ローマの噴水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマの噴水』(ローマのふんすい、: Fontane di Roma)は、イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギ1916年に作曲した交響詩。後に作曲された『ローマの松』(1924年)、『ローマの祭り』(1928年)と共に「ローマ三部作」と呼ばれる。日本語表記に際し、『ローマの』と訳されることもある。

概説[編集]

サンタ・チェチーリア音楽院作曲教授に就任したレスピーギは、1913年出身地のボローニャからローマに移り住み、ここで受けた刺激を元に「ローマ三部作」を作曲した。その第1作である『ローマの噴水』は1916年に作曲された。

スコアの冒頭の序文には次のような説明がある。

「ローマの四つの噴水で、その特徴が周囲の風物と最もよく調和している時刻、あるいは眺める人にとってその美しさが、最も印象深く出る時刻に注目して受けた感情幻想に、表現を与えようとした。」[1]

従来の交響詩の自由な形式ではなく、古典的な交響曲にみられる4楽章構成をとっており[1]、それぞれは「夜明け」、「」、「真昼」、「黄昏」の時間帯と、ローマの名所4箇所の噴水が当てはめられている。なお、4つの部分は連続して演奏される。

レスピーギはかつてロシア帝国劇場管弦楽団の首席ヴィオラ奏者を務めていた時に、ニコライ・リムスキー=コルサコフから作曲の指導を受けており、この作品にはリムスキー=コルサコフの管弦楽法の影響が見られる[1]

1917年3月11日にアントニオ・グァルニエリの指揮によりローマのアウグステオ学堂において行われた初演の際には評論家の嘲笑を買っていたが、その後、1918年2月11日アルトゥーロ・トスカニーニミラノにおいて行った再演が大成功し、その後もっとも有名な交響詩の一例として知られるようになった。

演奏時間は約15分。

楽器編成[編集]


構成[編集]

第1部 夜明けのジュリアのの噴水[編集]

: La fontana di Valle Giulia all'alba

牧歌的な光景にたたずむ夜明けの噴水が描かれ、朝ぼらけの中家畜が通過する。

第2部 朝のトリトンの噴水[編集]

: La fontana del Tritone alla mattina

バルベリーニ広場のベルニーニ作のトリトンの噴水に見られるような、朝の日差しの中で踊るナイアデスとトリトンが描かれている。ホルンは、神々や女神たちがほら貝を吹き鳴らす様を示している。

第3部 真昼のトレヴィの泉[編集]

: La fontana di Trevi al pomeriggio

ネプチューンの新たな勝利を告げる凱旋式に導かれて始まる。

第4部 黄昏のメディチ荘の噴水[編集]

: La fontana di Villa Medici al tramonto

よりメランコリーに沈んだような雰囲気を伝えつつ、輝かしい夕焼けが消えていく風景を描く。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『最新名曲解説全集(6)管弦楽曲III 』音楽之友社、1980年

関連項目[編集]

ローマ三部作を成す作品群