フィラデルフィア管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラデルフィア管弦楽団
The Philadelphia Orchestra
シャルル・デュトワ指揮・フィラデルフィア管弦楽団(2012年)}
シャルル・デュトワ指揮・フィラデルフィア管弦楽団(2012年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1900年 -
公式サイト The Philadelphia Orchestra
メンバー
音楽監督
ヤニック・ネゼ=セガン
桂冠指揮者
シャルル・デュトワ
準指揮者
クリスチャン・マセラル

フィラデルフィア管弦楽団(フィラデルフィアかんげんがくだん 英語: The Philadelphia Orchestra)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアを本拠地とするオーケストラ

概要[編集]

1900年、ペンシルベニア州フィラデルフィアに創立された、世界有数のオーケストラである。「全米五大オーケストラ("Big Five")」[1]の一つではあるが、そのカラフルで鮮やかな音色、密度の高い輝やかんばかりの豪華な響きは飛びぬけており、華麗なるフィラデルフィア・サウンドとして比類なき音で世界にその名を知らしめ、アメリカ合衆国の国宝とも評されている。シベリウスショスタコーヴィッチリヒャルト・シュトラウスなど20世紀を代表する作曲家のお気に入りのオーケストラでもあり、自作の協奏曲で録音も残しているラフマニノフにいたっては「世界最高のオーケストラ」と賞賛し、最後の作品「交響的舞曲」は「フィラデルフィア・サウンドを想像しながら作曲した」と述べ、本楽団に献呈している。近年では、インターネットを通じたスクリーン会場でのコンサートなど、同時代の音楽活動でも活躍している。

創立以来、1857年創設の米国最古のオペラハウス《アカデミー・オブ・ミュージック》[2]を本拠地としていたが、2001年からは本楽団の為に建てられた、《キメル・パフォーミング・アーツ・センター》内部のシンフォニーホール、《ヴェライゾン・ホール》[3]で定期演奏している。なお、現在でも毎年、《アカデミー・オブ・ミュージック》の創設記念日に、寄付を目的とした演奏会を当オペラハウスにて開催している[4]

冬季定期演奏シーズンは10月から翌年5月の間、30週間、本拠地ヴェライゾン・ホールで同じプログラムを週4回(火、木、金、土曜日)演奏し、またカーネギーホールに毎年レギュラーとして5回ほど公演している。夏季はフィラデルフィア市内フェアモントパークマーン・パフォーミング・アーツ・センターニューヨーク州サラトガ音楽祭コロラド州ベイルバレー音楽祭で演奏を行っている。夏の音楽祭では、フィラデルフィア・ロビンフッド・デル管弦楽団 という名称で演奏することもあり、この名による録音も多く残されている。また、毎年遠征公演を行っており、2010年4月にはマルタ・アルゲリッチが同行して来日公演を行っている。

歴史[編集]

1916年、マーラー交響曲第8番のアメリカ初演。指揮:ストコフスキー
オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団(1970年)

1900年に、初代指揮者を務めたフリッツ・シェールによって創設される。1907年カール・ポーリヒが後任となるが、1912年に首席指揮者となったレオポルド・ストコフスキーによって、オーケストラとしての名声が築かれ、楽団員が辣腕ぞろいのオーケストラとして有名になった。1940年には、ストコフスキーの指揮でディズニー映画『ファンタジア』の録音を行った。

1936年から1938年までユージン・オーマンディが首席指揮者の座をストコフスキーと分かち合い、それ以降は単独で音楽監督となった。オーマンディは42年にわたって留任し、この間に、数多くの名演名録音を制作した。オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団によるシベリウス作品の録音は、作曲者自身から賛嘆されお墨付きを得たことでも有名[要出典]

オーマンディ勇退後の後継音楽監督はリッカルド・ムーティ(1981年 - 1992年)が、その後任はヴォルフガング・サヴァリッシュ(1993年 - 2002年)が務めてきた[5]。その後、クリストフ・エッシェンバッハが音楽監督に就任した。エッシェンバッハが退任した2008年にはシャルル・デュトワが首席指揮者兼芸術顧問に就任した。2010年6月にはヤニック・ネゼ=セガン2012年のシーズンから音楽監督に就任した。

