オットリーノ・レスピーギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットリーノ・レスピーギ
Ottorino Respighi
1935年頃
1935年頃
基本情報
出生 1879年7月9日
イタリア王国の旗 イタリア王国ボローニャ
死没 1936年4月18日(満56歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
ジャンル 新古典主義
職業 作曲家指揮者
活動期間 1893 - 1935

オットリーノ・レスピーギOttorino Respighi, 1879年7月9日1936年4月18日)はイタリア作曲家音楽学者指揮者ボローニャ出身だが、1913年からはローマに出て教育者としても活動した。1908年までは演奏家、とりわけヴァイオリン奏者やヴィオラ奏者として活動したが、その後は作曲に転向した。近代イタリア音楽における器楽曲の指導的な開拓者の一人としてつとに名高く、「ローマ三部作」と呼ばれる一連の交響詩(すなわち《ローマの噴水イタリア語: Fontane di Roma)》、《ローマの松イタリア語: Pini di Roma)》、《ローマの祭りイタリア語: Feste Romane)》)がとりわけ有名である。16世紀から18世紀の音楽に対する関心から、古楽に基づく作品も遺した。

生涯[編集]

ボローニャに生まれ、地元の音楽教師だった父親からピアノヴァイオリンの指導を受ける。1891年から1899年までボローニャ高等音楽学校においてヴァイオリンとヴィオラをフェデリコ・サルティに、作曲をジュゼッペ・マルトゥッチに、音楽史を、古楽の専門家ルイージ・トルキに師事。1899年にヴァイオリン演奏でディプロマを取得すると、1900年から1901年までと、1902年から1903年までの2度のシーズンにわたってロシア帝国劇場管弦楽団の首席ヴィオラ奏者としてペテルブルクに赴任し、イタリア・オペラの上演に携わった。ペテルブルクではニコライ・リムスキー=コルサコフと出逢って5ヶ月におよぶ指導を受け、その精緻な管弦楽法に強い影響を受けた。多くの資料では、さらに1902年ベルリンで短期間マックス・ブルッフの薫陶を受けたとされているが、エルザ未亡人はこの説を事実ではないとして否定している[1]。その後ボローニャに戻り、作曲で2つめの学位を取得した。1908年までムジェッリーニ五重奏団より第1ヴァイオリン奏者に迎えられている。1908年から1909年までベルリンに滞在し、演奏家や、声楽教室のピアノ伴奏者として稼ぎながら音楽的な知見を広げ、イタリア人以外の作曲家にも開眼した。

ようやく帰国すると作曲に没頭し、自作のカンタータ《アレトゥーザ(イタリア語: Aretusa)》(1911年)のピアノ伴奏版の作成に熱心に打ち込む。

ボローニャ高等音楽学校に定職が得られることを要望するも果たせず、やっと1913年にサンタ・チェチーリア音楽院作曲科教授に任命されてローマに移住し、最晩年まで同地に暮らした。1917年に交響詩《ローマの噴水》をローマで初演するが成功せず、自信を喪失する。しかし1918年、アルトゥーロ・トスカニーニによるミラノでの再演が大成功に終わって、作曲家としての突破口を迎えることができた。1919年に、1915年からの門弟で、声楽家でもあったエルザ・オリヴィエリ=サンジャコモと結婚する。

1923年にはサンタ・チェチーリア音楽院の院長に就任し、1926年には再び院長に任命されたため、十分な時間を作曲に充てることができなくなった。それでも1935年まで教職に就いており、1925年にセバスティアーノ・アルトゥーロ・ルチアーニと共著で初歩的な教則本『オルフェウス(ラテン語: Orpheus)』を上梓した。1932年にはイタリア王国学士院の会員に任命された。

晩年は国内外で自作の上演のため何度も演奏旅行に出ており、指揮者を務めたり、ピアニストとして声楽家であるエルザ夫人の伴奏を務めたりなどした。レスピーギ作品はファシスト政権にも非常に好評であったが、レスピーギ自身はまだファシズムに深入りしてはいなかった。後半生はベニート・ムッソリーニのファシスト党とぎこちない関係を続けた。それでもトスカニーニのような明け透けな批判者からも支持されており、批判者が自作を上演することを認めていた[2]。《ローマの祭り》の初演は1929年にトスカニーニの指揮するニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団によって行われた。初録音は1942年フィラデルフィア管弦楽団、再録音は1949年NBC交響楽団によって行われ、いずれもトスカニーニの指揮であった。

レスピーギの作品はアメリカ合衆国でかなりの成功を収めた。ピアノと管弦楽のための《トッカータ》は1928年11月にカーネギーホールにおいて、作曲者自身のピアノ独奏とウィレム・メンゲルベルクの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されている。大規模な変奏曲《メタモルフォーゼ(Metamorphoseon)》はボストン交響楽団創立50周年記念の依嘱作品であった。

