カタラウヌムの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタラウヌムの戦い
Attila and Chalons 4 w path Deutsch.svg
カタラウヌムの戦いでのフン族(緑)と西欧諸民族連合軍(赤)の進路
戦争
年月日451年6月20日
場所シャロン=アン=シャンパーニュ
結果:戦術的引き分け。フン族の撤退。
交戦勢力
西ローマ帝国
西ゴート族
フランク族
ブルグンド族
サクソン族
フン族
東ゴート族
ルギイ族英語版
スキリア族
トゥリンギ族
アレマンニ族
ゲピド族
バスタルナエ族
ヘルリ族
指揮官
テオドリック1世
アエティウス
メロウェク
ゴンディオク
サンギバン
アッティラ
ウァラミル
アルドリク
戦力
不明 不明
損害
不明 不明

カタラウヌムの戦い(カタラウヌムのたたかい、フランス語読みでシャロンの戦いとも、: Battle of Chalons)は、ゲルマン民族の大移動の時代に、フン族と西欧諸民族連合軍の間で行われた会戦である。両軍合せ約5万名が参戦し、うち1万名が戦死するという大激戦となった。

概要[編集]

451年アッティラの率いるフン族はライン川を渡り、ガリアに侵攻し、オルレアンを包囲した。西ローマ帝国の将軍アエティウスゲルマン諸族の軍と共にこれを討ちカタラウヌムの野(今の北フランスシャロン=アン=シャンパーニュ付近)で決戦した。激戦の末、アッティラは大打撃を受けて本拠のハンガリー平原に退き、西欧はフン族の征服を免れることができたが、フン族の勢力は維持された。

ローマ軍側も追撃不可能なほどの被害を受けたことで、西ローマの勢力は弱まり、ガリアへのフランク族の侵入が始まることとなった。

この決戦は世界史上の東西両民族の大衝突の一つとしても名高い。

参戦民族[編集]

名言[編集]

  • 「我は第一の投槍を投ずるであろう。我に続くことを拒むものはただ死あるのみ」(アッティラが味方を鼓舞する際に言った言葉)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]