客演指揮者のなかでは、ジョルジュ・プレートルサイモン・ラトルラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスとの相性が特に良い。1990年後半から事実上ラトルが指揮する唯一の米国のオーケストラとなり、ラトルは毎年フィラデルフィアを訪れている。

コンサートマスターとしては28年間(1966年 - 1994年)在任したノーマン・キャロル[6]が最も長く、1999年以降から現在のコンサートマスター、デービッド・キムが務めている。

特徴[編集]

旧本拠地のアカデミー・オブ・ミュージック

創立当初からの本拠地だったアカデミー・オブ・ミュージックが古いオペラハウスであり、その音響は非常にデッドだったために、本楽団の奏者はアンサンブルで音に独特な広がりを持たせるよう、いろいろと工夫をし、それが分厚く柔らかくて優しくて弾ける、華麗なるフィラデルフィア・サウンドの響きを発達させた、とされている。特に、伸び伸びと広がる豊麗なシルクのような弦楽の音色は、本楽団の"極印"であり、バーンスタイン+ニューヨーク・フィル、ショルティ+シカゴ響、セル+クリーブランド管など、アメリカのオーケストラ全盛時代に中にあっても一線を画した、 豪華絢爛な煌びやかなサウンドを持つオーケストラとして独特の存在であった。また、オーボエ首席は常に世界的に有名な奏者で、現在のリチャード・ウッドハムズは前首席奏者ジョン・デ・ランシーの弟子であり、ランシーは、リヒャルト・シュトラウスにオーボエ協奏曲の作曲を催促した人物である。ランシーは、伝説のオーボエ奏者マルセル・タビュトーの弟子で、タビュトーはランシーの前の首席奏者だった。

本楽団のレパートリーとしては、ストコフスキー時代からムーティ時代まで、伝統的にスラヴ系ラテン系の音楽を得意としてきた。例えば、セルゲイ・ラフマニノフの自作自演によるピアノ協奏曲第2番(ストコフスキー指揮)、オーマンディ指揮のリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」、バルトークの「中国の不思議な役人」、コダーイの「ガランタ舞曲」、ベルリオーズの「幻想交響曲」、そしてフィラデルフィアの弦楽を全開されたチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」、ムーティ指揮のレスピーギの「ローマ三部作」などである。その一方、そのサウンドはムード音楽的と考えられ、深刻なドイツ音楽に向かないとされてきたが、サヴァリッシュ時代はベートーヴェンシューベルトブラームスシューマンブルックナーワーグナーリヒャルト・シュトラウスなどの正統的なドイツ音楽で高いレベルの演奏を行っている。

フィラデルフィア・サウンドが1世紀を過ぎた現在も揺るぎがない理由の一つに、奏者のほとんどをカーティス音楽学校のトップ卒業生が占めている点が挙げられる。カーティス音楽学校は、本楽団の水準を満たすような楽団員の養成機関をめざして設立され、その教授陣は本楽団のメンバーまたは元メンバーで構成され、華麗な響きの伝統は途切れなく継承されている。

本楽団の素顔を追ったドキュメンタリー映画「オーケストラの向こう側」は世界で数々の映画祭で受賞し、2008年に日本でも公開され反響を呼んだ。この映画はオーケストラ奏者が音楽を通じて人生の歓びに触れる瞬間をとらえた、音楽を愛する全ての人たちへ贈る珠玉の作品と評され、本楽団が世界有数のオーケストラである秘密が明かされていると言われている[7]

本楽団オンラインストア開設後は、ストコフスキー時代から現在のライヴ演奏を、MP3ファイル、もしくはFLACファイル(CDと完全に同等の音質)で購入することができるようになった[8]。また、本楽団は、HD(ハイビジョン)ライブストリーミングサービスプロバイダーである、SpectiCast社が選んだ二つの楽団[9]の一つであり、ヴェライゾン・ホールでの生演奏は「フィラデルフィア管弦楽団コンサート・シリーズ」[10]として、インターネット経由で全世界へ向けて高音質・高画質で配信されている。

破産、再生から復活へ[編集]