1936年1月までは作曲を続けていたが、その後は次第に病に蝕まれ、もはや新作を完成させることができなかった。同年4月18日に心臓病から死に至り、ローマに埋葬されたが、翌1937年に亡骸が郷里のボローニャに移され、同地の霊園に改葬された。

作風と作品[編集]

初期の擬古典主義的な習作の後、ロシア滞在を経てレスピーギの音楽語法は変化を遂げた。自由な形式、拡張された和声法、音楽表現に見られる激しい振幅が、それ以後の作品を左右する要素となっている。さらにレスピーギ作品を代表しているのが、イタリア国内のヴェリズモからの離反である。イルデブランド・ピッツェッティジャン・フランチェスコ・マリピエロアルフレード・カゼッラとともに、ヨーロッパ全土からの影響を咀嚼して、現代的な音楽文化を成立させた。当のレスピーギは作品中において複調的な傾向を見せており、管弦楽曲はとりわけフランス印象主義音楽の影響を感じさせ、モーリス・ラヴェルの音楽語法にすこぶる近い。

しかるにレスピーギはイタリアにおける古典主義の旗手でもあって、17世紀とその前後のイタリア音楽に対する熱心な研究・調査から、クラウディオ・モンテヴェルディアントニオ・ヴィヴァルディの作品のほか、ベネデット・マルチェッロの《ディドーネ(イタリア語: Didone)》を校訂して出版した。昔の作曲家や古い様式への献身から、レスピーギを新古典主義音楽の作曲家として見てみたい気分に誘われるが、実のところ古楽に基づくレスピーギの作品群は、「新ルネサンス様式」「新バロック様式」と呼ぶのがおそらくむしろ正確であろう。レスピーギの作品は、ほとんどの新古典主義の作曲家による実例(一例を挙げると、イーゴリ・ストラヴィンスキーの《プルチネルラ》など)とは異なり、古典的な楽曲の明晰な音楽語法に手を入れてはいないからである。レスピーギは、古典派音楽以前の旋律様式や(舞踊組曲などの)音楽形式を、19世紀後半のいかにもロマン主義的な和声法やテクスチュアに好んで融合させている。方やフランスで六人組が、「新しい単純性」を、中でもウィーン古典派の軽やかさへの回帰を標榜したのに対して、一方のレスピーギは、わけてもイタリアのルネサンス音楽バロック音楽を頼りに、「古様式で(イタリア語: in stilo antico)」作曲しようとして、古い音楽に新しい響きの衣をまとわせたり、古い音楽を利用したのであった。

声楽曲・合唱曲[編集]

  • 独唱と合唱、管弦楽のための聖書によるカンタータ《キリスト(ラテン語: Christus)》(1898年 – 99年、自作詩による)
  • メゾソプラノと管弦楽のためのカンタータ《アレトゥーザ(Aretusa)》(1910年 – 11年、原詩:シェリー
  • メゾソプラノと管弦楽のためのカンタータ《オジギソウ(La Sensitiva)》(1914年、原詩:シェリー)
  • メゾソプラノと弦楽四重奏(または弦楽合奏)のための連作歌曲《黄昏(Il Tramonto)》(1914年、原詩:シェリー)
  • ソプラノと小オーケストラのための連作歌曲《森の神(Dietà silvane)》(1917年、原詩:アントニオ・ルビノ
  • 独唱と合唱、管弦楽のための抒情詩《春(La Primavera)》(1922年、原詩:Constant Zarian)
  • 独唱と混成合唱、室内アンサンブルのためのカンタータ《降誕祭のためのラウダLauda per la Natività del Signore)》(1930年作曲、原詩:ヤコポーネ・ダ・トーディ?)

歌劇[編集]

