シャロン=アン=シャンパーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Châlons-en-Champagne
Blason Chalons-en-Champagne.svg
Cathédrale de Châlons en Champagne.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏
(département) マルヌ県
(arrondissement) シャロン=アン=シャンパーニュ郡
小郡 (canton) 4
INSEEコード 51108
郵便番号 51000
市長任期 ブリュノ・ブール=ブロ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市: 46.184人
2006年
人口密度 1 742人/km²
地理
座標 北緯48度57分27秒 東経4度21分54秒 / 北緯48.9575度 東経4.365度 / 48.9575; 4.365座標: 北緯48度57分27秒 東経4度21分54秒 / 北緯48.9575度 東経4.365度 / 48.9575; 4.365
標高 平均:83m
最低:79 m
最高:153m
面積 市: 26,05km² (2 605ha)
Châlons-en-Champagneの位置(フランス内)
Châlons-en-Champagne
Châlons-en-Champagne
テンプレートを表示

シャロン=アン=シャンパーニュ(仏:Châlons-en-Champagne)は、フランスの北部に位置する都市で、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏首府マルヌ県県庁所在地である。1998年に、シャロン=シュル=マルヌChâlons-sur-Marne)から現名称に変更した。

概要[編集]

面積は26.05km²、人口は2006年時点で46.184人である。近隣市を併せた人口は約60,000人、都市圏としての人口は約79,000人。

歴史[編集]

古代ローマ時代は「カタラウヌム」(仏:Catalauniques)と呼ばれ、「カタラウヌムの戦い」として史実上有名な戦いが274年ローマ帝国ガリア帝国)及び451年西ローマ帝国フン族)の2度行われた。市内にある「ノートル=ダム=アン=ヴォー教会」(Notre-Dame-en-Vaux)は世界遺産にも登録されている。

姉妹都市・提携都市[編集]

市内にあるノートル=ダム=アン=ヴォー教会

外部リンク[編集]