一般的に、欧州のオーケストラの財源が政府からの補助中心であるのに較べ、米国のオーケストラは地域コミュニティの顔として、個人の支援や寄付によって支えられている場合が多く[11]、本楽団はその代表的な存在である。大企業がバックに付き、高価な楽器と高収入の名人を呼んでいた経済が好調な時期もあった。しかし、収入の大半を地域住民からの募金に頼っていることに変わりはなく、エッシェンバッハ時代から低迷期[12]に入り、そして、リーマンショック以降の米経済低迷で収入が劇的に落ち込み、ついに2011年4月16日、再建型の連邦倒産法第11章(日本でいう民事再生法)の適用を申請することを明らかにした。

同様に世界トップクラスに君臨する欧州のオーケストラは国家予算で厚く保護されており、天下のフィラデルフィア管弦楽団が破産することはありえない、といった内容のニュースはショックウェイブとなって世界中に報道され、音楽ファンを超え、各界に衝撃を与えた[13][14]

一方、この発表に先立ち、本楽団の理事会内部でも更生手続きの適用を申請することについて、意見が大きく分かれていた。まだ財源があることと名声に傷が付くことを理由とする現状維持派と、いまこそ一気に改善すべきだとする改革派との意見の隔たりは大きかった。改革派は、ゲスト指揮者のヤニック・ネゼ=セガンがStunner(破竹の勢い)[15]で素晴らしいコンサートを繰り広げていることに本楽団復活の兆しを見出し、ヤニック・ネゼ=セガンが2012年秋から正式に音楽監督に就任する前に、財政問題を解決しておきたい、という思いもあった。結局、両派の意見は最後まで折り合いがつかないまま投票日を迎え、改革派の理事メンバーらは感情のあまり涙を浮かべながら更生手続き適用賛成票に投じたとの逸話が残っている[16]。理事会のこの決断に対して、内外で未だに賛否両論がある。しかし、これにより全ての債権回収が一旦停止され、演奏活動を継続しながら、過去の「負の遺産」を法律によって強制的に断ち切ることが可能となり、比較的短期間で(2012年4月まで、ヤニック・ネゼ=セガン音楽監督が就任する2012年9月以前に)再建プロセスが完了されることとなった[17]。このプロセスで、本楽団の管理職への大胆なリストラと、高価なホールやその他維持費契約等を白紙に戻すことが可能となり、また各方面での組合員への破格な報酬を支払う法律的な義務から開放されることとなった。その一方、当然ながら奏者の収入の減少にもつながった。しかし、奏者は全員一致で給料・福利のカットに合意をしている[18]。このカットによって転職を予定している奏者は、チェロ副首席奏者にとどまっている。

ここで、特筆すべきことは、更生手続き中の18ヶ月間、以前から予定されていた演奏会を、本楽団は、一回ともキャンセルしていないこと。そして、市民からの寄付金も逆に増え続けていることである。 2011年10月のシーズン・オープンの際、本拠地キメル・パフォーミング・アーツ・センターとの新規契約の合意ができず、ペンシルベニア大学アーバイン講堂で演奏した[19]

その一年後の2012年10月、更生手続きは、予定通り、無事完了し、ヤニック・ネゼ=セガンは正式に第8代音楽監督に就任し、シーズン・オープンのコンサートレクイエム (ヴェルディ)を、本拠地キメル・パフォーミング・アーツ・センターにて、満員御礼で迎えた。[20] ナショナル・パブリック・ラジオは、これをフィラデルフィアの復活と呼び、他のすべての米国オーケストラが同じように財産難に陥っているなか、果たして、フィラデルフィアほどの決断力と実行力を持ちえるのか、懸念を示している。 また、カーネギーホールでも、ヤニック・ネゼ=セガンと本楽団のコンビネーションがセンセーショナルな成功を果たし、2013年-2013年のシーズン・オープンコンサートに本楽団を指名した。

本楽団は、世界初演や米国初演のコンサート以外に、数々の「世界初」や「米国初」を保持している。2012年は、世界初、民事再生法の更生手続きを経て復活した年となる。 他のオーケストラは、いまフィラデルフィアの実験と経験から多くのことを学ぼうとしている。[21]

