シクストゥス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクストゥス2世
第24代 ローマ教皇
PopesixtusII.jpg
教皇就任 257年8月31日
教皇離任 258年8月6日
先代 ステファヌス1世
次代 ディオニュシウス
個人情報
死去 258年8月6日
ローマ

シクストゥス2世Sixtus II、? - 258年8月6日)は、ローマ教皇(在位:257年8月31日 - 258年8月6日)。ローマ皇帝ウァレリアヌスの迫害のため殉教した。カタコンベでの儀式中に捕らえられ、その場で斬首されたと伝えられる。

教皇の書』によればギリシャの生まれだとされるが、おそらく誤っている[1]。彼は異端派の洗礼の問題で途絶えていたアフリカや東方正教会との関係を修復した。

258年、ウァレリアヌスによる迫害のために、多くの聖職者が殺された。シクストゥス2世はこの迫害による最初の犠牲者の一人であり、8月6日に斬首された。彼は6人の助祭、ヤヌアリウス、ウィンケンティウス、マグヌス、ステファヌス、フェリキシムス、アガピトゥスとともに殉教した[2]

彼はキュプリアヌスに擬せられる『Ad Novatianum』の著者と見なされるが、一般的に認められていない。253年から258年にローマで書かれた別の著作物は、一般的に彼のものとされている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.newadvent.org/cathen/14031c.htm
  2. ^ http://www.newadvent.org/cathen/14031c.htm