ジョージ・ガーシュウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ガーシュウィン
George Gershwin
1937年に撮影
1937年に撮影
基本情報
出生名 ジェイコブ・ガーショヴィッツ
Jacob Gershowitz
出生 1898年9月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク市 ブルックリン区
死没 1937年7月11日(満38歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ポピュラー音楽
クラシック音楽
職業 作曲家
活動期間 1916年 - 1937年
ガーシュウィンのサイン

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin、1898年9月26日 - 1937年7月11日)は、アメリカ作曲家。本名、ジェイコブ・ガーショヴィッツ(Jacob Gershowitz)。ポピュラー音楽クラシック音楽の両面で活躍しアメリカ音楽を作り上げた作曲家として知られる。通称『完璧な音楽家』。

略歴[編集]

ユダヤロシアの移民の息子として、ニューヨークブルックリンに生まれた(もとの姓はゲルショヴィチ Gershovich < *Hirschowicz)。

初めてクラシック音楽に触れたのは小学生のときに聴いたドヴォルザークの「ユーモレスク」だという。父親は貧しい生活の中、ジョージ12才の時、兄のアイラ・ガーシュウィンに音楽を学ばせようとピアノを買ってやったが、文学者肌のアイラはピアノを弾かず、代わってジョージがピアノに親しむことになり、13才の時にピアノ、和声を習った。[1]

出世作となったのは、作詞家アーヴィング・シーザーとの共作になる1919年の歌曲「スワニー」で、人気歌手アル・ジョルソンに気に入られて彼が繰り返し歌ったことからヒットし、人気ソングライターとなる。

1920年代以降は、作詞家となった兄アイラ・ガーシュウィンと組んで、レビューミュージカル向けに多くのポピュラー・ソングを送り出した。ガーシュウィン兄弟によって作られ、後年までスタンダード・ナンバーとして歌われている歌曲は『私の彼氏(The Man I Love)』『バット・ノット・フォー・ミー』『アイ・ガット・リズム』などをはじめ、おびただしい数に上る。

クラシックにも取り組み、1924年には『ラプソディ・イン・ブルー』(Rhapsody in Blue)を発表。オーケストレーションファーディ・グローフェの協力を得て、ジャズとクラシックを融合させたこの作品は「シンフォニック・ジャズ」の代表的な成功例として世界的に評価された。

ラヴェルとガーシュウィン(右端)

その後独学でオーケストレーションを学び、いくつかの管弦楽作品を残した。そのひとつ『パリのアメリカ人』(An American in Paris、1928年)もよく知られている。因みに、オーケストレーションを学びたいがためにイーゴリ・ストラヴィンスキーの元に訪れたら、クラシック作曲家としては異例の高収入で知られていたことから、逆に「如何すれば其処まで収入を上げられるのかこちらが教えてほしい」と言われたというエピソードが流布している(ストラヴィンスキーは晩年のインタビューでこれを事実無根だと否定しているが、「でも、そういうことがあったら、楽しかっただろうなあ」とも語っている[2])。また、モーリス・ラヴェルにも教えを請うたが、ラヴェルからは「あなたは既に一流のガーシュウィンなのだから、二流のラヴェルになる必要はないでしょう」と言われたと言う。さらにラヴェルはナディア・ブーランジェへの紹介状を書いたが、彼女は「ガーシュウィンには生まれながらの音楽的才能があり、その邪魔をしたくない」と弟子とすることを断ったという[3]

兄・アイラと作家デュボース・ヘイワードとの協力によって書かれ、黒人コミュニティの風俗をリアルに描いたフォーク・オペラ『ポーギーとベス』(Porgy and Bess)は1935年にオール黒人キャストという意欲的な企画で初演されたが、初演時は反響は得られなかった。のちに評価が高まり、現在ではアメリカ音楽の古典となっている。劇中で歌われる『サマータイム』(Summertime)はポピュラーソングのスタンダードナンバーとして広く親しまれている。

