ゲルマン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1世紀のゲルマニアスエビ人(おそらくケルト系が主)やヴァンダル人(おそらくスラヴ系が主)など、母語ゲルマン語派の言語かどうかが怪しまれている民族も含まれている。

ゲルマン人(ゲルマンじん、Germanic peoples)は、現在のドイツ北部・デンマークスカンジナビア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派その他に属する言語を話していたと推定される諸部族(≠民族)の事を指す。

概要[編集]

ゲルマン人は古代時代にはローマ帝国を脅かす蛮族として活動し、中世にはローマ人(ラテン人)・キリスト教文化との混合によって中世ヨーロッパ世界を形成した。現代においては、ドイツオーストリアスイスルクセンブルクオランダスウェーデンノルウェーデンマーク等に住む人々、イングランドアングロ・サクソン人ベルギーフランデレン人、フランスアルザス人、イタリアの南ティロル人がこの集団の系譜を引いているが、何れの勢力も長い歴史の中で複数の部族間の離合集散や異民族との混血を繰り返しており、古代のゲルマン人とは同質ではない(これはほかの民族も同様)。また、フランスはその国名がフランク王国に由来するように、少なくとも支配層の流れはゲルマン系であるが、ラテン、ケルトと完全に混成化しており、ゲルマン人国家と呼ばれることはまずない。

ゲルマン人という用語を広めたのはユリウス・カエサルであると考えられているが、カエサルはこの言葉を「ゲルマニアに居住する非ケルト系の民族」「ガリア北東部に住む系統不明の民族集団」という二つの定義で用いた。後者の定義による集団は今日でもケルトかゲルマンか、さらにはスラヴか判然とせず、また前者の定義はゲルマニアにはゲルマン系だけでなく、ケルト系やスラヴ系の民族も存在していた事を示している。このような複雑な経緯から、ゲルマニアに住んでいた諸民族の系統については現在も考古学の分野で議論が続けられている。

因みに今日的な狭義としてドイツ人(オーストリア人、ドイツ語圏スイス人をふくめる)の意で用いることも多い。ゲルマン人の一分派であるイングランド人が英語でドイツをGermanyと呼ぶのはこの狭義解釈に基づいているが、前述の通り必ずしも実態に見合っている訳ではない。

定義[編集]

Y染色体ハプログループI1aの分布図。北欧イギリスバルト海沿岸部に広がっており、西欧では北部ドイツフランス大西洋沿岸部より南にはあまり存在しない事が分かる。北方人種という区分が学術的に存在した20世紀半ばまでの時代にその北方人種の故地とされていた。

「ゲルマン民族」という幻想[編集]

元来はローマ帝国によるゲルマニア地方に居住する諸部族に対する他称である。彼ら自身は、同じコーカソイド人種に属し、用いる言葉(ゲルマン語派)や文化面において一定の共通性が存在したものの、同時代のスラヴ人ケルト人と同様ゲルマン人としての同族意識を持つ民族共同体を形成していたわけではない。後述する通りアングロ・サクソン人ゴート人という部族名こそがいわゆる民族名であり、ゲルマン人というのはそれらゲルマニア地方出身の諸民族を総称する際に用いられた用語に過ぎなかった。

しかしナチス時代にドイツ古代の時点で「ゲルマン民族」という統一された民族共同体が存在していたという説が盛んに宣伝されるようになりナチスの人種政策の根幹を成した。詳細はアーリアン学説ドイツナショナリズムを参照のこと。

なお、異なる複数の民族を同じ民族のようにみなして総称する事は、ケルト人アメリカ先住民など、類例は数多くある。

アーリアン学説[編集]

元々は言語面の類似性による区分けに過ぎなかったインド・ヨーロッパ語族を、ドイツ人学者のマックス・ミュラーが同属意識を持つ民族共同体であると主張した事に始る。ミュラーは己の考えるその民族に、インド・ヨーロッパ語族の一派でイラン高原とインド亜大陸に侵入し、諸文明を築いたとされる集団の自称「アーリア」(「高貴な者」の意)の名を冠してアーリア人と名付けた。

上述のドイツナショナリズム勃興期の指導者達は自民族の優等性を主張する一環として、インド・ヨーロッパ語族に属する諸民族の中で最も優秀なゲルマン民族こそがアーリア人であり、従ってゲルマン人の正統な末裔たる自分達こそが名乗るにふさわしい民族名であると唱えた。こうした「ゲルマン人=アーリア人」的思想の影響を受けた者はゲルマン人をアーリア人と呼称したが、それを客観的に証明する根拠は乏しく、またアーリアン学説そのものの信憑性を疑われている今日では殆ど死に絶えた概念と言える。

