ピアノ協奏曲第2番 (ラフマニノフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピアノ協奏曲第2番 (ラフマニノフ)


スキッドモア大学管弦楽団による演奏

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフが作曲した2番目のピアノ協奏曲である。

概要[編集]

ラフマニノフ、1900年代初頭

作曲時期は、1900年秋から1901年4月[1]。第2楽章と第3楽章が1900年12月2日に初演された後、全曲初演は1901年10月27日に、ソリストに再び作曲者を、指揮者には従兄アレクサンドル・ジロティを迎えて行われた[2]。その屈指の美しさによって、協奏曲作家としての名声を打ち立てたラフマニノフの出世作である[3]。発表以来、あらゆる時代を通じて常に最も人気のあるピアノ協奏曲のひとつであり、ロシアロマン派音楽を代表する曲の一つに数えられている。

多くのラフマニノフのピアノ曲と同じく、ピアノの難曲として知られ、きわめて高度な演奏技巧が要求される。たとえば第一楽章冒頭の和音の連打部分において、ピアニストは一度に10度の間隔に手を広げることが要求されており、手の小さいピアニストの場合はこの和音塊をアルペッジョにして弾くことが通例となっている。

作曲の経緯[編集]

ラフマニノフの《交響曲第1番》は、今でこそ重要な業績と看做されているが、1897年の初演時には批評家の酷評に遭った[4]。私生活における問題も相俟って、ラフマニノフは鬱傾向と自信喪失に陥り、創作不能の状態となる。1899年にロンドン・フィルハーモニック協会の招きでイギリスに渡ったラフマニノフは、ここでピアノ協奏曲の作曲依頼を受け創作を開始するが、再び強度の精神衰弱におそわれる。

しかし、1900年に友人のすすめでニコライ・ダーリ博士の催眠療法を受け始めると快方に向かい、同年夏には第2、第3楽章をほぼ完成させた。最大の難関として立ちはだかった第1楽章も同年12月頃に書き始め、1901年春には全曲を完成させた。初演は大成功に終わり、その後も広く演奏されて圧倒的な人気を得た。本作品の成功は、ラフマニノフがそれまでの数年間にわたるうつ病スランプを抜け出す糸口となった。作品は、ラフマニノフの自信回復のためにあらゆる手を尽くしたニコライ・ダーリ博士に献呈された[5]

楽器編成[編集]

伝統的な2管編成。

楽曲構成[編集]

ピアノ独奏による導入部

伝統的な3楽章構成である。

第1楽章[編集]

Moderato ハ短調 2分の2拍子 自由なソナタ形式

主題呈示部に先駆けて、ピアノ独奏がロシア正教を模した、ゆっくりとした和音連打を、クレシェンドし続けながら打ち鳴らす。導入部がついに最高潮に達したところで主部となる。

弦楽器より呈示される第1楽章第1主題

主部の最初で、オーケストラトゥッティがロシア的な性格の旋律を歌い上げるが、その間ピアノはアルペッジョの伴奏音型を直向きに奏でるにすぎない。この長い第1主題の呈示が終わると、急速な音型の移行句が続き、それから変ホ長調の第2主題が現れる。第1主題がオーケストラに現れるのに対し、より抒情的な第2主題は、まずピアノに登場する。(ちなみにピアノ独奏は、第1主題の伴奏音型から移行句まで、急速な装飾音型を奏で続ける。これらの音型は、しばしばと誤解されやすいが、ロシア正教会の小さな鐘を模している)。

劇的で目まぐるしい展開部は、楽器法や調性を変えながら両方の主題の音型を利用しており、この間に新たな楽想がゆっくりと形成される。展開部で壮大なクライマックスを迎えると、恰も作品を最初から繰り返しそうになるが、再現部(Maestoso)はかなり違った趣きとなる。ピアノの伴奏音型を変えて第1主題の前半部分が行進曲調で再現された後、後半部分はピアノによって再現される。そして第2主題は移行句なしで再現され、入念にコーダを準備する。

