ヤン・ヨーステン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンスタインJan Joosten van Loodensteyn , 1556年? - 1623年)は、オランダの航海士、朱印船貿易家。日本名は耶楊子(やようす)。

教科書などで知られている「ヤン・ヨーステン」は名で、姓は「ファン・ローデンスタイン」である。

来歴[編集]

オランダ船リーフデ号に乗り込み、航海長であるイングランドウィリアム・アダムス(三浦按針)とともに1600年豊後に漂着。

徳川家康に信任され、江戸城の内堀内に邸を貰い、日本人と結婚した。屋敷のあった場所は現在の八重洲のあたりだが、この「八重洲」の地名は彼自身に由来する。「ヤン=ヨーステン」が訛って「耶楊子」(やようす)と呼ばれるようになり、これがのちに「八代洲」(やよす)となり、「八重洲」(やえす)になったのである。

やがて東南アジア方面での朱印船貿易を行い、その後帰国しようとバタヴィアジャカルタ)に渡ったが帰国交渉がはかどらず、結局あきらめて日本へ帰ろうとする途中、乗船していた船がインドシナで座礁して溺死した。

関連項目[編集]