  • 3幕の喜歌劇《エンツォ王(Rè Enzo)》(台本:アルベルト・ドニーニ、1905年作曲、初演:1905年3月、ボローニャ・デル・コルソー劇場)
  • 《(Al mulino)》(1908年、未完の断片)
  • 3幕の悲歌劇《セミラーマ(Semirâma. Poema tragico)》(台本:アレッサンドロ・チェレ、1910年作曲、初演:1910年、ボローニャ・コムナーレ劇場)
  • 4幕5場の歌劇《マリー・ヴィクトワール(フランス語: Marie Victoire)》(原作:エドモン・ギローの同名の戯曲、1912年 – 14年作曲、世界初演:2004年1月27日、ローマ・オペラ座、ドイツ初演:2009年4月9日、ベルリン・ドイツ・オペラ
  • メルヒェン・オペラ《眠れる森の美女(La bella addormentata nel bosco (La bella dormente nel bosco). Fiaba musicale)》(原作:ペロー童話集、台本:ジャン・ビストルフィ、1916年 – 21年作曲、初演:1922年、ローマ・オデスカルキ劇場)
  • 序幕と2幕、終幕からなる抒情喜劇《ベルファゴール(Belfagor. Commedia lirica Prolog, 2 Akte und Epilog.》(原作:エルコーレ・ルイージ・モルセッリ、台本:クラウディオ・グヮスタッラ、1921年 – 22年作曲、初演:1923年、ミラノ・スカラ座)
  • 4幕の歌劇《沈める鐘(La campana sommersa)》(原作:ゲルハルト・ハウプトマン、独語版台本:ヴェルナー・ヴォルフ、伊語台本:クラウディオ・グヮスタッラ、1925年 – 26年作曲。独語版初演:1927年11月18日ハンブルク国立歌劇場。伊語版初演:1929年4月、ローマ・オペラ座)
  • 1幕と2つの終幕からなる神秘劇《エジプトのマリア(Maria egiziaca)》(台本:クラウディオ・グヮスタッラ、初演:1932年、ヴェネツィアおよびニューヨーク)
  • 3幕4景のメロドラマ《炎(La fiamma. Melodramma)》(原作:ハンス・ヴィエルス=イェンゼン、台本:クラウディオ・グヮスタッラ、1933年作曲、初演:1934年、ローマ・オペラ座)
  • 1幕3景の史劇《ルクレツィア(Lucrezia. Istoria)》(台本:クラウディオ・グヮスタッラ、1935年か1936年に着手された遺稿の断片をエルザ未亡人が補筆、初演:1937年、ミラノ・スカラ座)

バレエ音楽[編集]

  • ロッシーニの主題によるバレエ《風変わりな店フランス語: La boutique fantasque)》(1918年作曲、初演:1919年、ロンドン・アルハンブラ劇場)
  • 舞踊付き喜劇《ヴェネツィアの遊戯(Scherzo veneziano. Commedia coreografica)》(台本:イレアナ・レオニドフ、作曲:1920年、初演:1920年、ローマ・コスタンツィ劇場)
  • 17世紀と18世紀のフランス音楽の主題によるバレエ《(フランス語: Sèvres de la vieille France)》(1920年作曲、初演:1920年、ローマ・コスタンツィ劇場)
  • ロシア民謡の主題による《(La pentola magica. Azione coreografica)》(1920年作曲、初演:1920年、ローマ・コスタンツィ劇場)
  • 17世紀と18世紀のフランス音楽の主題によるバレエ《鳥(Gli uccelli)》(1928年作曲、初演:1933年、サンレモ市民会舘)
  • 5幕のバレエ《シバの女王ベルキスBelkis, regina di Saba)》(台本:クラウディオ・グヮスタッラ、初演:1931年、ミラノ・スカラ座)
  • Le astuzie de Columbina

管弦楽曲[編集]