ガーシュウィンの霊廟

1937年7月9日に脳腫瘍のため昏睡状態となり、10日に手術を行ったが、11日に急逝した[4]。38歳9ヶ月半の若さであった。1920年代初頭から腹痛発作と頑固な便秘にしばしば悩まされ、自ら「作曲家の胃袋(composer's stomach)」と呼んでいた。また、1936年の暮れごろからすでに彼はうつ状態になったり、いらいらしたりしていたが、超過密スケジュールをこなす有名人特有の「ハリウッド病」が出てきただけと思われていた。1937年2月には指揮のリハーサル中に指揮台の上で突然よろけたが、ちょっとバランスをはずしただけと言っていた。その晩、突然ゴムの焼けるような異様な臭いが感じられ、その直後、約10秒間ほど意識消失があった。この異臭に引き続き起こった意識障害発作は、きわめて典型的な鈎回(uncal gyrus)発作、すなわち側頭葉前端内側部に発作焦点を有するてんかん発作と思われるが、この時この発作の意味するところに気付かなかった。4月に床屋の椅子の上で、再び同じ発作があった。これ以降同様の発作が繰り返し起こるようになり、その頻度が増してくると同時に明け方になると起こる強い頭痛も加わってきた。またこの頭痛に、めまいと吐き気が伴うようになってきた。このため6月には受診している。毎日のように意識障害発作を生じており、発作直前にはいつも異臭を感じるようになっていた。これらが彼の最後の病に関係しているものかどうかについては、はっきりしたことはわからない。7月に入院した際にカール・ランド博士とハワード・ナフツィガー博士は脳室撮影を行った。頭蓋に開けた小孔から脳室内に空気を注入してX線撮影を行い、脳室を造影するこの検査法は、ダンディー博士(Walter Edward Dandy)によって始められた検査法であり、X線CTスキャンが実用化されるまでの数十年間にわたって脳腫瘍の検査に不可欠な検査であった。できあがったフィルムには右側側脳室が圧迫されており、右側頭葉の腫瘍と思われる。開頭手術の結果、右側頭葉は嚢胞を伴う大きな腫瘍がみつかり、5時間に及ぶ手術にできる限りの手を尽くした。大きな腫瘍は摘出されたが、術後もガーシュウィンの意識は戻らなかった。手術された脳腫標本によると、多形膠芽腫という説もある。

舞台作品の数は50曲にのぼり、その中でオペラは2曲、ミュージカルが50曲、映画音楽は4曲しか残されていない。管弦楽曲は7曲を作曲している。室内楽曲は2曲のみ。ピアノ曲は10曲。歌曲は500曲も残されている。

また、ジョージは多調十二音技法にも関心を持っており、「2つの調による即興曲」では多調を試みている。アルバン・ベルクアルノルト・シェーンベルクとは親交を持ち、アメリカへ渡ったシェーンベルクとはテニスを楽しんだり、肖像画を描いて送ったエピソードが知られている。

主要作品[編集]

舞台作品[編集]

オペラ[編集]

  • 135番街 135th Street(1923)
全1幕のアフロ・アメリカン風オペラ。1925年初演。グローフェによる再管弦楽版のタイトルは「ブルー・マンデー・ブルース(Blue Monday Blues)」
全3幕9場のオペラ。サマータイム

ミュージカル[編集]

  • 8時半 Half Past Eight(1918)
  • 1918年のヒッチー=クー Hitchy-Koo of 1918(1918)
  • 危険なメイド A Dangerous Maid(1921)
  • お願いだから For Goodness Sake(1922)
  • The Rainbow(1923)
  • プリムローズ(さくら草) Primrose(1924)
  • レディー・ビー・グッド Lady be Good(1924)
邦題は「淑女よ善良なれ」。同年12月1日初演
  • ティップ・トー Tip-toes(1925)
  • トレジャー・ガール Treasure Girl(1928)
  • ロザリー Rosalie(1928)
  • ショー・ガール Show Girl(1929)
  • ストライク・アップ・ザ・バンド Strike up the Band(1930)
  • ガール・クレイジー Girl Crazy(1930)
  • レットエム・イート・ケーク Let 'em eat cake(1933)
  • ショー・イズ・オン The Show is On(1936)

映画音楽[編集]

  • デリシャス Delicious(1931)
デイヴィッド・バトラー監督の映画のための
  • 踊らん哉(1937)
マーク・サンドリッチ監督の映画のための。原題は「Shall We Dance
  • 踊る騎士 A Damsel In Distress(1937)
ジョージ・スティーヴンス監督の映画のための
  • ゴールドウィン・フォリーズ The Goldwyn Follies(1937)
ジョージ・マシャール監督の映画のための

管弦楽曲・協奏曲[編集]

指揮者ウォルター・ダムロッシュからの委嘱による唯一のピアノ協奏曲
映画『デリシャス』の音楽として作曲
ミュージカル『アイ・ガット・リズム』の劇中曲より。主題と6つの変奏からなる
  • 交響組曲『キャットフィッシュ・ロウ』 Catfish Row(1936)
オペラ『ポーギーとべス』の音楽を演奏会用組曲に編曲した作品。全5曲。タイトルは「なまず横丁」を意味する。ロバート・ラッセル・ベネット編曲による「交響的絵画」も有名。

室内楽曲[編集]

弦楽四重奏のための作品。弦楽合奏でも演奏される。1968年に出版

ピアノ曲[編集]

