ヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネ・パウロ1世
第263代ローマ教皇
Pope Ioannes Paulus I, 1968.jpg
教皇就任 1978年8月26日
教皇離任 1978年9月28日
先代 パウロ6世
次代 ヨハネ・パウロ2世
司祭叙階 1935年7月7日
司教叙階 1958年
個人情報
本名 アルビーノ・ルチャーニ
Albino Luciani
出生 1912年10月17日
イタリア王国の旗 イタリア王国ベッルーノ県
カナーレ・ダーゴルド
死去 1978年9月28日(満65歳没)
バチカンの旗 バチカン
埋葬地 サン・ピエトロ大聖堂
原国籍 イタリアの旗 イタリア
なし
なし
その他のヨハネ・パウロ

ヨハネ・パウロ1世: Ioannes Paulus PP. I: Giovanni Paolo I1912年10月17日 - 1978年9月28日)はローマ教皇(在位: 1978年8月26日 - 1978年9月28日)、カトリック教会司祭。教皇名として初めて「ヨハネ・パウロ」という複合名を採用。宗教事業協会の改革を表明した一方、在位わずか33日の急逝には暗殺説が根強い。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

アルビーノ・ルチャーニはイタリアヴェネツィアから北へ約120kmのベッルーノ県カナーレ・ダーゴルドで、長男として生まれた。彼には2人の弟と1人の妹がいた。敬虔な信者であった母親の深い感化を受けて育ち、幼少の頃より司祭になる事を決心していた。父親は季節労働者のために自宅にいる日は殆どなかった。その後父親は定職を得たものの、非常に貧しい家庭であった。 

聖職者[編集]

1923年にフェルトレの神学校に入ったが、後にベッルーノ教区の神学校に移って学んだ。このころにはイエズス会に入会しようとするが、神学校のジョスエ・カタロッシ (Giosuè Cattarossi) 司教には、入会を認められなかった。1935年7月7日にベッルーノの聖ピエトロ教会で司祭に叙階された。

ヴィットリオ・ヴェネト司教時代(1964年)
ヴェネツィア総大司教時代(1973年)

ベッルーノ教区神学校の教授などをへて1958年ヨハネ23世によってヴィットリオ・ヴェネトの司教に任命された。司教に任命された後もサンマルチノにある粗末な古城に住み、質素な生活を続けた。なお、この司教時代におこなわれた第2バチカン公会議には、全会期を通じて参加した。

総大司教[編集]

1970年ヴェネツィア総大司教に任命され、同地域の貧困層や障害者の救済、さらに発展途上国への支援に尽力した。なお、「聖職者にならなければジャーナリストになっていた」とよく周辺に話しており、実際にこの頃から新聞雑誌への投稿を数多く行うなど、積極的に言論活動を行っていた。

そうした中でも清貧の精神を常に失わず、総大司教に任命された時には信者達からの100万リラの寄贈金があったが、「私がこの地に来た時はポケットに5リラしかありませんでした。ですから去る時も5リラしか持ちません」と語り、全額を寄付した。

カトーリカ・デル・ベーネト銀行[編集]

1972年に、ルチャーニが総大司教を務めていたヴェネツィアで聖職者や低所得者層への低金利融資を行っていたカトーリカ・デル・ベーネト銀行が、バチカンの運営資金調達や資金管理などの財政を取り仕切るバチカン銀行(正式名称は「宗教事業協会」、Istituto per le Opere di Religioni/IOR)の総裁で、マフィアロッジP2などの秘密組織と深い関係を持っていたアメリカ生まれのポール・マルチンクス大司教と、バチカン銀行の主力取引行であるアンブロシアーノ銀行ロベルト・カルヴィ頭取の、脱税株式の不法売買のために秘密裏に売却された。

これに対してルチャーニ総大司教はバチカンに抗議をしたものの、マルチンクス大司教がパウロ6世から直々にバチカン銀行総裁に任命されていたことから、パウロ6世へ累が及ばないように巧みに抗議を行ったことなどがパウロ6世に感銘を与え、パウロ6世からの信頼を勝ち取った。この事も影響し翌年の1973年には枢機卿に選ばれた。


教皇[編集]

「ヨハネ・パウロ1世」[編集]

ヨハネ・パウロ1世の紋章

1978年にパウロ6世の死去を受けて行われたコンクラーヴェにおいて、「本命」と目されていたジュゼッペ・シーリ枢機卿やブラジル出身のアロイージ・ロシャイデル枢機卿を退け、1日目の3回の投票でアルビーノ・ルチャーニ枢機卿が新教皇に選ばれた。

教皇名は「ヨハネ・パウロ」となり、複合名を初めて採用した教皇となった(これはヨハネ23世とパウロ6世前教皇の改革路線を継承するという意志の表れとも言われる)。また通常初めての名前には2世が表れるまで「1世」と付けないのが通例であったが、就任当初から「ヨハネ・パウロ1世」を自ら名乗っている。これには「ヨハネとパウロという法王名を組み合わせた初めての例だから」「(バチカンの)刷新の思いを込めた」などの説がある[1]