  • 交響的変奏曲 (1900年)
  • 前奏曲、コラールとフーガ Preludio, corale e fuga (1901年)
  • 組曲ホ長調(シンフォニア)(1901年、1903年改訂)
  • 序曲《謝肉祭》 Ouverture carnevalesca (1913年)
  • 劇的交響曲 Sinfonia Drammatica (1913 – 14年)
  • ローマ三部作」 Trilogia Romana
ローマの噴水 Fontane di Roma (1915 – 16年)
I. 夜明けのジュリアの谷の噴水 La fontana di Valle Giulia all'alba
II. 朝のトリトンの噴水 La fontana di Tritone alla mattina
III. 昼のトレヴィの噴水 La fontana di Trevi al pomeriggio
IV. たそがれのメディチ荘の噴水 La fontana di Villa Medici al tramonto
ローマの松 Pini di Roma (1923 – 24年)
I. ボルゲーゼ荘の松 l pini di Villa Borghese 
II. カタコンバ付近の松 Pini presso una catacomba 
III. ジャニコロの松 l pini del Gianicolo 
IV. アッピア街道の松 l pini della Via Appia
ローマの祭り Feste Romane (1928年)
I. チルチェンセス Circenses
II. 五十年祭 Il giubileo
III. 十月祭 L'Ottobrata
IV. 主顕祭 La Befana
組曲 第1番(1917年)
シモーネ・モリナーロヴィンチェンツォ・ガリレイおよび作者不明のリュート作品に基づく
組曲 第2番(1924年)
ファブリツィオ・カローゾジャン=バティスト・ベサールおよび作者不明がリュートやテオルボヴィオールのために作曲した小品に基づく。また、マラン・メルセンヌ作曲とされる歌曲も利用されている
組曲 第3番(1932年)
先行する2曲と異なり、弦楽合奏曲として構想され、全般的に憂愁を湛えている。ベサール作曲のエール・ド・クールや、ルドヴィコ・ロンカッリのギター曲、サンティーノ・ガルシ・ダ・パルマのリュート曲のほか、作者不明の作品が利用されている
  • こびとの踊り Ballata delle Gnomidi (1920年) クラウディオ・クラウゼッティの詩に基づく
  • 管弦楽組曲ロッシニアーナRossiniana (1925年)
ロッシーニのバガテル(フランス語: Les petits riens)《老いのあやまち》の自由な編曲
全4楽章のうち3楽章は、ピアノ曲集《グレゴリオ聖歌による3つの前奏曲(Tre Preludi sopra melodie gregoriane)》(1919年)が原曲
  •  Gli Uccelli (1927年)
鳥を模倣したバロック音楽、なかでもクラヴサン曲を編曲したもの。同名のバレエ音楽の原曲
I. 前奏曲 Preludio
II. 鳩 La colomba
III. めんどり La gallina
IV. 夜鴬 L'usignoulo
V.かっこう Il cuccu
  • ボッティチェッリの3枚の絵 Trittico Botticelliano (1927年)
I. 春 La Primavera (Allegro vivace)
II. 東方博士の礼拝 L'Adorazione dei Magi (Andante lento-Poco più mosso)
III. ヴィーナスの誕生 La nascita di Venere (Allegro moderato)
  • ブラジルの印象 Brazilian Impressions (1928年)
I. 熱帯の夜 Notte tropicale
II. ブタンタン Butantan
III. 歌と踊り Canzone e danza

協奏的作品[編集]

  • ピアノ協奏曲 イ短調 (1902年)
  • ピアノと管弦楽のための《スラヴ幻想曲(Fantasia Slava)》(1903年)
  • ピアノと管弦楽のための《ブルレスケBurlesca)》 (1906年)
  • ピアノと管弦楽のためのミクソリディア旋法の協奏曲Concerto in modo misolidio)》(1925年)
  • ピアノと管弦楽のための《トッカータ》(1928年)
  • ヴァイオリンと弦楽合奏のための《パストラーレ(Pastorale)》(1908年)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための《古風な協奏曲(Concerto all'antica) イ短調》 (1908年)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲グレゴリオ聖歌風Concerto Gregoriano)》(1921年)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための秋の詩Poema Autunnale)》(1920-25年)
  • チェロと管弦楽のためのアダージョと変奏Adagio con variazioni)》 (1920年)
  • オーボエとトランペット、ヴィオラ・ダ・モーレ、コントラバス、ピアノと弦楽合奏のための《5声の協奏曲(Concerto a cinque)》(1933年)

室内楽曲[編集]

  • オルガンと弦楽合奏のための《組曲 ト長調》 (1905年)
  • 複四重奏曲 ニ短調 (1901年?)
  • ピアノ五重奏曲 ヘ短調 (1902年?)
  • 弦楽五重奏曲 (年代・日付の記入なし)
  • 単一楽章の弦楽四重奏曲 ニ短調 (年代・日付の記入なし)
  • ヴィオラ四重奏曲 ニ長調 (1906年?)
  • 弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 (1892年 – 98年?、未出版の習作)
  • 弦楽四重奏曲 第2番 変ロ長調 (1898年?、未出版の習作)
  • 弦楽四重奏曲 ニ長調 (1907年)
  • 弦楽四重奏曲 ニ短調 (1909年、"ドイツ語: Ernst is das Leben, heiter ist die Kunst"との銘が掲げられている)
  • ドリア旋法による弦楽四重奏曲Quartetto Dorico, 1924年)

その他の器楽曲[編集]

  • ピアノ曲《グレゴリオ聖歌による3つの前奏曲(Tre Preludi sopra melodie gregoriane)》 (1919年)
  • ギターのための《変奏曲(Variazioni)》

参考文献・評伝[編集]

  • Respighi, Elsa (1955) Fifty Years of a Life in Music
  • Respighi, Elsa (1962) Ottorino Respighi, London: Ricordi
  • Nupen, Christopher (director) (1983) Ottorino Respighi: A Dream of Italy, Allegro Films
  • Barrow, Lee G (2004) Ottorino Respighi (1879-1936): An Annotated Bibliography, Scarecrow Press

[編集]

  1. ^ Elsa Respighi, "Ottorino Respighi", London, Ricordi, p. 25
  2. ^ Liner notes from RCA Toscanini Edition CD Vol 32 (1990)

外部リンク[編集]