カーネギー・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーネギー・ホール
Carnegie Hall
Carnegie Hall, NYC.jpg
カーネギー・ホールとカーネギー・ホール・タワー
情報
旧名称 Music Hall(音楽堂)
開館 1891年5月5日
客席数 2804席(メインホール)
599席(ザンケル・ホール)
268席(ウェイル・リサイタルホール)
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区7番街881
位置
公式サイト http://www.carnegiehall.org/
テンプレートを表示

カーネギー・ホール (Carnegie Hall) は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにあるコンサートホールである。1891年に創設されて以来、マンハッタンの7番街57丁目 (Seventh Ave., 57th St.) の一角を占めるミッドタウンのランドマークであり、古くからクラシック音楽ポピュラー音楽などのコンサートが頻繁に開催される音楽の殿堂となっている。かつてはニューヨーク・フィルの本拠地であった。

カーネギー・ホールが主催する音楽プログラムやその他芸術事業も数多く、現在1シーズンあたりおよそ250公演のコンサートが催されている。その一方で、ニューヨーク・フィルがリンカーン・センター内のフィルハーモニック・ホール(当時)へと拠点を移した1961年以降、カーネギー・ホールはレジデンス・オーケストラをもっていない。

他にもカーネギーの名を冠するコンサートホールは、ウェストバージニア州ルイスバーグに所在するカーネギー・ホール(420席)、カーネギー博物館などの置かれるカーネギー・インスティテュートの中心地ペンシルベニア州ピッツバーグに所在するカーネギー音楽堂(1928席)、ピッツバーグ郊外のホームステッド・カーネギー図書館に併設されているカーネギー音楽ホール(1022席)、そしてアンドリュー・カーネギー生誕の地であるダンファームリンに所在するカーネギー・ホールなど、世界各地に存在する。

歴史[編集]

ウィリアム・タットヒルが設計を手がけ、鉄鋼王と呼ばれるアメリカの実業家・慈善家アンドリュー・カーネギー (Andrew Carnegie) により建てられた。1891年5月5日、指揮者のウォルター・ダムロッシュと作曲家のチャイコフスキーのコンサートによりこけらおとしされた。1925年にアンドリュー・カーネギーの未亡人により不動産開発業者に売却され、一時存在も危ぶまれたが、アイザック・スターン等の運動によりニューヨーク市が買い取り、現在は非営利のカーネギー・ホール・コーポレーション (Carnegie Hall Corporation) により運営されている。

初めてメインホールの舞台に立った日本人はアイ・ジョージ(1963年)、女性では朱里エイコ(1976年)である。

建物構造[編集]

カーネギー・ホール

カーネギー・ホールは、大きく3つの部分から構成されている。メイン・ホール、リサイタル・ホール、室内楽ホールである。 メイン・ホールは2804席をもち、その優れた音響効果が高く評価されている。しかし、外部の自動車騒音が聞こえてしまう欠点もある。

カーネギー・ホールでの世界初演[編集]

道案内にまつわる伝説[編集]

カーネギー・ホールの敷地は、7番街、57丁目に面している。古くからある冗談として次のようなものがある。

ピアニストのルービンシュタインがある時、この近所で

Pardon me sir, but how do I get to Carnegie Hall ?

すみません、カーネギーホールへはどうやって行くんですか?

と尋ねられた際に、こう答えたという。

Practice, practice, and practice.

練習して、練習して、さらに練習してください。

現在のカーネギーホールのアクセス案内ページには、この冗談を思い出させるような文章が書かれている。その内容は、

While it takes some people a lifetime of practice to get to Carnegie Hall (as the saying goes), others just have to follow these simple directions.

(昔からの冗談にあるように)カーネギーホールに行くには、ある人々は生涯をかけて練習し続けなければならないが、そうでない人は下記の簡単な指示に従うだけで良い。

外部リンク[編集]