第1楽章においてピアノ独奏は特異なことに、第1主題の主旋律の進行を、完全にオーケストラ、特に弦楽合奏に委ねている。ピアノの演奏至難なパッセージの多くが、音楽的・情緒的な必要性から使われており、しかも伴奏として表立って目立たないこともあり、聴き手にピアノの超絶技巧の存在を感付かせない。ピアノはオーケストラのオブリガート的な役割に徹することで、時には室内楽的な、時には交響的な印象を生み出すのに役立っている。

第2楽章[編集]

Adagio sostenuto ホ長調 4分の4拍子→2分の3拍子と4分の4拍子を行き来→4分の4拍子、tempo Ⅰで再現  序奏つきの複合三部形式

盛り上がった第1楽章が終わると、それと好対照をなす緩徐楽章が弦楽合奏のppで神秘的な始まりを告げる。弦楽合奏の序奏は、ハ短調の主和音から、クレシェンドしながら4小節でホ長調へ転調しピアノ独奏を呼び入れる。このピアノによるアルペッジョは1891年に作曲された六手のピアノのための「ロマンス」の序奏から採られている。この部分はピアノの右手が1小節に三連符4個の塊が3つなのでさっと聴いただけでは拍子がわかりにくいので特に注意が必要。そのリズム上に2拍目からフルートの甘美で息の長いメロディーが入ってくる。ピアノの3連符の刻みとメロディーのズレが更にうつろで神秘的な感じを醸し出していて絶妙に美しい。夢見心地のようにふわっとしていてとても幻想的に聞こえる。その4小節後には2分の3拍子に変わるのでこれも楽譜がないと拍子を感じにくい。その後4分の4拍子と2分の3拍子が交互(不規則的)に進み、最初フルートで奏でられたメロディーがピアノへ、ピアノからヴァイオリンへと受け継がれていく。テンポが上がり、ピアノが第2テーマを思い悩むかのように短調で奏でる。このメロディーも哀愁に満ちていてとても美しい。ファゴットや低弦、更にフルートとオーボエなどと絡み、ピアノがメロディーを奏でて2回盛り上がる。その後ピアノソロになりテンポも上がり華やかな分散和音の後オーケストラと絡んで、ピアノのカデンツへと進む。その後tempo Ⅰで最初の3連符4個の塊が3つのピアノの音型になり、その上に最初のメロディーをヴァイオリンが奏でて再現する。その後、美しく短い終結部に入る。ここではピアノの右手が和音を波のように揺れて奏で、最後はピアノだけで2楽章を優しく静かにまとめる。

第3楽章[編集]

Allegro scherzando ハ短調~ハ長調 2分の2拍子

最初に聞こえるホ長調の旋律は、循環形式によって第1楽章から引き出されている。その後の主たる楽想は明確な2つの対照的な主題を持ちながらも、前楽章で用いられたモチーフを断片的に使ったり、2つの主題を融合するなど、既存の形式にこだわらない自由な書法で書かれている。副主題をもつ変奏曲、あるいは変則的なロンドとも解釈することが出来る。

スケルツォ的な気まぐれな性格が認められる第1主題と、より抒情的な第2主題が交互に現れ、最後のピアノのカデンツァの後にハ長調で全合奏(Maestoso)で二つの主題が融合されて盛り上がるシーンは圧巻で、高い演奏効果をもたらす。

伴奏音楽としての利用例[編集]

ポピュラー音楽での利用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Harrison, Max (2006). Rachmaninoff: Life, Works, Recordings. London: Continuum. pp. pp. 92–99. ISBN 0-8264-9312-2. 
  2. ^ Classy Classical: Rachmaninoff's Works for Piano and Orchestra
  3. ^ Norris, Geoffrey (1993). The Master Musicians: Rachmaninoff. New York City: Schirmer Books. pp. 113-115. ISBN 0-02-870685-4. http://books.google.com/books?id=aPc2AAAACAAJ. 
  4. ^ Steinberg, Michael (1998). The Concerto. Oxford University Press. pp. 357. ISBN 0-19-513931-3. 
  5. ^ Steinberg, Michael (1998). The Concerto. Oxford University Press. pp. 358. ISBN 0-19-513931-3. 

外部リンク[編集]