真珠の耳飾りの少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『真珠の耳飾りの少女』
オランダ語: Het meisje met de parel
作者 ヨハネス・フェルメール
制作年 1665年?
素材 カンヴァスに油彩
寸法 44.5 cm × 39 cm (17.5 in × 15.4 in)
所蔵 マウリッツハイス美術館デン・ハーグ(オランダ))

真珠の耳飾りの少女』(しんじゅのみみかざりのしょうじょ、: Het meisje met de parel, : Girl with a Pearl Earring)は、オランダの画家 ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の絵画であり、彼の代表作の一つ。『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』とも呼ばれ、オランダのデン・ハーグマウリッツハイス美術館が所蔵する。口元にかすかな笑みを称えるかのようにも見えるところから「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」とも称される。

由来[編集]

制作されたのは、1665年もしくは1666年と推定されている。フェルメールが33歳から34歳の頃で、画家として安定した技量を発揮しつつあった時期である。異論がないわけではない。この少女のモデルをフェルメールの娘マーリアであるとして1670年代とする意見もあるが、1670年代の彼の技法はこの絵と明らかに異なっているため、可能性は低い。ただし、本作の構図は極めて単純で、少女の上半身が描かれているだけで他に年代を推定できるような物品や背景が無く、後で述べるように少女の特徴であるターバンも全くの異国の風俗で、オランダ社会のファッションの移ろいとは無縁であるなど、時代から隔絶した趣が強く、1665年又は1666年という数字もあくまで推測の域を出ない。この絵画には「IVMeer」という署名があるが、日付はない。注文を受けて描かれたのか、そうであれば誰から注文を受けたのか、という事も不明である。その後、フェルメールは1675年に43歳で破産同然で死去したので、残された作品も競売にかけられるなどして散逸した。『真珠の耳飾りの少女』も、他の絵とともに1696年に競売された目録が残っている。

その後1881年まで所有者は転々としたが、フェルメールの希少な作品が海外に流れるのを防ごうとしてきたヴィクトール・ド・ステュエール(Victor de Stuers)の説得に応じたデ・トンブ(A.A. des Tombe)は、1881年にハーグのオークションにてわずか2ギルダー30セント(およそ1万円)でこの絵を購入した。当時この絵は極めて汚れており、そうした低評価もやむを得なかった。デ・トンブには相続人がいなかったため、この絵を他の絵画と一緒にマウリッツハイス美術館に寄贈し、以後ここに所蔵されている。1882年には補修が行なわれ、1960年、1994年から96年にも補修されたが、1994年から2年間の修復は入念かつ徹底的に実施され[1]、その結果、絵はフェルメールによって描かれた当時の状況に非常に近いものとなっている。現在取引きされるなら、その価格は100億円とも150億円とも言われる。

ここに描かれている少女が誰かは興味深い問題で、様々な説がある。フェルメールの娘マーリアとする意見もある他、彼の妻、恋人、あるいは作者の全くの創作などとも言われるが、フェルメールの家族や知人の肖像画は無く、伝記の類も残っていないので真相は不明である。

鑑賞[編集]

描かれた少女が誰かはわからないが、これは「肖像画」ではなく、「トローニー(tronie)」という独自の様式に分類される。モデルなしに想像で描いたものか、実際にモデルはいても、肖像画のようにその人物の地位や名声を表面に押し出す必要がない、そのため画家が自由に描く事ができるものである。

[編集]

下唇を明るく光らせ上唇の輪郭をぼかす事で若々しく瑞々しい質感が出されている。1994年からの補修によって、少女の唇の左端(画面で見ると右端)に白のハイライトがある事、また唇の中央部にも小さな白いハイライトがあるのも明らかになった。これらは、唇の濡れた感じを示す効果がある。口元は少し開き加減で、鑑賞者には何かを言いたそうに見え、また微笑しているようにも感じられ、いずれも強い印象を与え、想像力を刺激される。『モナ・リザ』にたとえられる所以である。

真珠の耳飾り[編集]

現在ではイヤリングといわれる装身具。輪郭線は用いず、光の反射だけで直径2㎝はありそうな大粒の真珠を写実的に描いている。反射は斜め上から差し込む光による明瞭なものと、少女の服の白い襟に反射した光によるものぼんやりしたものがあり、立体感を生み出している。1994年の補修の結果、それまであったもう一つの小さな反射と見えたものは、以前の補修に際してはがれた絵の具が裏返しになって画面に付いてしまったものだと判明した。

ターバン[編集]

