クリスティアーン・ホイヘンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアーン・ホイヘンス

クリスティアーン・ホイヘンス(Christiaan Huygens、1629年4月14日 - 1695年7月8日)(ChristianHuygensPronunciation.ogg listen[ヘルプ/ファイル]) は、オランダ数学者物理学者天文学者。かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。

生涯・業績[編集]

振り子時計の発明法としては、彼が幾何学的にサイクロイドであることを証明していた、ある曲線にそって物体が重力の影響下で降下するとき、曲線上のどの点から降下を始めても最低点に到着するまでに必要な時間は同一であるという性質を利用したと考えられる。この設計はイソクロン、トートクロンと呼ばれる。上述してあるが、ガリレオは振り子を時計に用いるというアイデアをすでに持っており、またゴットフリート・ライプニッツはこれに関して数学上で前段階的な結果を出していた。[4]

その他ホイヘンス式[5]またはハイゲンス式[6]接眼レンズを発明。ホイヘンスの原理提唱。光の媒介としてのエーテルの提唱等の業績がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最初に発見したガリレオ・ガリレイは環状であることは認識できず、「土星の腕」「土星の耳」等と呼んでいた。
  2. ^ 振り子の等時性自体はガリレオ・ガリレイの発見である。
  3. ^ 1681年まで
  4. ^ 数学10大論争 P.132
  5. ^ 日本の顕微鏡業界ではこのように表記される。
  6. ^ 日本の望遠鏡業界では英語式にこのように表記される。