  • タンゴ(1914)
  • リアルトのさざ波 - ラグ Rialto Ripples Rag(1917)
ウィル・ドナルドソン(Will Donaldson)との共作
サミュエル・ドゥシュキンヤッシャ・ハイフェッツによるヴァイオリンとピアノ用の編曲版以外に、多様な楽器のために編曲されている
  • ソング・ブック(1932)
既存のミュージカルの楽曲から18曲選出したもの。『スワニー』も含まれる
  • プロムナード(1937)
映画『踊らん哉』から「犬と歩けば」より編曲したもの
  • 2つの調のための即興曲(1929)
多調を試みた作品

歌曲[編集]

大半はミュージカルの楽曲から独立したものである

  • シンス・アイ・ファウンド・ユー Since I found you(1913)
  • ホエン・ユー・ウォント・エム、ユー・キャント・ゲット・エム When you want'em, you can't get 'em(1916)
  • ザ・リアル・アメリカン・フォーク・ソング The real American folk song(1918)
ミュージカル『レディース・ファースト』より
  • 香港 Hong Kong(1918)
ミュージカル『8時半』より
  • ドーナッツ Doughnuts(1919)
ミュージカル『モリス・ジェストの深夜の騒ぎ』より
『キャピトル・レヴュー』より
  • ヤンキー Yan-Kee(1920)
ミュージカル『モリス・ジェストの深夜の騒ぎ』より
  • バックホーム Back home(1920)
ミュージカル『Dere Mable』より
  • サムワン Someone(1922)
『巴里のアメリカ人』より
  • アイル・ビルド・ア・ステアウェイ・トゥ・パラダイス I'll Build A Stairway To Paradise(1928)
ミュージカル『For Goodness Sake』より
作詞は兄のアイラ。
  • ジャスト・アナザー・ルンバ Just another rhumba(1938)

ガーシュウィン作品を扱ったミュージカル映画[編集]

  • 『踊る騎士』(A Damsel in Distress1937年 アメリカ、RKO製作)
    フレッド・アステア主演のミュージカル映画。ハリウッドに招かれたジョージが楽曲を書き下ろした。アステアが歌ったメインタイトルの「霧深き日」は後にスタンダードナンバーとなった。
  • 『華麗なるミュージカル』(The Goldwyn Follies1938年 アメリカ、サミュエル・ゴールドウィン製作)
    ジョージの遺作となった作品。3色テクニカラーを採用し、オペラ歌手から腹話術師まで多彩な芸人を揃えたフォリーズで、この年最高のヒット作となった。「わが愛はここに」を書き上げた後にジョージが亡くなったため、未完の「スプリング・アゲイン」はヴァーノン・デュークが書き足している。日本未公開。
  • 『アメリカ交響楽』(Rhapsody in Blue1945年 アメリカ)
    ジョージの伝記映画として著名な作品で、1940年代にしばしば作られた音楽家伝記物の中でも最も成功した例。全編に渡ってガーシュウィン・ナンバーが流れる。ジョージ役はロバート・アルダ。日本では1946年に劇場公開され、第二次世界大戦後初めて劇場公開されたアメリカ映画でもある。この作品中には、ジョージと近しかった人々が多数実名で出演している(ジョージの親友だったピアニストのオスカー・レヴァントは、この映画がきっかけで映画界入りした)。この作品は現在パブリックドメインとして扱われているため、日本国内でも容易に入手可能である。
  • 巴里のアメリカ人』(An American In Paris1951年 アメリカ、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作)
    ジョージの作品を題材としたミュージカル映画。ジーン・ケリーが主演し、MGMミュージカルの中でも特に華やかな作品として知られる。アカデミー作品賞を受賞している。この作品は現在パブリックドメインとして扱われているため、日本国内でも容易に入手可能である。
  • 『ポーギーとベス』(Porgy and Bess1959年 アメリカ、MGM製作)
    フォーク・オペラの古典として有名なジョージ作品をサミュエル・ゴールドウィンがプロデュースして映画化したもので、この作品の知名度を高めた。主人公・ポーギーにはシドニー・ポワチエが扮したが、敵役の伊達男スポーティング・ライフを演じたサミー・デイヴィスJr.は当たり役として有名。舞台からの改変が多かったためのジョージの関係者の意向でほとんどのプリントが回収され、一般で視聴するのは非常に困難。

出版物[編集]

参考文献[編集]

  • ハンスペーター・クレルマン『ガーシュウィン』渋谷和邦訳、音楽之友社、1993年、ISBN 4-276-22154-4

出典[編集]

  1. ^ 『ガーシュウィン・ピアノ名曲集』P4、ドレミ音楽出版、2008年
  2. ^ 満津岡信育「ガーシュウィンのさまざまな邂逅―クラシック系作曲家との豊穣なる交流」、レコード芸術2007年3月号P.48
  3. ^ ハンスペーター・クレルマン 『ガーシュウィン』渋谷和邦訳、P84、音楽之友社、1993年
  4. ^ 同書、P172-173

関連項目[編集]

外部リンク[編集]