改革[編集]

ヨハネ・パウロ1世は様々な意味で型破りな教皇であった。複合名を初めて採用したことを皮切りに、虚飾的な事柄に対して非常に改革的に臨み、例えば、教皇演説の中で、これまでの教皇が伝統的に自らを「」と呼んでいたのを初めて「私」に変えた他、豪華な教皇戴冠式教皇冠も拒否した。教皇用の輿の使用も拒否したが、これは周囲の圧力で使わざるを得なかった。

さらに、難解な宗教用語やラテン語を多用していた表現を、ジュール・ヴェルヌピノキオなどを引用した、一般人にも理解しやすい平坦な表現へと改めたが、「威厳を損なう」などとして保守派からは反感を買うこととなった。

また、中南米アフリカ諸国の聖職者をバチカンの要職につけた他、中南米やアフリカ諸国の貧困や独裁体制下で苦悩する民衆への同情を示し、アルゼンチンで行われていた「汚い戦争」を進めていたホルヘ・ラファエル・ビデラ大統領(上記の「ロッジP2」は同大統領を支援していた」)が戴冠式に訪れた際には、直接的な表現でアルゼンチンの現状を非難した。

しかし教義は保守的であり、論議を呼んだ回勅フマーネ・ヴィテ』の立場を支持していたと言われている。教皇としてまず第2バチカン公会議の決議事項の実施促進を指示した。ただし、教皇就任以前にイタリアの貧しい労働者の生活の実態を知っていただけに、人工受胎調節(避妊)に関しては一定の理解を示し、『フマーネ・ヴィテ』には失望したという説もある。

避妊の解放[編集]

ヨハネ・パウロ1世は、避妊についての禁令を解くつもりでもあった。9月23日日曜日、ローマ司教の職権によりサン・ピエトロ大聖堂を受け継いだヨハネ・パウロ1世は、共産主義の市長と握手を交わし、ミサの後、教会の真の宝である貧しい人々のためには尽力するが、悪人に対しては教皇の教権を憚ることなく行使すると宣言した。

アメリカの幾つかのプロテスタント教会とは既に接触を持っていた。教皇に選出される直前、アメリカ議会代表団を歓迎し、避妊について女性の排卵期について語った後「どうして妊娠しない期間を、24日から28日にすると罪になるのか、私には理解できません」と述べた。そして、パウロ6世による旧来の産児制限反対を再確認する回勅『人間の生命について〔フマナエ・ウィタエ〕』は誤りだったと口にしていた。

「神からの贈り物である子供が出来ないようにする行為は罪である」とするそれまでの主流派に反して、「本当に子供を望んでいる女性のみが妊娠すべきである」との避妊擁護の考えを持っていた。[2]

バチカン銀行の改革[編集]

就任後間もなくバチカン銀行の不透明な財政についての改革を表明し、実際に、かつてカトーリカ・デル・ベーネト銀行の売却で暗闘し、その後も「ロッジP2」のリーチオ・ジェッリ代表を含むメンバーや、マフィアなどと深い関係を持ち汚職を続けていただけでなく、贋造公債の発注がFBIの捜査対象になるなど、その言動が国際的にも問題視されていたマルチンクス総裁の更迭を決めていた。

また、マルチンクス総裁以外にも、ジャン=マリー・ヴィヨ国務長官をはじめとするバチカン銀行の汚職に関係するバチカン内部の関係者の更迭を死去直前に決定し、その更迭者リストの内容をめぐって様々な噂が流れていた。

急逝[編集]

教皇在位33日[編集]

上記のような改革を表明したことが、多くのバチカン内の改革派と信者からの支持と喝采(そして対象者とその利害関係者からの抵抗と非難)を受けたにも関わらず、ヨハネ・パウロ1世は、教皇在位わずか33日目の1978年9月28日の午前4時45分にバチカン内の自室で遺体となって発見された。わずか33日の教皇在位は、20世紀に入ってから最短の在位記録となった。

「証拠隠滅」[編集]

通常通りの起床時間になっても起きて来ないことを不審に思った修道女によって発見された直後に、個人秘書であるマギー神父に連絡が行き、さらに午前5時にはヴィヨ国務長官に連絡が行ったものの、ヴィヨ国務長官はすぐに専属医師団を呼ばず、自らの側近に連絡した後にようやく医師団次席であるレナート・ブゾネッティ医師に連絡を行った。

その後午前6時過ぎに駆けつけたブゾネッティ医師による検死が行われたものの、遺体解剖が行われていないにもかかわらず、ブゾネッティ医師は「死亡推定時刻は27日の午後11時ころで、死因は急性心筋梗塞である」と断定し、午前7時27分にバチカン放送による逝去の発表がされた際にはこの検死内容がそのまま発表された。なおこの際には、なぜか(聖職者の私室に修道女ではあっても女性が入ってはいけないという理由で)遺体の発見者が個人秘書のマギー神父であると偽って発表され、さらに遺体発見時刻も「午前5時30分」と偽って発表された。

