ウィクトル3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィクトル3世
第158代 ローマ教皇
ウィクトル3世
教皇就任 1086年5月24日
教皇離任 1087年9月16日
先代 グレゴリウス7世
次代 ウルバヌス2世
個人情報
本名 Desiderius
出生 1026年
ベネヴェント公国 ベネヴェント
死去 1087年9月16日
神聖ローマ帝国 モンテ・カッシーノ
その他のウィクトル

ウィクトル3世Papa Victor III, 1026年 - 1087年9月16日)は11世紀ローマ教皇(在位:1086年 - 1087年)。本名はダウフェリウス(Dauferius)、あるいはデジデリウス(Desiderius)。グレゴリウス7世の後継者。やがてウルバヌス2世が彼の短い治世の後を継ぐことになる。

生涯[編集]

ダウフェリウスはベネヴェント公ランドルフォ5世の子として生まれ、13歳でモンテ・カッシーノ修道院に入った。そこでデジデリウスを名乗り、院長になった。1059年には教皇ニコラウス2世によって枢機卿にあげられている。グレゴリウス7世の側近として仕え、その後継者の一人と目されていた。

1086年5月24日に教皇に選ばれたが、教皇職を引き受ける気がほとんどなかったため、教皇着座式が行われたのは選挙の1年も後になった。彼は当時ローマにいた対立教皇クレメンス3世の圧迫を嫌ってモンテ・カッシーノにひきこもってしまい、トスカーナ公妃マティルデにローマ帰還を説得されている。1087年8月にベネヴェントで教会会議を開き、対立教皇クレメンス3世の破門、俗人による叙任の禁止、アフリカでのサラセン人への軍事行動などを決議した。教皇自身は会議中に病にかかり、9月16日に同地で没した。