フェルメールの作品の多くに言える事であるが、この作品の場合は特に色の数が少ない。背景の黒を除けば、黄色と青色が主要部分を占めている。黄と青は補色の関係にあり、その対比は際立って目立つ。従って少女が頭に巻いているターバンの鮮やかな青が強く印象に残る。この青は西アジア原産のラピスラズリという宝石から作った非常に高価な絵の具を用いたものである。もともとこのターバンが人々の目を引き、『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』と呼ばれて来た。

ターバンは、実際には当時のヨーロッパでは一般的なファッションではなく、特異な衣装である。当時はトルコが強大な帝国を築いており、ヨーロッパをしばしば脅かした[2]。しかし一方でヨーロッパ人にとってトルコやアジアの文化は異国情緒をそそる憧れの対象でもあって、家具調度や服装などにトルコなどの物品や風俗が用いられることも多かった[3]。本作の場合も、異国趣味を意識したものであろうと考えられる。だが、あるいは次の項に示すイタリアの絵の影響という可能性も否定できない。

姿勢[編集]

描かれた少女は、体は横を向きながら、肩越しに顔をこちらに向けようとしている。誰かに気付いて振り返った一瞬を捉えたように見える[要出典]。これも見る者を引き付け、様々な想像力をかき立てるため、本作の強い魅力となっている。

[4]

贋作(偽物)[編集]

1937年、収集家アンドリュー・ウィリアム・メロン(Andrew William Mellon)は、この絵と非常によく似ており、フェルメールの作品と思われたものをワシントンD.C.ナショナル・ギャラリーに寄贈した。その絵は現在では贋作と考えられている。フェルメール研究の専門家アーサー・ウィーロック(Arthur Wheelock)は、1995年の論文でテオ・ファン・ヴェインガールデン(Theo van Wijngaarden)の手によるものと主張している。ヴェインガールデンは20世紀の画家で悪名高い贋作家であり、さらに悪名高いハン・ファン・メーヘレン(Han van Meegeren)の友人であった[5][6]

小説[編集]

小説『真珠の耳飾りの少女Girl with a Pearl Earring は、アメリカの作家トレイシー・シュヴァリエがこの絵から着想を得て書き上げたもの。この絵のモデルとなった少女とフェルメールの関係を描く。少女はフェルメール家の小間使いという設定になっている。フィクションであるが、まるで実話のように書かれている。

映画[編集]

映画『真珠の耳飾りの少女』は、上記の小説を2003年に映画化したもの。アメリカ・イギリス・ルクセンブルクの合作。小説版とは結末が少し異なっている。監督はピーター・ウェーバー。フェルメール役はコリン・ファース、少女役はスカーレット・ヨハンソンが演じている。 もともとフェルメールの絵は『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』などと呼ばれて来たが、この映画のヒットにより『真珠の耳飾りの少女』の名が一般化した(『フェルメール』 美術手帖2012年6月号増刊)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 表面のニスを除去するなど大掛かりなものであった。ニスは絵を保護するために繰り返し塗布され、それで絵の具のはげ落ちなどが防がれる反面、変色や微細な描写の消失などの弊害がある。『モナ・リザ』も、度重なるニスの塗布により黒ずんでいる。
  2. ^ 1529年と1683年、トルコ軍がウィーンを包囲した事がある。後者の場合は15万人の大軍であったが、ヨーロッパ諸国の連合軍7万人がトルコ軍を撃退した。
  3. ^ スイスの18世紀の画家ジャン・エティエンヌ・リオタール(Jean-Étienne Liotard)のパステル画に、イギリスの貴婦人がトルコ風の衣装を着た様子を描いた作品がある(『世界の美術Ⅱ 西洋』 学習研究社 1967年)。
  4. ^ このポーズは、ターバンを巻いた姿と共に1599年にグイド・レーニによって描かれたと伝えられる『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』がもとになっているのではないか[要出典]」とする説がある。ベアトリーチェ・チェンチ(Beatrice Cenci)はイタリアの名門貴族の娘であったが、悪逆非道の父を殺害したため斬首刑となった。レーニの絵は彼女の処刑前夜を描いたと言われる。肩越しに振り向いた様子、ターバンを巻いている姿など共通点が多い。
  5. ^ Vrij Nederland (magazine) (February 26 1996), p. 35–69.
  6. ^ ハン・ファン・メーヘレンはオランダの画家で、フェルメールの絵画をいくつも偽造した事で有名。第2次世界大戦中にドイツの首脳ゲーリング(ヒトラーの後継者とされていた大物軍人・政治家)に贋作を売った事から戦後に犯行が発覚、逮捕されたが、ナチの大物をだましたというので刑は軽かった。

参考文献[編集]

  • 『フェルメールとその時代展』図録(2000年に大阪市立美術館で開催された展覧会の図録)
  • 『フェルメールへの招待』 朝日新聞出版 2012年
  • 『フェルメール』 美術手帖2012年6月号増刊