1925年、世界初、電気録音したオーケストラ
1929年、世界初、ラジオ放送されたオーケストラ(NBC社により)
1948年、世界初、テレビ放送されたオーケストラ(CBS社により)
1973年、世界初、欧米のオーケストラとして、中華人民共和国を訪問した。
1988年、米国初、ベートーベン交響曲全集をCDに録音したオーケストラ
1997年、世界初(メジャーオーケストラとして)ポッドキャストしたオーケストラ
1999年、世界初、欧米のオーケストラとして、ベトナムを訪問した。
2006年、世界初、レコード会社(代理店)を経由せずして、オーケストラホームページから演奏録音をダウンロードできるようした。
2012年、世界初、民事再生法の更生手続きを経て復活したオーケストラ

音楽監督・首席指揮者等[編集]

歴代コンサートマスター [編集]

参考文献[編集]

  • Philadelphia Maestros: Ormandy, Muti, Sawallisch by Phyllis White Rodriguez-Peralta. 2006, Temple University Press, 176 pages.
  • The Philadelphia Orchestra: A Century of Music, edited by John Ardoin. 1999, Temple University Press, 240 pages.
  • Those Fabulous Philadelphians, by Herbert Kupferberg. 1969, Scribner's New York, 257 pages.
  • Riccardo Muti: Twenty Years in Philadelphia 1972-92, edited by Judith Karp Kurnick. 1992, Philadelphia Orchestra, 112 pages.
  • The Philadelphia Orchestra Celebrates Sawallisch 1993-2003, edited by Sedgwick Clark. 2003, Philadelphia Orchestra, 80 pages.
  • Within These Walls: A History of the Academy of Music in Philadelphia, by John Francis Marion. 1984, Academy of Music/Philadelphia Orchestra, 328 pages.

脚注[編集]

  1. ^ 他の4つはシカゴ交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニックボストン交響楽団クリーヴランド管弦楽団[1]
  2. ^ 旧本拠地アカデミー・オブ・ミュージック(写真)[2]
  3. ^ 本拠地ヴェライゾンホール(写真)[3]
  4. ^ フィラデルフィア市が数千人のタキシードとドレス姿で埋め尽くされ、市の恒例の一大行事となっている[4]
  5. ^ 1966年、当時フィラデルフィア管弦楽団音楽監督のオーマンディに、当楽団の次期音楽監督として引き継いでほしい、と要請されたが、現行の契約の縛りを理由に固辞した。その後、オーマンディから2度目の要請が入り、これも固辞した。1993年、今度は当楽団全員一致の、次期音楽監督にサヴァリッシュを指名する、との投票結果による要請を受け、心が動き、70歳の高齢にもかかわらず、受諾することを決心した。「フィラデルフィアから、まさか3度目の要請が来るとは思っていなく、本当に驚いた」と語っている。
  6. ^ ノーマン・キャロル、インタビュー(英語)[5]
  7. ^ 映画公開[6]
  8. ^ ライブ演奏ダウンロードサイト[7]
  9. ^ もう一つはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  10. ^ フィラデルフィア管弦楽団コンサート・シリーズ(ビデオ)[8]
  11. ^ サヴァリッシュは2008年PBSインタビューで、米国のオーケストラが、公務員としてではなく真の演奏者として、自分たちを支援してくれている聴衆に向けて演奏していることに関して、それが正しい姿である、と言っている。[9]
  12. ^ そもそも本楽団の奏者はエッシェンバッハの就任に賛成していなかった。[10]また、退任後のエッシェンバッハには桂冠指揮者や名誉指揮者といった肩書きも与えられていない。
  13. ^ フィラデルフィア管弦楽団理事長から支援者への手紙(英語)[11]
  14. ^ 米名門オーケストラが破産申請へ[12]
  15. ^ 破竹の勢いのヤニック・ネゼ=セガンとフィラデルフィア管(英語)[13]
  16. ^ 更生手続き適用の申請(英語)[14]
  17. ^ 更生手続き情報開示(公式公開)(英語)[15]
  18. ^ フィラデルフィア管弦楽団奏者、給料・福利のカットに合意(英語)[16]
  19. ^ [17]
  20. ^ [18]
  21. ^ [19]

外部リンク[編集]