあき)
歴代市長
氏名 就任 退任 備考
車幸治 2005年(平成17年)2月1日 2005年(平成17年)3月5日 市長職務執行者、旧鶴来町長
1 1 角光雄 2005年(平成17年)3月6日 2009年(平成21年)3月5日
2 2009年(平成21年)3月6日 2010年(平成22年)10月24日 在職中死去、旧松任市長
北田慎一 2010年(平成22年)10月24日 2010年(平成22年)12月4日 副市長、市長職務代理者
3 2 作野広昭 2010年(平成22年)12月5日 2014年(平成26年)12月4日
4 3 山田憲昭 2014年(平成26年)12月5日 現職 旧吉野谷村長

庁舎[編集]

白山市役所 美川支所
白山市役所 鶴来支所

白山市では本庁方式を採用し、7か所の支所を設けている。

なお、合併時に設けられた支所は2015年度末に河内・吉野谷・鳥越・尾口の4支所は廃止され、新たに設置される「白山ろく総合行政・防災センター」に業務が集約される。また、美川・鶴来・白峰の3支所は2016年度に「市民サービスセンター」に名称が変更される予定となっている[3]

  • 白山市役所 本庁舎
    〒924-8688
    石川県白山市倉光二丁目1番地
  • 白山市役所 美川支所
    〒929-0292
    石川県白山市美川浜町ヨ103番地
  • 白山市役所 鶴来支所
    〒920-2192
    石川県白山市鶴来本町4丁目ヌ85番地
  • 白山市役所 河内支所
    〒920-2392
    石川県白山市河内町口直海イ15番地
  • 白山市役所 吉野谷支所
    〒920-2394
    石川県白山市市原丁25番地
  • 白山市役所 鳥越支所
    〒920-2393
    石川県白山市別宮町ロ170番地
  • 白山市役所 尾口支所
    〒920-2395
    石川県白山市女原ト46番地
  • 白山市役所 白峰支所
    〒920-2501
    石川県白山市白峰ハ130番地


経済[編集]

産業[編集]

  • 産業人口
    • 一次産業 3.5%
    • 二次産業 36.9%
    • 三次産業 59.1%

農業[編集]

広い耕地と豊富な水を生かした稲作が平野部を中心に盛んであり、県内コメ生産額の14%を占める。他、トマトレタスメロンなどの野菜やナシの栽培も盛んである。

工業[編集]

広い平野であることから、大規模な工場建設が可能であり、製造業が盛ん。手取川の豊富な伏流水を活用した製造業、食品工場なども多い。

本社を置く企業


主な事業所・工場


商業[編集]

主な事業所
主な商業施設


伝統工芸[編集]

  • コツラ細工
  • ひのき細工(県指定伝統工芸品)
  • 美川仏壇
  • 鶴来打刃物


酒造業[編集]

  • 車多酒造 - 代表銘柄「天狗舞」
  • 菊姫 - 代表銘柄「菊姫」
  • 小堀酒造店 - 代表銘柄「萬歳楽」
  • 吉田酒造店 - 代表銘柄「手取川正宗」
  • 金谷酒造店 - 代表銘柄「高砂」


姉妹都市・提携都市[編集]

現在「白山市」として正式に親善友好都市関係にあるのは、国内1都市・国外5都市である。

合併前の各市町村が締結していた友好姉妹都市との関係は合併に伴って一部変更され、国外については白山市としてすべて引き続き継承、国内については松任市と藤枝市との締結関係のみを継承し、それ以外の締結関係は各地区の交流事業として継続されている。

国内[編集]

親善友好都市

  • 藤枝市静岡県
    • 1983年10月10日、旧松任市と親善友好都市提携。提携以来、中学生による訪問・スポーツ交流が続けられている。

各地区ごとの国内友好都市

国外[編集]

地域[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

石川県警察白山警察署が管轄する。

  • 旧松任警察署管轄地域
    • 一木駐在所
    • 笠間駐在所
    • 千代野駐在所
    • 徳光駐在所
    • 福留駐在所
    • 山島駐在所
    • 宮永交番
    • 美川交番
  • 旧鶴来警察署管轄地域
    • 道法寺駐在所
    • 日向駐在所
    • 河内駐在所
    • 吉野谷駐在所
    • 鳥越駐在所
    • 尾口駐在所
    • 白峰駐在所
    • しらやま交番


