カタコンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ教会のファサード
パリのカタコンベ
パリのカタコンベ

カタコンベイタリア語:catacombe)は、地下墓所のこと。もともとはローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ教会の埋葬場所のことを意味していたが、死者を葬る為に使われた洞窟、岩屋や地下の洞穴のこと全般を指すようになった。英語(catacomb)ではカタコームまたはカタクームといい、語尾のbは発音しない。イタリア語(catacombe)やドイツ語Katakombe)ではカタコンベと発音される。フランス語Catacombes)ではカタコンブに近い音になる。イタリア・パレルモカプチン会修道士墓所が最も有名で観光客も多く、タクシーで「カタコンベ」と言っただけで目的地に着くほどである。

以下の場所が有名な墓所。

類似のものとしてはトルコアナトリア、北アフリカのスサ、イタリアのナポリドイツのトリーア、ウクライナキエフなどに存在する。

ウクライナロシアのカタコンベは鉱石、石灰岩の採掘後のトンネルが使われており、クリミア黒海沿岸に位置している。有名なものはオデッサクリミア、アジムシュカイ(Ajimushkay)のものである。それらはソ連第二次世界大戦ゲリラの基地としても使われた。Ajimushkay には10000人の兵士や難民が葬られている。その後、博物館として公開されているところもある。

ヴィクトル・ハルトマンの絵画を基にしたといわれる組曲展覧会の絵の一曲に、これを題名とする曲がある。また、レスピーギは交響詩『ローマの松』の第2部で「カタコンバ付近の松」を題材にしている。

関連項目[編集]