東ゴート族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ゴート族

東ゴート族(Ostrogoths)は、ゲルマン人の一派。

歴史[編集]

東ゴート族は、150年頃から黒海北岸に定住していたゴート族の一派である。220年頃、2つに分かれて活動し始める。一方がドナウ川中流域に定住し、西ゴート族と呼ばれるようになったため、東ゴート族と呼ばれる。

360年西へ移動するフン族と接触し始める。372年そのフン族により、攻撃を受け、375年にフン族によって征服される。生き残りの一部は、フン族とともに行動した。また一部はヴァンダル族とともにローマ帝国に保護を求め、パンノニアに移住したが、このときローマ人から屈辱を受ける。5世紀末にフン族の衰退により、東ゴート族の王テオドリックが部族を率いてイタリアに入り、493年東ゴート王国を建国した。

後に東ローマ帝国と対立し、一時はローマを占領するなどイタリアの大半を制圧するが、皇帝ユスティニアヌス1世の派遣した将軍ベリサリウスに敗れ、その更迭後に東ローマ軍を率いた宰相ナルセスによって滅ぼされた。