毛細血管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
毛細血管。動脈(Artery)と静脈(Vein)の間に挟まっている《正確には更に、動脈と毛細血管の間に細動脈が、毛細血管と静脈の間に細静脈が、それぞれ挟まっている》

毛細血管(もうさいけっかん、英語: capillary vessel, capillary)は、動脈静脈をつなぐ細い血管[1]。(例外として門脈系がある)毛管毛細管とも呼ばれる。閉鎖血管系にのみ存在する。

組織細胞と物質をやりとりするため壁は薄く、1層の内皮細胞のみで構成。 動脈、静脈から無数に枝分かれし組織に網の目のようにはりめぐらされる。 直径5〜10μm[1]で、白血球血漿等が血管細胞の隙間を通じて移動、ガス交換・栄養分・老廃物の運搬等を行う。毛細血管は形態学的に連続性毛細血管、有窓性毛細血管、洞様毛細血管に分類される[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤田ら, p.2
  2. ^ 窪田ら, p.87

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、毛細血管に関するカテゴリがあります。