ヴィンチェンツォ・ガリレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィンチェンツォ・ガリレイVincenzo Galilei, 1520年頃 - 1591年7月2日)は、イタリアリュート奏者、作曲家音楽理論家であり、有名な天文学者・物理学者ガリレオ・ガリレイ、およびリュート奏者で作曲家のミケランジェロ・ガリレイ英語版の父である。1520年頃にフィレンツェ近郊のサンタ・マリーア・ア・モンテに生まれ、フィレンツェで没した。後期ルネサンス音楽の重要人物であり、バロック期を開く音楽的革新にも深く関わっている。

生涯と作風[編集]

ヴィンチェンツォ・ガリレイは1520年頃にトスカーナのサンタ・マリーア・ア・モンテに生まれ[1] 、幼少期よりリュートを学んだ。1562年までにピサに移り貴族の娘と結婚。1564年、6人または7人きょうだいの長男としてガリレオ・ガリレイが生まれ、1575年[2]、すぐれたリュート奏者で作曲家のミケランジェロ・ガリレイが生まれた。

ヴィンチェンツォは技量の高いリュート奏者で、その前半生においては有力で人脈豊かな後援者達の注目を集めた。1563年、ヴェネツィア16世紀における最も重要な音楽理論学者ジョゼッフォ・ツァルリーノと出会い、ツァルリーノの下で学び始める[3]。しばらく後、ヴィンチェンツォはカメラータ[4]ジョヴァンニ・デ・バルディ英語版伯爵主催による詩人、音楽家、知識人の集まり)に参加し、また古代ギリシア音楽に関する当時随一の学者であったジローラモ・メーイ英語版[5]とも交流して、古代ギリシアの音楽や劇を再現することに興味をもつようになり、1570年代には、ヴィンチェンツォの音楽理論と作曲に対する関心もそのような方向へと向くようになった。

ヴィンチェンツォの最も重要な理論面での貢献としては、不協和音の扱いがある。ヴィンチェンツォは非常に近代的な観念の持ち主で、「和声がスムーズに流れるのであれば」経過的な不協和音を用いたり、掛留音英語版などの拍点に現れる不協和音を用いたりすることを許し、後者を「基本不協和音」(essential dissonance)と呼んだ。これは、特にヴィンチェンツォが掛留音の解決のためのルールを、予定的な解決音からの予備された逸脱およびその解決音への回帰と定めた点で、バロック時代の和声慣行と重なるものである。

加えて、ヴィンチェンツォは音響学においていくつかの重要な発見をしている。特に重要なのは振動弦と気柱に関する物理学である。音程の振動数の比率は弦の長さに反比例する(たとえば完全五度では弦の長さは3:2の比率になる)が、ヴィンチェンツォは、振動数の比が弦の張力の平方根に比例する(そして気柱体積の立方根に反比例する)ことを発見した。たとえば根音との振動数比2:3の完全五度に調律した弦は、根音との張力比が4:9になっていなければならない[6]

ヴィンチェンツォは、音楽的形式がレチタティーヴォにきわめて近いモノディの創始者の一人であり、オペラにおけるレチタティーヴォの使用は広くヴィンチェンツォの功績に帰されている。

ヴィンチェンツォはマドリガーレ2巻やリュートのための音楽、そして相当数の声楽とリュートのための音楽を作曲した。後者は多くの点でバロック初期の様式を先取りしたもので、ヴィンチェンツォの最も重要な作品であると考えられている。なお、オットリーノ・レスピーギリュートのための古風な舞曲とアリア第1組曲の2曲目は、ヴィンチェンツォの作品を元にしている。

ヴィンチェンツォによる音高と弦の張力の研究は、非線形数学を用いた自然現象の記述としてはおそらく歴史上知られている最初のものであり[7]、この研究はピタゴラス以来の音律研究を拡張し、その枠を超えたものである。息子ガリレオの活動を、抽象的な純粋数学から、実験、および数式を用いた実験結果の定量的記述という、物理学史・自然科学史上で最も重要な方向性へと向けたのは、ヴィンチェンツォの影響とみる学者が多い。

著作[編集]

  • Dialogo della musica antica e della moderna, Firenze 1581.
  • Fronimo, Venezia 1568/84. 邦訳『フロニモ―リュートの賢者』菊池賞訳、水戸茂雄監修 (東京コレギウム、2009年) ISBN 9784924541917

脚注[編集]

  1. ^ brunelleschi.imss.fi.it website [Retrieved 2011-12-02] copyrighted to museogalileo.it(ガリレオ博物館)
  2. ^ Fabris, D. © Copyright 1988 - 2011 - Astronomical Society of the Pacific aspbooks.org website articleヴィンチェンツォ・ヴィヴィアーニについて述べた記事) [Retrieved 2011-12-02] originally located at adsabs.harvard.edu website
  3. ^ galileo.rice.edu Retrieved 2011-12-02
  4. ^ アルフレート・アインシュタイン Oxford journals article extract [Retrieved 2011-12-02] doi:10.1093/ml/XVIII.4.360
  5. ^ image of letter written by G.Mei Retrieved 2011-12-01
  6. ^ Palisca, Grove online
  7. ^ Cohen, H. F. (1984). Quantifying Music: The Science of Music at. Springer. pp. 78–84. ISBN 90-277-1637-4

参考文献[編集]

  • Article Vincenzo Galilei, in The New Grove Dictionary of Music and Musicians, ed. Stanley Sadie. 20 vol. London, Macmillan Publishers Ltd., 1980. ISBN 1561591742
  • The Concise Edition of Baker's Biographical Dictionary of Musicians, 8th ed. Revised by Nicolas Slonimsky. New York, Schirmer Books, 1993. ISBN 002872416X
  • Gustave Reese, Music in the Renaissance. New York, W.W. Norton & Co., 1954. ISBN 0393095304

関連項目[編集]