消防

白山野々市広域消防本部が管轄する。

  • 白山野々市広域消防本部
    • 松任消防署
      • 千代野分署
    • 美川消防署
    • 鶴来消防署
    • 白山消防署
      • 白峰分署

医療


上水道[編集]

白山市が手取川の伏流水を水源に、石川県環境部による県営水道が手取川を水源に供給する。

  • 石川県営水道
    • 鶴来取水場
    • 鶴来浄水場
  • 白山市上水道
    • 松任上水道センター
    • 千代野配水場


下水道[編集]

白山市単独の公共下水道と、石川県下水道公社の加賀沿岸流域下水道・犀川左岸流域下水道に接続されている。

  • 白山市公共下水道
    • 松任中央浄化センター
    • 西南部浄化センター
    • 南部浄化センター
    • 千代野処理場
    • 鶴来浄化センター
    • 直海谷終末処理場
    • 中部終末処理場
    • 吉野終末処理場
    • 中部終末処理場
    • 吉原終末処理場
    • 一里野終末処理場
    • 白峰処理センター
  • 加賀沿岸流域下水道 (能美市の翠ヶ丘浄化センターで処理)
    • 美川中継ポンプ場
  • 犀川左岸流域下水道 (金沢市の犀川左岸浄化センターで処理)


ゴミ処理[編集]

白山野々市広域事務組合が処理する。

  • 松任石川環境クリーンセンター
  • 鶴来清掃センター (最終処分場

電話[編集]

金沢市のNTT西日本 金沢支店が管轄する(89 - 91局および97局を除く)。

  • 市外局番は松任・美川地区が076(200 - 216,218 - 299)、それ以外が0761(89 - 98)である。なお、天気予報は0762-177である。
    • 2008年3月1日に、金沢MAと鶴来MAの統合で、市外局番が白山市全域で076と変更された。すでに市外局番が076の地域は従来通り。

郵便[編集]

市内の集配は以下の郵便局が行う。

また、夏季限定で白山の室堂ビジターセンター内に「白山山頂郵便局」が開設されている。

税務[編集]

金沢国税局松任税務署が管轄する。

  • 松任税務署

その他[編集]

  • 国土交通省
    • 松任海岸出張所
    • 加賀国道維持出張所
    • 松任除雪ステーション
    • 手取川出張所
    • 手取川ダム管理支所
    • 尾口砂防出張所
    • 白峰砂防出張所
  • 金沢公共職業安定所 松任出張所 (ハローワーク松任)
  • 石川県水産総合センター美川事業所
  • 石川県農林試験場
  • 白山自然保護センター
  • 白山国立公園センター


学校教育[編集]

大学[編集]

短期大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

白山市立(10校)…校名のあとに◎のあるものは小中併設校である。

  • 笠間中学校
  • 光野中学校
  • 北星中学校
  • 松任中学校
  • 美川中学校
  • 鶴来中学校
  • 北辰中学校
  • 河内中学校◎
  • 鳥越中学校
  • 白嶺中学校◎


小学校[編集]

白山市立(19校)…校名のあとに◎のあるものは小中併設校である。

  • 旭丘小学校
  • 石川小学校
  • 松南小学校
  • 松陽小学校
  • 千代野小学校
  • 東明小学校
  • 蕪城小学校
  • 北陽小学校
  • 松任小学校
  • 蝶屋小学校
  • 美川小学校
  • 湊小学校
  • 朝日小学校
  • 広陽小学校
  • 明光小学校
  • 河内小学校◎
  • 鳥越小学校
  • 白峰小学校
  • 白嶺小学校◎


特別支援学校[編集]

  • 石川県立明和養護学校松任分校

各種学校[編集]

  • 北陸中部自動車学校

社会教育[編集]

図書館[編集]

  • 松任図書館
  • 美川図書館
  • 鶴来図書館
  • 鶴来図書館本町分館
  • かわち図書館
  • 吉野谷図書館
  • 鳥越図書館
  • 尾口図書館
  • 白峰図書館


博物館・美術館等[編集]

  • 石川県立白山ろく民俗資料館
  • 白山市松任ふるさと館
  • 石川ルーツ交流館
  • 石川県ふれあい昆虫館
  • 白山自然保護センター 中宮展示館
  • 手取川総合開発記念館
  • 金城学園白山連峰美術館


