ベネディクトゥス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネディクトゥス4世
第117代 ローマ教皇
教皇就任 900年5月(6月)
教皇離任 903年8月
先代 ヨハネス9世
次代 レオ5世
個人情報
死去 903年8月
原国籍 イタリア

ベネディクトゥス4世(? - 903年8月)は、第117代ローマ教皇(在位:900年5月 - 903年8月)。

生涯[編集]

出身はローマ。家系は貴族である。900年1月に先代のヨハネス9世が急死したため、5月(6月ともされる)に新教皇に選出された。この頃、ローマ教会ではフォルモススの統治や名誉をめぐってフォルモスス派と反フォルモスス派に分裂抗争していたが、教皇は前者を支持してフォルモススの名誉回復に努めた。

イタリア王ランベルトが急死して王家で内紛が起こった際には、その調停に努めたが失敗した。903年8月、在位3年2ヶ月にして死去した。

参考文献[編集]