ゲルマニア・インフェリオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲルマニア・インフェリオル属州の位置(120年頃のローマ帝国)

ゲルマニア・インフェリオルラテン語: Germania Inferior)とはローマ帝国属州のひとつである。日本語では低地ゲルマニア下ゲルマニア遠ゲルマニアなどと訳される。南にガリア・ベルギカ、南東にゲルマニア・スペリオル(高地ゲルマニア、上ゲルマニア、近ゲルマニア)の各属州に面していた。

ライン川の左岸に位置し、その領域は、現在のオランダ南部と西部、ベルギールクセンブルクフランスの北東部、およびドイツ西部にあたる。州都はコロニア・アグリッピネンシス(Colonia Agrippinensis)で、現在のケルンにあたる。

歴史[編集]

ローマ軍が初めてこの地方に侵攻したのは、ガイウス・ユリウス・カエサルによるガリア戦争のときである。カエサルの侵攻は紀元前57年に行われ、その後3年間に、エブロネス族やメナピィ族など現地のベルガエ人を制圧した。

ゲルマニア・インフェリオルは、紀元前50年頃はまだガリア・ベルギカの一部であり、この頃からローマ人の植民地が築かれ始めた。90年にゲルマニア・インフェリオルはローマ帝国の属州となり、その後にローマ皇帝が直轄する皇帝属州となった。隣り合うゲルマニア・スペリオル属州と合わせてゲルマニアを構成する。

ゲルマニア・インフェリオルにはいくつかのローマ軍団が駐留し、彼らは EX.GER.INF(Exercitus Germania Inferior)の略称で表された。その中でも、第1軍団ミネルウィア第30軍団ウルピア・ウィクトリクスは長く当地に駐留し続けた。また、ローマ海軍もカストラ・ウェテラ(現:クサンテン)やアグリッピネンシスに駐留し、ライン川や北海沿岸の警備を勤めた。

主な植民都市[編集]

  • コロニア・アグリッピネンシス (Colonia Agrippinensis、州都、現ケルン
  • カストラ・ウェテラ (Castra Vetera、現クサンテン近く)
  • コロニア・ウルピア・トライアナ (Colonia Ulpia Traiana、現クサンテン近く)
  • ウルピア・ノウィオマグス・バタウォルム (Ulpia Noviomagus Batavorum、現ナイメーヘン
  • トライェクトゥム・アド・レヌム (Trajectum ad Rhenum、現ユトレヒト
  • アトゥトゥカ・トゥングロルム (Atuatuca Tungrorum、現トンヘレン
  • トルナクム (Tornacum、現トゥルネー
  • ボナ (Bona、現ボン

参考資料[編集]

  • Jona Lendering, De randen van de aarde. De Romeinen tussen Schelde en Maas, (2000 Amsterdam)

外部リンク[編集]