ネーデルラント連邦共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネーデルラント連邦共和国
Republiek der Verenigde Nederlanden
ネーデルラント17州 1580年頃 - 1795年 バタヴィア共和国
ネーデルラント連邦共和国の国旗
(国旗)
ネーデルラント連邦共和国の位置
公用語 オランダ語
首都 ハーグ
総督(統領)
(1572年) - 1584年 オラニエ公ウィレム1世
1625年 - 1647年 オラニエ公フレデリック・ヘンドリック
1672年 - 1702年 オラニエ公ウィレム3世
1747年 - 1751年 オラニエ公ウィレム4世
1766年 - 1795年 オラニエ公ウィレム5世
変遷
成立 1580年
終焉 1795年

ネーデルラント連邦共和国(ネーデルラントれんぽうきょうわこく、オランダ語: Republiek der Verenigde Nederlanden英語: Republic of the United Netherlands)は、16世紀から18世紀にかけて現在のオランダおよびベルギー北部(フランデレン地域)に存在した国家。現在のオランダ王国の原型であり、そのことからオランダ共和国などと呼ばれることもある。

連邦共和国はヘルダーラント州ホラント州ゼーラント州ユトレヒト州フリースラント州オーファーアイセル州フローニンゲン州のネーデルラント北部7州からなり、これにドレンテ準州、国境地帯の連邦直轄領ブラーバントリンブルフフランデレンなどが加わっていた。中でもホラント州が連邦の経費の半分以上を負担し、人口、富、対外関係の面で他の6州より抜きんでていた。そのため、この州の名がそのまま連邦共和国、さらに今日の王国の通称となった。日本語名の「オランダ」もホラントのポルトガル語名に由来する。

歴史[編集]

成立[編集]

1579年ユトレヒト同盟が基礎となって成立したが、建国宣言や独立宣言のようなものはなかったので、成立年は明確ではない。1795年フランス革命軍の侵攻によって崩壊した。

歴史教科書などでは、宗主国スペインフェリペ2世の統治権を否定した1581年の宣言を独立宣言とするものも多い。ただし、この時点では独立国家の樹立や共和制国家の成立を目指していたわけではないので注意を要する。

終焉[編集]

1794年9月、フランス軍はオランダへの侵攻を開始し、10月2日ルール川を渡り、1795年1月にはフランスの傀儡国家バタヴィア共和国が宣言される。1795年5月16日、オランダはハーグでフランスと講和条約を結び、500万フローリンの賠償金支払いを約束させられた[1]

国旗[編集]

国旗はオレンジ・白・青の横三色旗だったが、1630年代以降は色褪せしやすい等の理由で、現在のオランダの国旗と同じ赤・白・青の配色へと変えられた。なお、オランダからの移民であるアフリカーナーをルーツの一つとする南アフリカ共和国では、1927年から1994年まで国旗の地色にオレンジ・白・青の横三色を用いていた(南アフリカの国旗を参照)。

脚注[編集]

  1. ^ ソブール 下144-146

参考文献[編集]

関連項目[編集]