ブレダ (フン族)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレダとアッティラ。
Tulipán Tamás画

ブレダBledaギリシャ語:Βλήδας[1]またはΒλέδας[2])(390年頃 - 445年頃)は、フン族の共同王の一人。もう一人の王は有名なアッティラである。

生涯[編集]

4世紀ヴォルガ川東方から現れた遊牧民のフン族はアラン族ゴート族を征服して東西ローマ帝国領に侵入した。433年にフン族は西ローマ帝国の将軍アエティウスとの取引によりパンノニア領有を認められた。

ブレダは390年頃にフン族の王族ムンズクの息子として生まれた。434年に伯父のルーア王が死去し、ブレダとアッティラの兄弟がフン族の王となった。

即位当初、ブレダとアッティラは東ローマ帝国と条約を結んで貢納金を倍額とさせフン族からの逃亡者たちを送還させた。その後、数年間は東ローマ帝国との和平が保たれていたが、439年に和平は破れフン族が東ローマ帝国領へ侵入し、イリュリア諸都市を破壊して略奪した。

東ローマ帝国は軍隊をシチリアから呼び寄せて対抗しようとするが、443年にフン族は再び東ローマ帝国領へ侵攻した。フン族は東ローマ帝国軍を撃破してコンスタンティノープルへ迫った。抗う術を失った皇帝テオドシウス2世は多額の貢納金の支払いを認める講和を余儀なくされた。

ブレダの人物像を伝える記録は乏しい[3]。僅かにツェルコというムーア人小人にまつわる逸話が残っている、ブレダはツェルコに道化をさせて楽しみ、彼が逃亡すると激怒して捜させた。ツェルコが捕らえられ逃亡した理由を質すと、彼は「妻を与えてくれないからです」と答えた。ブレダはコンスタンティノープルから侍女を一人寄こさせようと誓ったという[4]

この和平期間中の445年頃にブレダは死去した。雷に打たれたとも[5]、狩猟中の事故で死んだともされるが真相は不明である。一般的には弟のアッティラによって殺されたと信じられている[6][7]。ブレダの死により、彼に従属していた諸部族はアッティラの支配下に入り、アッティラがフン族唯一の王となった。

ブレダの死後、プリスクスら東ローマ帝国の使節がブレダの妻の一人が支配する村に立ち寄り歓待された記録が残っている[8]

小人のツェルコは449年西ローマ帝国の将軍アエティウスへの贈物にされ、アエティウスは彼を元の主人に返している[9]

マジャル人ハンガリー人)は自らをフン族の後継者と信じており、ハンガリー国歌はハンガリー国民を「ムンズク(Bendegúz:ブレダとアッティラの父)の血筋」(Bendegúznak vére)と詠っている。ハンガリーの首都ブダペストブダ地区はブレダ(ハンガリー語でBuda)の名に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ 5世紀の歴史家プリスクスen)による
  2. ^ 6世紀の歴史家プロコピオスによる
  3. ^ 「図説 蛮族の歴史」p55
  4. ^ 「フン族―謎の古代帝国の興亡史」p81
  5. ^ 「ローマ人の物語15」p214
  6. ^ 「フン族―謎の古代帝国の興亡史」p95
  7. ^ 「アッチラ王とフン族の秘密―古代社会の終焉」p101
  8. ^ 「フン族―謎の古代帝国の興亡史」p119
  9. ^ 「フン族―謎の古代帝国の興亡史」p138

参考文献[編集]

  • 「アッチラとフン族」(ルイ・アンビス著、安斎和雄訳、白水社、1973年)ISBN 978-4560055366
  • 「アッチラ王とフン族の秘密―古代社会の終焉」(ヘルマン・シュライバー著、金森誠也翻訳、佑学社、1977年)
  • 「フン族―謎の古代帝国の興亡史」(E・A・トンプソン著、木村伸義訳、法政大学出版局、1999年)ISBN 978-4588371080
  • 「図説 蛮族の歴史 ~世界史を変えた侵略者たち」(トマス・クローウェル著、 蔵持不三也訳、原書房、2009年)ISBN 978-4562042975
  • ローマ人の物語〈15〉ローマ世界の終焉」(塩野七生、新潮社、2006年)ISBN 978-4103096245