青衣の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『青衣の女』
オランダ語: Brieflezende vrouw in het blauw
作者 ヨハネス・フェルメール
制作年 1663年 - 1664年
素材 キャンバスに油彩
寸法 46.6 cm × 39.1 cm (18.3 in × 15.4 in)
所蔵 アムステルダム国立美術館アムステルダム

青衣の女』(せいいのおんな、: Brieflezende vrouw in het blauw)、または『手紙を読む青衣の女』は、オランダ黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールが1665年ごろに描いた絵画。キャンバス油彩で描かれた作品で、1885年以来アムステルダムアムステルダム国立美術館が所蔵している。アムステルダム国立美術館が購入した最初のフェルメール作品でもある[1]

『青衣の女』は、作中に描かれていない窓を前にして、手紙を読む青い衣服の女性を描いた作品である[2]。女性の外観からは妊娠しているようにも見えるが、確証はない。定説とまではいたっていないが、多くの研究者、美術史家が、この服装は当時のオランダで流行していたものだと主張している[3]

女性が読んでいる手紙の内容は分からないが、作品の構成から手紙のヒントを得ようとする研究が行われてきた。女性の背後の壁にかかっているネーデルラントの地図から、旅行中の夫が妻に宛てた手紙を読んでいるとする説がある[4]。そのほか、女性の前のテーブルに置かれた箱のそばに見える真珠が、ときに虚栄心や自惚れの象徴として描かれることから、手紙は女性の恋人からのものだという説もある[5]

屋内の情景を描いたフェルメールの絵画のなかでも、『青衣の女』には壁や天井の角が描かれていないという点で珍しい作品といえる[6]

出典[編集]

  1. ^ Barker, Emma; Nick Webb; Kim Woods (1999). The changing status of the artist. Yale University Press. p. 194. ISBN 978-0-300-07742-1. http://books.google.com/books?id=A_1Ady0GAuUC&pg=PA194 2010年6月18日閲覧。. 
  2. ^ White, James Boyd (1 April 2003). The Edge of Meaning. University of Chicago Press. p. 263. ISBN 978-0-226-89480-5. http://books.google.com/books?id=__raAq_2mAwC&pg=PA263 2010年6月18日閲覧。. 
  3. ^ Snow, Edward A. (1994). A study of Vermeer. University of California Press. p. 168. ISBN 978-0-520-07132-2. http://books.google.com/books?id=lLtM6F0gH6EC&pg=PA168 2010年6月18日閲覧。. 
  4. ^ White (2003), p. 265.
  5. ^ Schneider, Norbert (17 May 2000). Vermeer, 1632-1675: veiled emotions. Taschen. p. 49. ISBN 978-3-8228-6323-7. http://books.google.com/books?id=zkYOjy1farkC&pg=PA49 2010年6月18日閲覧。. 
  6. ^ Snow (1994), p. 167.

関連項目[編集]