ザルツブルク大司教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザルツブルク大司教(ザルツブルクだいしきょう、:Erzbischof von Salzburg)は、カトリック大司教である。教皇遣外使節として外から識別される身分、つまりローマ教皇庁の緋の衣を1854年以来身にまとう身分にある。この衣は枢機卿以外は着用を差し控えるものである。ザルツブルクの聖堂参事会は、ローマ教皇が選んだ3名の候補から次期大司教を選択する特別の権利を持っている。

歴史[編集]

中世においてはザルツブルク大司教領英語版1278年 - 1803年)の領主でもあった。

ザルツブルク大司教1803年神聖ローマ帝国廃止まで神聖ローマ帝国の侯爵を兼ね、そのため侯爵司教(Fürsterzbischof)の称号を有していた。大司教職には既に10世紀より、「生得の教皇遣外使節」("geborene Legaten")として、切迫した事情のある場合はローマ教皇の決断の代りに教区の中で必要な決断する権限が備わり、破門宣告をすることもできた。1072年以後、1934年オーストリアとの政教条約締結まで、「ザルツブルク大司教領」であるキームゼー、ゼッカウ、グルク、ラヴァントでは教皇の承認をまたず司教の任命・指名をすることができた。 1869年第1回バチカン公会議においてもなお、ローマ教皇ピウス9世が、ザルツブルクの大司教マクシミリアン・フォン・タルノーツィを指して、「みたまえ、半教皇(教皇の権限を半分持っている人)がここに来たよ。自分で司教を任命できる人が」と言ったという話が広く伝わっている。

歴代大司教および任期[編集]

