ピウス9世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピウス9世
第255代 ローマ教皇
Pius ix.jpg
ピウス9世(1878年頃)
教皇就任 1846年6月16日
教皇離任 1878年2月7日
先代 グレゴリウス16世
次代 レオ13世
個人情報
本名 Giovanni Maria Mastai-Ferretti
出生 1792年5月13日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領 セニガッリア
死去 1878年2月7日(満85歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
その他のピウス

ピウス9世Pius IX1792年5月13日 - 1878年2月7日)は、カトリック教会司祭、第255代ローマ教皇(在位:1846年6月16日 - 1878年2月7日)。本名はジョヴァンニ・マリア・マスタイ=フェレッティ(Giovanni Maria Mastai-Ferretti)。31年7ヶ月という最長の教皇在位記録を持ち、イタリア統一運動の中で、古代以来の教皇領を失い、第1バチカン公会議を召集し、『誤謬表』を発表して近代社会との決別を宣言。また、聖母マリア無原罪の御宿りの教義を正式に制定した。カトリック教会の福者ピオ9世と表記されることもある。

生涯[編集]

教皇へ[編集]

18世紀の終わり、1792年教皇領セニガッリアで貴族の家に生まれたジョヴァンニ・フェレッティは神学校で学び、1819年叙階された。ローマチリで働き、スポレート大司教に任命された後、1840年枢機卿に選ばれた。グレゴリウス16世の死去を受けて行われたコンクラーヴェは保守派と改革派の激しいせめぎあいとなったが、紆余曲折を経て選ばれたのは改革派とみられていたフェレッティであり、ピウス9世を名乗った。1700年以来最年少となる54歳での選出だった。選出時は内外から熱狂的に歓迎され、新教皇にとって上々の滑り出しであった。

自由主義者として[編集]

まず教皇領において政治犯の恩赦を行った。また、近代化にも理解を示し、先代グレゴリウス16世が頑として許可しなかった鉄道敷設を認めたり、出版の検閲緩和などの自由主義政策を推進させた。また当時イタリア半島に大きな影響力を有していたオーストリア帝国が教皇領に軍を駐屯していたが、それに対して治安維持の目的で市民軍を結成、帝国の指導者メッテルニヒらの脅しにも毅然と教皇領の独立を主張するなどの姿勢を取った。その背景にはイタリア統一運動(リソルジメント)の高まりがあり、教皇領の住民たちはピウス9世を『覚醒教皇』と呼び、国土統一の象徴として支持した。彼の乗った馬車に労働者が駆け寄って「聖なる父よ。勇気を持ってください。猊下には我らがついています。」と激励する事件が起こるほどであった。[1]

反動化[編集]

だが、フランス2月革命の影響を受け、イタリアでも立憲政治を求める市民階級が革命運動を広めると、教皇自身は自由主義に次第に距離を置くようになる。まず、1848年3月にローマ新憲法を発布するも、教会側の優位を認めた保守的なもので人々の失望を集めた。折から、統一運動を推進していたサルディーニャ国王カルロ・アルベルトがオーストリアに宣戦布告すると、教皇は、カトリック国のオーストリアとの摩擦を恐れ、同年4月に、戦争はカトリック分裂の恐れがあるとの理由で教会は一切戦争に介入しないという教書を発し、リソルジメントとは一線を引くことなる。このスタンスは、1864年の回勅『クアンタ・クラ』に付属する形で発表された『誤謬表』(シラブス)へと受け継がれていく。これは自然主義や合理主義、自由主義など近代思想・文化を否定する内容で、教皇庁と近代社会との断絶は決定的になった。

サルデーニャとの対立激化[編集]

このような教皇の変化に対して、民衆は反感を持ち、1848年には教皇の信頼の厚いローマ暫定政府首班ロッシが暗殺されて暴動が起こり、教皇自らも市民軍によって軟禁される。11月24日、ピウス9世は政情不安定のローマを離れ、密かにガエータへ逃れた。1849年にはローマ共和国が成立、これを警戒した教皇はフランスに援助を求めたため、フランス軍がローマに進駐した。さらにローマ共和国に破門を宣言するが、かえって人々の嘲笑を買うだけであった。[2]1850年、教皇はローマに戻るが、イタリア統一を目指すサルデーニャ王国が教会の力を押さえる政策をとると激しく反発し、教皇と王国との対立は避けられなくなった。

バチカンの囚人[編集]

1858年ナポレオン3世サルデーニャ王国カヴールと同盟し、オーストリア軍を攻撃。オーストリア軍をイタリア半島北部から撤退させた。ここにいたってサルデーニャ国王(のちの初代イタリア国王)ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は教皇領への駐留を要求し、拒否されると軍隊を侵入させて制圧した、1870年には、フランス軍の撤退で無防備となったローマを占領した。翌1871年、教皇領が廃止され、ローマが正式にイタリア王国の首都となると、教皇は自らが「バチカンの囚人」であると宣言し、国王をはじめとするイタリア政府関係者を破門に処し、カトリック信者が議会の選挙に投票することを禁じる教令『ノン・エクスペディト』を出したり、王族の冠婚葬祭の招待を無視するなどの対抗処置を行い、イタリア政府とバチカンは断交状態に陥った(ローマ問題)。

晩年[編集]

以降ピウス9世は生涯バチカンから一歩も外へ出ることはなかったが、カトリックの最高指導者としての影響力を存分に行使し気を吐いた。 第1バチカン公会議はこのような不安定な政情の中で行われ、普仏戦争の勃発によって予定会期のほとんどを消化しないまま閉会した。ここで採択された「教皇不可謬説」はその解釈をめぐって大きな波紋を呼ぶことになる。1871年にはカトリック抑圧を行ったドイツ帝国オットー・フォン・ビスマルク首相との間に文化闘争を引き起こすが、ピウス9世は怯むことなく、ドイツのカトリック中央党を応援し、最晩年の1878年には中央党を総選挙で大勝させてビスマルクに圧力を加えるなど、カトリック勢力の維持のため最後まで積極的な活動をつづけた。

ピウス9世と日本は縁があり、1862年日本二十六聖人を列聖したのがピウス9世であり、1868年には長崎での信徒発見のニュースに対して喜びをあらわす書簡を発表している。

波乱の生涯を終えて[編集]

1878年2月7日教皇宮殿にて死去。在位期間は31年7ヶ月におよび、史実であきらかな教皇たちの中では最長の在位期間を記録した。遺骸は遺言により、ローマ帝国期に殉教した聖人ラウレンティウスを祀るサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂に埋葬された。イタリア王国による自らの苦悩を殉教者に例えるという抗議の姿勢であったが、長年にわたるピウス9世の保守的言動に反感を持つ人々は多く、7月12日の葬儀ではデモが起こり、棺に泥を投げつけ、あわやテヴェレ川に投げ込もうとする騒擾へ発展する[3]など即位時と全く異なる状態であった。 2000年9月3日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。

参考文献[編集]

松本佐保『バチカン近現代史 ローマ教皇たちの「近代」との格闘』 中央公論社<中公新書2221>、2013年。ISBN 978-4-12-102221-9

脚注[編集]

  1. ^ 松本佐保「バチカン近現代史」、38ページ
  2. ^ 松本、45ページ
  3. ^ 松本、57ページ

関連項目[編集]