さらに死去後に、ヨハネ・パウロ1世の遺体発見時にベッド周辺に置かれていた眼鏡とスリッパ、就寝前に手元にあったヴィヨ国務長官やマルチンクス大司教などのバチカン銀行関係者の更迭を含むバチカンの人事異動者リスト、通常は常時用意されている遺言状が、前日ヨハネ・パウロ1世より更迭が言い渡されたヴィヨ国務長官により持ち去られており、その後行方不明になった。

またヨハネ・パウロ1世の遺体が発見されてから15分と経たず、医師団への連絡も行われていない午前5時前には、早くもバチカン御用達の葬儀社であるシニョラッティ社に連絡が行った上に、遺体解剖も行われず、明確な死因もわからないうちから防腐処理が行われたことなど、バチカンによる「証拠隠滅」や「情報操作」と思われる行為が矢継ぎ早に行われたことが、信者やイタリア政界関係者、マスコミだけでなく、バチカン内部関係者からも大きな疑惑を呼んだ。

イタリアの有力紙である「コリエーレ・デラ・セラ」は、遺体解剖がすぐに行われなかったことを10月1日の紙面で大々的に批判した(なお、遺体解剖は防腐処理の終了後に秘密裏に行われた)。

「謀殺説」[編集]

ヨハネ・パウロ1世の棺

この様に、死後間もなく不可解な証拠隠滅や情報操作が行われた上に、ヨハネ・パウロ1世によるバチカン銀行の改革と自らの追放を恐れていたマルチンクス大司教が、普段は早朝に起床することがないにも関わらず、なぜか当日午前6時45分に教皇の寝室近辺にいたこともあり、ヴィヨ国務長官やマルチンクス大司教、そしてマルチンクス大司教と関係の深かった「ロッジP2」のジェッリ代表、さらにこの2人と関係の深いアンブロシアーノ銀行のカルヴィ頭取らによる謀殺説が囁かれることになった。

このほかにもこれらの人物と近い関係にあったマフィアによる暗殺説もあり、マフィアとバチカン、イタリア政界の関係を扱った1989年公開のアメリカ映画ゴッドファーザーPARTIII」のプロットは、この教皇の謀殺説をもとにしている。

また、2006年に発表され世界的ベストセラーとなったポルトガル人作家ルイス・ミゲル・ローシャによるミステリ小説「P2」(新潮社刊・原題 ’’O Ultimo Papa’’ )は、この教皇謀殺と秘密結社「ロッジP2」との関連をテーマにしたものである。

葬儀[編集]

葬儀ミサは同年10月4日に執り行われた。「微笑みの教皇」といわれ、飾らない態度と柔和と謙遜、率直な姿勢が人々の信頼と期待を生み、さらにバチカン銀行の改革を表明していたこともあり、多くの信者からその死去を悲しむ声が聞かれた。

ヨハネ・パウロ2世[編集]

1978年10月に行われたコンクラーヴェで、次の教皇に選ばれたカロル・ヴォイティワは、「ヨハネ・パウロ1世の姿勢を継承する」という意味をこめて「ヨハネ・パウロ2世」を名乗ることになる。

しかし、ポーランド出身のヨハネ・パウロ2世はバチカンの事情に疎く、冷戦下において東側諸国に組み込まれた故郷のポーランドの民主化をはじめとする反共産主義活動に力を注ぎ、教義の面では保守的であったため、ヨハネ・パウロ1世が推し進めようとしたバチカン内の様々な改革は後退する結果となったとする見方もある。

その後のバチカン銀行[編集]

ヨハネ・パウロ1世の死去により改革が行われないままとなったバチカン銀行は、その後も主要取引銀行を介して度々マネーロンダリングなどの違法な取引にかかわったと指摘されている。

2代後のベネディクト16世時代には、2009年11月と2010年9月の2度に渡り、バチカン銀行とエットーレ・ゴティテデスキ総裁が主要取引行の1つのクレディット・アルティジャーノ銀行を介したマネーロンダリングを行ったとの報告を受けたイタリアの司法当局が捜査を行い、捜査の過程で2300万ユーロの資産が押収されている[3]

出典[編集]

  1. ^ 石田博士 (2013年3月24日). “バチカン「1世つけません」 新法王は「フランシスコ」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/international/update/0324/TKY201303240152.html 2013年3月25日閲覧。 
  2. ^ 『キリスト教と聖書の陰謀』〔原題: THE FIRST CHRISTIANS〕
  3. ^ バチカン銀行の資金押収 「闇」の解明なるか”. MSN産経ニュース (2010年9月22日). 2011年1月10日閲覧。
ヨハネ・パウロ1世財団(Fondazione Papa Luciani Jiovanni Paolo Ⅰ)Website

参考文献[編集]

  • Yallop, David. A. 1984. In God's Name.
デイヴィッド・ヤロップ 『法王暗殺』 (徳岡孝夫訳、文藝春秋、1985年)
  • "THE FIRST CHRISTIANS" , Maurice Chatelain
モーリス・シャトラン『キリスト教と聖書の陰謀』 (南山宏訳、日本文芸社、1994年)

関連項目[編集]