カリストゥス3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリストゥス3世
第209代ローマ教皇
カリストゥス3世
教皇就任 1455年4月8日
教皇離任 1458年8月6日
先代 ニコラウス5世
次代 ピウス2世
個人情報
本名 アルフォンソ・デ・ボルハ
出生 1378年12月31日
バレンシア王国バレンシア王国 バレンシア
死去 1458年8月6日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領 ローマ
その他のカリストゥス

カリストゥス3世(Calixtus III、1378年12月31日 - 1458年8月6日)は、ルネサンス期のローマ教皇(在位:1455年 - 1458年)。スペインボルジア家出身で、本名はアルフォンソ・デ・ボルハ(Alfonso de Borja)。後の教皇アレクサンデル6世は甥に当たる。

レリダの大学で法学を学び、外交官としてアラゴンアルフォンソ5世に仕えた。1429年対立教皇クレメンス8世の退位に功があったとして教皇マルティヌス5世からバレンシア司教に任命、1444年エウゲニウス4世枢機卿に任命された。1455年、ニコラウス5世の没後のコンクラーヴェで選出、カリストゥス3世を名乗った。

治世ではスペイン出身者を周囲に集めたため、ローマ市民を憤慨させたという。また、ニコラウス5世は十字軍に充てるべき費用を教会の修復や芸術、文芸に費やしたとして非難したといい、十字軍結成に力を尽くしたが戦果を挙げられずに終わった。ジャンヌ・ダルクの裁判判決を覆す一方でネポティズムも行い、ロドリーゴ・ボルジア(後のアレクサンデル6世)を枢機卿に登用した。既に高齢、病気がちで即位後3年で逝去した。

参考文献[編集]