ホール・その他の文化施設[編集]

  • 石川県立白山青年の家
  • 石川県立白山ろく少年自然の家
  • 白山市松任文化会館
  • 白山市松任学習センター
  • 白山市美川文化会館
  • コミュニティプラザふれ愛 (JR美川駅に併設)
  • 白山市鶴来総合文化会館 クレイン
  • ノミレイク野鳥観察舎


体育施設[編集]

スキー場[編集]

合併前の白山麓1町5村にそれぞれスキー場があり、5村営スキー場については、合併後は白山市が運営を継承、赤字解消のため、民間委託や用途の変更などが進められた。

これらのスキー場は昭和40 - 50年代に相次いで開業し(瀬女を除く)、県内外から多くのスキーヤーが訪れ賑わいを競い合った。また、地元住民にスキー場や付近の民宿食堂など働く"場"を提供し、村の精神的よりどころの一つとなったという点でも重要であった。しかし各種レジャー産業の発展に伴うスキー客の減少のため、年々赤字が増加して共倒れの状態にあり、白山市財政のいわば"お荷物"になっていた。合併後の市は2007年(平成19年)以降、各スキー場の存続をめぐる論議を続けている。しかしスキー場の廃止が過疎化を加速させるなど弊害も予想され、どこを廃止しどこを残すのか、地元住民の失業後の生活補償はどうするのか等、検討すべき課題は多い。

2007年度(平成19年度)に市が出した方針では、

  • 「金沢セイモア」と「白山一里野温泉」は2007-08シーズンは通常営業。両スキー場は白山ろくの冬季観光の中心と位置づけ「(別に第三セクターが運営する市内の)白山瀬女高原スキー場との一体的な運営や民営化を検討する
  • 「白山中宮温泉」はこの冬以降の営業は休止し、スキー場エリア全体の活用策を地元と協議する
  • 「鳥越高原大日」は前年の豪雪によりゲレンデが破損したこともあり、07-08シーズンはゲレンデの整備工事のため1年休業、スノースポーツをはじめとする社会体育施設への転換をはかる
  • 「白山白峰温泉」は、2008年(平成20年)2月に全国中学スキー大会が開かれるため07-08シーズンは60日程度営業し、今後は「競技施設としての活用策を県・地元と協議する」

となった。

いわゆる「スキー遠足」は、平野部(旧松任市美川町・鶴来町)の小学校では授業時間確保のため廃止される傾向にあったが、白山市誕生後復活した。旧5村の小中学校では従来より、冬季の体育の授業やクラブ活動としてスキー学習を行っている。

この他、

  • 白峰クロスカントリー競技場(旧白峰村・市営)
    北陸3県で唯一の公営クロスカントリー競技場。旧白峰村の西側にあるため、地元選手からは『西山』と呼ばれている。
  • 白山一里野シャンツェ(旧尾口村)
    一里野スキー場に隣接するジャンプ台。ミディアムヒル。

がある。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]


バス[編集]

高速バス[編集]

松任海浜公園隣接の徳光パーキングエリア内の松任海浜公園バス停より乗降可能。

また、小松空港行きの特急バスが、上記の松任海浜公園バス停だけでなく北陸松任バス停からも乗降可能。

港湾[編集]

漁港[編集]

マスメディア[編集]

新聞[編集]

ケーブルテレビ[編集]

観光[編集]

白山[編集]

  • 市ノ瀬ビジターセンター
  • 別当出合登山センター
  • 白山室堂ビジターセンター
  • 南竜ヶ馬場ビジターセンター


祭り・イベント[編集]


名所・旧跡[編集]


保養・休憩施設[編集]

  • CCZ松任海浜公園
    • 徳光海岸海水浴場
    • コースタルオアシス まっとう車遊館
    • サイクリングターミナル シーサイドまっとう
  • 松任グリンパーク
  • 手取公園
  • 小舞子海水浴場
  • アプリコットパーク
  • パーク獅子吼
  • 横町うらら館
  • 白山ろくテーマパーク
  • 綿ヶ滝憩いの森


温泉[編集]


道の駅[編集]

白山市を舞台とした作品[編集]

映画

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]