生物学的要素[編集]

「ゲルマン系」ないし「ゲルマン人」とは民族的な概念であるため、直接的に生物学的な特徴は関連しない。しかしながらナチスドイツの政策などの例があるように人種と民族はしばしば混同され(また実際には人種という概念も幾分か宗教などの文化的偏見を含んでいる)、ゲルマン人の場合は所謂「北方人種白人」と結び付けられる。しかし「ゲルマニア」と呼ばれた土地のうち、中部・南部ドイツはむしろアルプス人種東ヨーロッパ人種などの影響が指摘されていて、遺伝子的にも北欧よりイタリアフランススペインなど南欧との親和性が強い。反面、北部ドイツの住人は北欧人と近く、特にバルト海に面する地域は極めて近似しているが、内陸部ではやはり東ヨーロッパとの近隣性は無視できない。

ドイツアドルフ・ヒトラーはこうしたドイツ居住者の人種的な差を東欧からの移民や、東欧への植民(東方十字軍)によって形成されたプロイセン帝国によるドイツ統一など、スラブ系諸民族への敵愾心(当然ながらスラブ系と東ヨーロッパ人種などとの因果関係も余り存在しない)と結びつけていた。彼は自著で度々三十年戦争による人口激減によってスラブ系移民が入り込み、それでゲルマン・北方系の血筋が穢れたという主旨の発言をしているが、当時から多数いたポーランド系ドイツ人の排斥政策などは全く行わず、むしろ「ドイツ民族の血統を改良する」事を目的に「北方人種」的な容姿の(ノルウェー人、デンマーク人,ポーランド人などの)他国人を次々とドイツ領内に移住させ、ドイツ人との結婚を奨励するという政策を行っていた。民族主義の観点からいえばむしろ侮蔑的な行為であるが、人種と民族を同一視していたナチスにとっては正統な理屈であった。

歴史[編集]

ドイツの歴史
Coat of arms featuring a large black eagle with wings spread and beak open. The eagle is black, with red talons and beak, and is over a gold background.
この記事はシリーズの一部です。
ゲルマン
ゲルマン人
民族移動時代
フランク王国
東フランク王国
神聖ローマ帝国
東方植民
ドイツの形成
チュートン騎士団
プロシア公領
ブランデンブルク=プロイセン
プロイセン王国
ドイツ統一
ライン同盟
ドイツ連邦関税同盟
1848年革命
北ドイツ連邦
ドイツ国
帝政ドイツドイツ帝国
ヴァイマル共和政
ザールダンツィヒズデーテン
ナチス・ドイツ
フレンスブルク政府
第二次世界大戦後
連合国軍政期 + 東部領土
ドイツ人追放
西ドイツザール東ドイツ
ドイツ再統一
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
 v • d • e 

その存在は古くは古代ローマ時代のガリア戦記ゲルマニアに著されている。ゲルマン人は傭兵や同盟兵としてラテン人古代ローマと関係を持ったが、ケルト人とは違い一定の距離を保ちローマと同化しなかったとされる。古代末期にローマが衰退するとゲルマン人達は大移動を繰り返し欧州各地に進出、現在のゲルマン系民族の伝播に寄与し、中世ヨーロッパ世界の形成に影響を与えた。

年表[編集]

ゲルマン部族の一覧[編集]

ゲルマン語派として分類される語派は東ゲルマン、北ゲルマン、西ゲルマンの三つに分類される。東ゲルマン語はすでに死滅している。→ ゲルマン語派参照。しかしこうした分類は近年の事であり、昔は全く異なる分類がなされている。

古代ギリシャ時代にはゲルマンという概念はそもそも存在せず、スキタイ諸族とケルト諸族に大別されていた。後のローマ時代には概ねオーデル・ヴィストゥラ諸族、ライン諸族、エルベ諸族、ジュトランド・デニッシュ諸族の四つに分類された。オーデル・ヴィストゥラ諸族は今日、東方ゲルマンと呼ばれるグループに相当し、タキトゥスによると、ここにはゲルマ―ニア人の言語と似ているが果たしてローマ人の知るゲルマ―ニア人と同種の言語として分類すべきか迷う部族もかなりいることを記しており、現代で言うところのスラヴ語派の古い言語を話していたと推定される部族がいたことを暗示している。残りの三族が西方ゲルマンと呼ばれるもので、移住せずにスカンジナビアに残った人々を北方ゲルマンとしている。またタキトゥスはバルト海沿岸部の諸民族が共通した文化を持つスエビ諸族であると主張したが、タキトゥスは「スエビ」が具体的にどのような共通文化を持つのか明言しておらず、実際に文化の連続性があったのか疑問が持たれている。歴史学者のアーサー・ポメロイは「(タキトゥスが)スエビとした複数の集団には全く共通性がない訳ではないが、それ以上に文化や言語で明確に異なる部分がある」と指摘しており、現代の歴史学および考古学ではバルト海沿岸部の住人は複数の民族に分かれるとする見解が一般的である。

