エウゲニウス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウゲニウス4世
第207代 ローマ教皇
エウゲニウス4世
教皇就任 1431年3月3日
教皇離任 1447年2月23日
先代 マルティヌス5世
次代 ニコラウス5世
個人情報
本名 Gabriele Condulmer
出生 1383年
ヴェネツィア共和国 ヴェネツィア
死去 1447年2月23日
教皇領 ローマ
その他のエウゲニウス (曖昧さ回避)

エウゲニウス4世(Eugenius IV, 1383年 - 1447年2月23日)はバーゼル公会議の際のローマ教皇である(在位:1431年 - 1447年)。

ヴェネツィアの裕福な商人の家に生まれる。本名はガブリエッロ・コンドゥルマーロ。教皇グレゴリウス12世は叔父、パウルス2世は甥に当たる。

コロンナ家(前教皇マルティヌス5世の一族)と対立してローマを追われ(1434年)、フィレンツェ等に移るが、1443年ローマに帰還する。ローマ大学(サピエンツァ)の再建(1431年)、ラテラノ宮殿の改修や城壁、橋の修復などローマの都市復興にも努めた。

1431年、スイスのバーゼルで公会議が開催される(前教皇の際に決まっていたもの。教皇は出席せず代理を派遣?)。ここでは教皇側と公会議主義者の主張が対立したが、折りしも東方教会との合同会議の機運が起こり、1437年、エウゲニウスはイタリアのフェラーラへ公会議を移す。これに反対する公会議主義者らはフランス・ドイツの支持を受け、バーゼルに留まり、1439年サヴォイア公アメデーオ8世を教皇に選出した(対立教皇フェリクス5世。1449年公会議解散により廃位)。

フェラーラにコンスタンチノープル、アレクサンドリア、エルサレムなど正教会側も集まったが、疫病の流行などがあり、1439年にメディチ家当主コジモ・イル・ヴェッキオの支援を受け、公会議をフィレンツェに移した。ここで合同の公会議が行われ、東西教会の合同、教皇首位説が決議され1445年に閉会した(フィレンツェ公会議)。

ただし、メディチ家がスフォルツァ家と結んだことで、激怒した教皇は1443年以降、教皇庁でのメディチ家の特権を取り消したという。

執筆の途中です この項目「エウゲニウス4世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。