アントニ・ファン・レーウェンフック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニ・ファン・レーウェンフック
人物情報
生誕 1632年10月24日
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国 デルフト
死没 1723年8月26日(満90歳没)
学問
研究分野 微生物学
テンプレートを表示
初期レーウェンフック型の顕微鏡(複製)
レーウェンフックによる顕微鏡観察スケッチ。トネリコ属の木質部。
ヨハネス・フェルメール『天文学者』。レーウェンフックがモデルとされている。

アントニ・ファン・レーウェンフック(Antonie van Leeuwenhoek、1632年10月24日 - 1723年8月26日)はオランダ商人科学者。歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察し、「微生物学の父」とも称せられる。

年譜[編集]

  • 1632年10月24日 ネーデルラント連邦共和国デルフト東端、ライオン門の角(これがLeeuwenhoekの名の由来である)の家で、籠作り職人フィリップス・アントニゾーン・ファン・レーウェンフック(Philips Antonyszoon van Leeuwenhoek)の子として生まれる。
  • 1648年(16歳) 6年間はアムステルダムの織物商に奉公していた。
  • 1654年(22歳) デルフトに戻って醸造家の娘Barbaraと結婚し、織物商を営んだ。
  • 1660年(28歳) デルフトの役人(議会の管理官)としての職務を担う。
  • 1666年(34歳) 妻Barbaraが亡くなる。
  • 1669年(37歳) 測量士として公認されている。
  • 1671年(39歳) Barbaraの親戚Corneliaと再婚している。
  • 1674年 微生物を発見する。
  • 1675年(43歳) 同郷の画家ヨハネス・フェルメールの遺産管財人となる。
  • 1677年 精子を発見する。
  • 1679年(47歳) ワイン計量官も務めている。
  • 1680年 ロンドン王立協会会員
  • 1723年8月26日(90歳) 気管支肺炎のため死去。

業績[編集]

レーウェンフックは専門的教育を受けていなかったが、自作の顕微鏡で大量の生物学上の発見をした。彼の顕微鏡は、径1mm程度の球形のレンズを、金属板の中央にはめ込んだだけの単眼式のものであった。資料を載せる針はねじ式に微調整できるようになっていた。生涯に作った顕微鏡の数は500にもなるとも言われる。それらを用いて身近なものを覗いて回り、様々なものを見て感動していた。この中には、当時の生物学専門家には知られていなかった新発見が多数含まれていたが、彼はそれらの成果を発表する場を持たなかった。

レーウェンフックの観察をロンドン王立協会に紹介したのは、デルフトの解剖学ライネル・デ・グラーフが送った1673年の書簡が初めである。そのすぐ後にオランダの政治家・文筆家であるコンスタンティン・ホイヘンス(クリスティアーン・ホイヘンスの父)がロバート・フックに個人的に紹介の手紙を送っている。この年以降、継続的に王立協会に観察記録を送り続けた。彼は学問がなかったため、手紙の報告は日常的なオランダ語によるものであった。これを実験担当のフックが認め、ラテン語訳してレーウェンフック全集として発刊した。また、1680年に王立協会会員としても迎えられた[1]

1674年、池の水を観察していたレーウェンフックはこれまで誰も報告したことのない奇妙な動く物体を発見。生物であるという証拠はなかったが、微小動物(animalcule)と名付けた。このとき顕微鏡の倍率は約200倍に達していた。

彼はその強い好奇心で様々なものを覗き、それによって新しいものを発見したが、それだけではなく、鋭く批判的な観察眼で、観察したものを分析したことも重要である。当時、微細な昆虫は植物種子などから自然発生するものと考えられていたが、レーウェンフックは観察によりこれらの生物も親の産むから孵化することを発見した。また、彼が発見した微生物についても、砂粒との類推からその大きさを計算したり、微生物にも誕生や死があることを確認したりしている。

レーウェンフックの顕微鏡[編集]

レーウェンフックは生涯500もの顕微鏡を作ったとされ、現在彼の真作とされる顕微鏡はヨーロッパの博物館に9個残されている。1980年代にレンズ精度が調査され、分解能は1.35μmから4μmであった。8個の顕微鏡のうち5個が100倍以上、最高の倍率は266倍であった。レーウェンフックはレンズの製造技術を秘密にしたが、当初のガラスを研磨してレンズを作る製法から、細いガラス管をバーナーで加熱して先端を溶かして小球状にする方法を用いるようになったと推測されている[2]

レーウェンフック・メダル[編集]

オランダ科学アカデミーは、微生物学の分野で、10年ごとにその10年で最も顕著な発見を行った科学者に対して、レーウェンフック・メダルLeeuwenhoek Medal)を授与している。歴代の受章者は以下の通りで[3]、この分野で最大の栄誉とされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Leeuwenhoek; Antoni van (1632 - 1723)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  2. ^ 細胞発見物語』山科正平著(ブルーバックス、2009年10月)ISBN 9784062576550
  3. ^ Royal Academy's website Van Leeuwenhoek Medal (英語)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]