ホノリウス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホノリウス4世
第190代 ローマ教皇
PopeOnorioIV.jpg
教皇就任 1285年4月2日
教皇離任 1287年4月3日
先代 マルティヌス4世
次代 ニコラウス4世
個人情報
本名 Giacomo Savelli
出生 1210年
イタリアの旗 イタリア ローマ
死去 1287年4月3日
イタリアの旗 イタリア ローマ
その他のホノリウス (曖昧さ回避)

ホノリウス4世(Honorius IV,1210年 - 1287年4月3日)はローマ教皇(在位:1285年 - 1287年)。本名はジャコモ・サヴェッリ(Giacomo Savelli)。

ローマ貴族サヴェッリ家の出身で、聖職とは縁が無かった。2人の息子がおり、1人はウルビーノ市長に就任(1279年没)、もう1人はローマ上院議員になっている(1306年没)。

聖職者への道を進むのは妻の死後であり、パリ大学で学び、シャロン=アン=シャンパーニュ司教座聖堂参事会員に就任、イングランドノリッチ教区を割り当てられたが、任地へ赴く事はなかった。ここまでの経過はクレメンス4世と似通っている(彼も最初は俗人だった)。

1261年ウルバヌス4世から助祭枢機卿に任命、クレメンス4世死後のコンクラーヴェグレゴリウス10世を選任した6人の枢機卿の1人である。ハドリアヌス5世の治世ではドイツ王ルドルフ1世神聖ローマ皇帝戴冠式の日取りの折衝を執り行ったが、ハドリアヌス5世が急死、決定されないままに終わった。ニコラウス3世マルティヌス4世の戴冠式で教皇冠を与える役目を負っていた。

マルティヌス4世が1285年3月28日にペルージャで没するとコンクラーヴェが開かれたが、僅か5日の4月2日でジャコモが教皇ホノリウス4世に選出された。しかし、彼は老齢で痛風に侵されていた為、殆ど立ち上がれなくなっていた。

マルティヌス4世はナポリシャルル・ダンジューの傀儡で彼の意に沿う政策しか実施しなかったが、ホノリウス4世も同じくアンジュー=シチリア家寄りの態度をとり、シチリア王位も兼ねたアラゴン王家のバルセロナ家と対立した。シチリアの晩祷事件でシャルルはシチリアを失い、アラゴン王ペドロ3世に奪われたが、奪回の為にマルティヌス4世と甥のフランスフィリップ3世を巻き込んでまでペドロ3世と戦ったが、シチリアを奪還できないまま1285年1月に没した。

彼を支援したマルティヌス4世、フィリップ3世も同年3月と10月に死去、ペドロ3世も11月に死去してアラゴンは長男のアルフォンソ3世が、シチリアは次男のハイメが相続、1284年にアラゴン側に捕らえられたカルロ2世がシチリアの完全放棄を条件に釈放されたが、ホノリウス4世はこれを認めずハイメを破門、バルセロナ家との関係は悪化したままであった。

イングランドエドワード1世の尽力でアルフォンソ3世との和平交渉が始まったが、結論の出ないままホノリウス4世が死去、最終的にシチリア問題に決着が着くのはバルセロナ家とアンジュー家が姻戚関係を結ぶ1290年代になる。

他には、パリ大学に援助を行った事と、1285年イルハン朝の第4代ハンアルグンの書簡がローマに届けられた事が知られている。内容は共同でイスラム教徒打倒を提案したものだったが、ホノリウス4世は成す所のないまま死去、この課題は次のニコラウス4世に託される事になる。

執筆の途中です この項目「ホノリウス4世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。