古代から中世への過渡期には多数の蛮族がそれまで未開とされていた地域からローマへと侵入を開始した為、ローマ側の混乱や蛮族側の離合集散の中で一層に分類は乱れた。今日では明確にインド・イラン語派の集団と判明しているアラン人サルマタイ人の一部)がゲルマン人とされていた事がこれを物語っている。

東方ゲルマン[編集]

西方ゲルマン[編集]

北海[編集]

バルト海[編集]

エルベ川[編集]

ヴェーザー川・ライン川[編集]

フランク人の中核となり、一部はザクセン人に吸収された。

北方ゲルマン[編集]

ヴァイキングとして各地に進出した。

南方ゲルマン[編集]

  • 仮に定義されている概念。 en:South Germanicによれば、北方ゲルマンの対立概念とされている。最も広義には北方ゲルマンを除くすべてである。しかしながら、西方ゲルマンのうち「北海ゲルマン」とされるアングロ・サクソン人やフリース人は起源が北方ゲルマンに近いものとされ、除外されることが多い。東方ゲルマンも一般には含まない。英語版のゲルマン諸語の分岐を示す図の載ったページでは東方ゲルマンを南方ゲルマンに含め、アングロ・フリジア語を南北いずれにも属さない独立の分枝としていたが、最近の修正では東方ゲルマンは除外されている。一方上記南方ゲルマンのページでは東方ゲルマンを北方ゲルマンに含める案が記載されている。
    • また、大陸で膨張した後の低地サクソン人(フランク人と近縁なウェーザー・ライン系諸小部族の要素が濃い)も含めるかどうか微妙なところがある。故に、狭義では種族史的な観点からフランク人と、南下したエルベ系諸族(アレマン、バイエルン、イタリアへ向ったランゴバルドなど)を含むが、言語分類の見地からはさらに狭く、高地ドイツ語地域に限定する場合が多い。

系統不明[編集]

  • スエビ人タキトゥスが存在を主張した集団。上述の通り、今日では適当な分類法ではないと考えられる(カッシウス・ディオは古くはケルト人であったと主張している)。
  • ロンバルド人(ランゴバルド人) ※ランゴバルド史では、今日のデンマークの北方、スカンディナヴィア半島から移住して来たと記されている。
  • ユート人(ジュート人) ※現在のデンマークからイギリスに移動し、アングロサクソン人と同化した。英国人とユダヤ人を同祖とみなす空想的な人々は、このユート人を、イスラエルの失われた10支族の末裔と考えた。スキタイ系との説もある。
    • アングロサクソン人に近縁として西方ゲルマンに含める場合が多いが、既にスウェーデン方面から来住していたデーン系に圧迫される過程で混血もみられたと考えられる。
  • フランク人 西方ゲルマンに分類されるが、厳密には民族ではない。
    • ウェーザー・ラインゲルマンの諸部族を主体とし、アングロサクソン近縁の北海ゲルマンなど他のゲルマン諸族、ラテン系ケルト系の在来住民、スキタイ人やアラン人サルマタイ)など様々な種族が参加した一種の連合政権であった。
    • 現在の大陸ゲルマン語(ドイツ語・オランダ語)の「フランク」諸方言も基本的にウェーザー・ラインゲルマン系ではあるが、低地方言(オランダ語)には北海ゲルマンの、高地方言(バイエルン州北部など)にはエルベゲルマンの要素が見られる。

歴史言語学で明らかになっていることであるが、ゲルマン祖語の成立(グリムの法則の普及時期)は古くとも紀元前5世紀以降で、ヤストルフ文化時代(紀元前7世紀~紀元前1世紀)のうちのヤストルフ期(紀元前7世紀~紀元前4世紀)の晩期あるいはリプドルフ期(前4世紀~前150ごろ)の初期と考えられ、他のヨーロッパ諸言語の成立時期と比較するとかなり浅い。すなわちゲルマン語派の集団がローマ人と接触を始めた時代ではその語派の成立からほんの数世紀しか経っていない。そのためキンブリ・テウトニ戦争からマルコマンニ戦争の時代のゲルマン語派の諸部族は未だ主にゲルマ―ニア西北部一帯の狭い地域に留まっていたと考えられる。

関連項目[編集]

参考文献 [編集]