  • 聖ルーペルト修道院長・初代司教(St. Rupert) 696年-718年
  • 聖ヴィルギル修道院長・行政長官(St.Virgil) 747年-784年, 749年から司教
  • 聖アルノ修道院長・司教(St.Arno) 785年-821年, 798年から大司教(以下大司教を略す)
  • アダルラム(Adalram) 821年-836年
  • ロイトラム(Leutram) 836年-859年
  • アダルウィン(Adalwin) 859年-873年
  • アダルベルト1世(Adalbert I) 873年
  • ディートゥマール1世(Dietmar I) 873年-907年 ハンガリーとの戦いで没。
  • ピルグリム1世(Pilgrim I) 907年-923年
  • アダルベルト2世(Adalbert II) 923年-935年
  • エギルホルフ(Egilholf) 935年-939年
  • ヘルホルト(Herhold) 939年-958年
  • フリードリヒ1世(Friedrich I), 958年-991年
  • 聖ハルトヴィク(St. Hartwik), 991年-1023年
  • グンター(Gunther) 1024年-1025年
  • ディートゥマール2世(Dietmar II) 1025年-1041年
  • ヒポルトシュタイン伯聖エーベルハルト1世(St. Eberhard I, Graf von Hippoltstein) 1147年-1164年
  • コンラート2世(Konrad II) オーストリア出身 1164年-1168年
  • アダルベルト3世・フォン・ベーメン(Adalbert III von Boehmen) 1168年-1177年
  • ヴィッテルスバッハ伯コンラート3世、初代枢機卿(Konrad III, Graf von Wittelsbach) 1177年-1183年
  • アダルベルト3世・フォン・ベーメン(Adalbert III von Boehmen復職) 1183年-1200年
  • レーゲンスベルク伯エーバーハルト2世、(Eberhard II, Graf von Regensberg) 1200年-1246年
  • ベルンハルト1世・フォン・ツィーゲンハイン、(Bernhard I von Ziegenhain) 1247年
  • フィリップ・フォン・シュポンハイム(Philipp von Sponheim)、 ケルンテン出身1247年-1256年
  • ウルリッヒ・フォン・ゼッカウ(Ulrich von Sekau) 1256年-1265年
  • ヴラディスラフ・フォン・シュレージエン(Wladislaw von Schlesien) 1265年-1270年
  • フリードリヒ2世・フォン・ヴァルヒェンドイツ語版(Friedrich II. von Walchen), 1270年-1284年
  • ルドルフ・フォン・ホーエネック(Rudolf von Hoheneck) 1284年-1290年
  • コンラート4世・フォン・ブライテンフルト(Konrad IV von Breitenfurt) 1291年-1312年
  • ヴァイハルト・フォン・ポルハイム(Weichard von Pollheim) 1312年-1315年
  • フリードリッヒ3世・フォン・リープニッツ(Friedrich III von Liebnitz) 1315年-1338年
  • ハインリッヒ・ピルンブルンネル(Heinrich Pyrnbrunner) 1338年-1343年
  • オルドゥルフ・フォン・ヴィーセネック(Ordulf von Wiesseneck) 1343年-1365年
  • ピルグリム2世・フォン・プフハイム(Pilgrim II, von Puchheim), 1365年-1396年
  • グレゴール・シェンク・フォン・オスターヴィッツ(Gregor Schenk von Osterwitz) 1396年-1403年
  • エーバーハルト3世・フォン・ノイハウス(Eberhard III von Neuhaus) 1403年-1427年
  • エーバーハルト4世・フォン・シュタルヘンベルク、(Eberhard IV von Starhemberg) 1427年-1429年
  • ヨハン2世・フォン・ライスベルク(Johann II von Reisberg) 1429年-1441年
  • フリードリヒ4世・トゥルフゼース・フォン・エマーベルク(Friedrich IV Truchsees von Emmerberg) 1441年-1452年
  • ジークムント1世・フォン・フォルカースドルフ(Sigmund I von Volkersdorf) 1452年-1461年
  • ブルクハルト2世・フォン・ヴァイスプリアッハ、2代枢機卿(Burkhart II, von Weisspriach) 1461年-1466年
  • ベルンハルト・フォン・ローア(Berhard von Rohr) 1466年-1482年
  • ヨハン3世・ベッケンシュラーガー(Johann III Beckenschlager) 1482年-1487年行政長官、1487-1489年大司教
  • シャウンベルク伯フリードリヒ5世(Friedrich V Graf von Schaunberg) 1489年-1494年
  • ジークムント2世・フォン・ホレネック(Sigmund II von. Hollenegg) 1494年-1495年
  • レオンハルト・フォン・コイチャッハ(Leonhard von Keutschach) 1495年-1519年 ユダヤ人の追放を行う。
  • マッテウス・ランク・フォン・ヴェレンブルク、、3代目枢機卿(Matthaeus Lang von Wellenburg) 1519年-1540年
  • バイエルン公エルンスト(Ernst, Herzog von Bayern)1540年-1554年
  • ミヒャエル・フォン・キューンブルク(Michael von Kuenburg)1554年-1560年
  • ヨハン・ヤコブ・フォン・キューン=ベラースィ(Johann Jakob von Kuen-Belasy)1560年-1586年
  • ゲオルク・フォン・キューンブルク(Georg von Kuenburg)1586-1587年
  • ヴォルフ・ディートリヒ・フォン・ライテナウ(Wolf Dietrich von Raitenau) 1587年 - 1612年 ホーエンザルツブルク城に幽閉され1617年に獄中で没。
  • ホーエネムス伯マルクス・ジッティクス(Markus Sittikus, Graf von Hohenems) 1612年-1619年
  • ロドロン伯パリス(Paris Graf von Lodron) 1619年-1653年
  • トゥーン伯グイドバルト、4代目枢機卿(Guidobald Graf von Thun) 1654年 - 1668年
  • マックス・ガンドルフ・フォン・キューンブルク、5代目枢機卿(Max Gandolf Graf von Khuenburg) 1668年-1687年
  • ヨハン・エルンスト・フォン・トゥーン(Johann Ernst Graf von Thun) 1687年 - 1709年
  • ハラッハ侯フランツ・アントン(Franz Anton Furst von Harrach) 1709年 - 1727年
  • フィルミアン男爵レオポルト・アントン・エロイテリウス英語版(Leopold Anton Eleutherius Freiherr von Firmian) 1727年 - 1744年 プロテスタント教徒を迫害(de:Salzburger Exulanten)。
  • ヤコブ・エルンスト・フォン・リーヒテンシュタイン-カステルコルノ(Jakob Ernst von Liechtenstein-Castelcorno) 1744年-1747年
  • ディートリヒシュタイン伯アンドレアス・ヤコブ(Andreas Jakob von Dietrichstein) 1747年-1753年
  • シュラッテンバッハ伯ジークムント3世(Siegmund III. Graf von Schrattenbach) 1753年 - 1771年
  • コロレド伯ヒエロニュムス(Hieronymus Graf von Colloredo)、1803年のザルツブルク世俗化まで聖界諸侯、以後は単に大司教, 1772年-1812年 モーツァルト1781年に決別する。ザルツブルク最後の領主司教。
  • ジークムント・クリストフ・フォン・ツァイル・ウント・トゥラウハブルク(Sigmund Christoph von Zeil und Trauchburg) (1812年-1814年 Administrator)
  • レオポルト・マクシミリアン・フォン・フィルミアン(Leopold Maximilian von Firmian) 1816年-1822年、 1831年にウィーン大司教として死亡。
  • アウグスト・グルーベル(Augustin Gruber) 1823年-1835年
  • フリードリヒ・ヨハネス・フォン・シュヴァルツェンベルク、6代目枢機卿(Kardinal Friedrich Johannes von Schwarzenberg) 1835年-1849年、1885年プラハ大司教として死亡。
  • マクシミリアン・ヨーゼフ・フォン・タルノーツィ、7代目枢機卿(Kardinal Maximilian Joseph von Tarnoczy) 1851年-1876年
  • フランツ・アルベルト・エーダー(Franz Albert Eder) 1876年-1890年
  • ヨハネス・ハラー、8代目枢機卿(Kardinal Johannes Haller) 1890年-1900年
  • ヨハネス・バプティスト・カッチャタラー、9代目枢機卿(Kardinal Johannes Baptist Katschthaler) 1900年-1914年
  • アンドレアス・ローラッハー(Andreas Rohracher) 1943年-1969年
  • エドゥアルト・マッハイナー(Eduard Macheiner) 1969年-1972年
  • DDr.カール・ベルク(DDr. Karl Berg) 1973年-1988年、1997年死亡。
  • ゲオルク・エーダー、博士(Dr. Georg Eder) 1989年-2002年解任。
  • Dr.アロイス・コートガッセル大司教、サレジオ会員(Dr. Alois Kothgasser Salesianer Don Boscos) 2003年-

外部リンク[編集]